独断解説の嵐

Love Situation

Love Situation
作詞:はしもとみゆき 作曲・編曲:Shinnosuke

2007年の嵐の7作目のアルバム、「Time」の収録曲です。
02年のセカンドアルバムから、06年のアルバムまでの5枚のアルバムの累計セールスを、この1枚の初動売り上げだけで上回ることができたそう。
まさに、ブレイク。一気に人気が上がった時期のアルバムです。

TIMEコンサートでは、メンバーが二組に分かれてムービングステージの上で、ガシガシ踊ってくれたのが印象的です。 アラフェスでも再現されてた有名なパフォーマンスですね。
軽やかで、ユーモラスなんだけど、よーくみると非常に難しそうな振り付け。
踊りっぱなしの一曲なので、体力もきつそうなダンスです。
人気のあるダンスなので、いまでも動画をネット上でみかけることもあります。

Love Situation、「恋の局面」というタイトルのこの曲。
恋のはじめのデートに、イソイソ出かけてゆく男子の心情を歌った1曲です。
恋愛経験者ならだれしも共感するところのある、可愛らしい気持ちを綴っています。
古いところでは、ドリカムの「RING!RING!RING!」も同じようなシチュエーションの女心を歌っていますよね。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら


More つづきはこちら
[PR]



# by 503carryon | 2014-02-15 16:53 | Time | Comments(10)

Bittersweet

Bittersweet
作詞・作曲:100+  編曲:石塚知生
※フジテレビ系ドラマ「失恋ショコラティエ」主題歌

嵐の42作目、2014年2月のシングルです。
松本潤くん主演のフジテレビ系月9ドラマ「失恋ショコラティエ」の主題歌です。
中田ヤスタカ?って思ってしまうような、エレクトリカルなイントロでスタートします。キラキラとはじめるようなポップな雰囲気で、恋のウキウキ感を感じるようなサウンドです。

少女漫画が原作の、このドラマ。天才ショコラティエ小動 爽太くんの熱い片想いを中心とした、男女それぞれの悩める恋愛を描く物語。甘くせつなく悲しい想いを、丁寧に見せてゆくドラマです。

コックコートを着せたら芸能界一(?)の松潤の手際よい調理シーンと、毎回登場する甘いキスシーンが売りで、毎週月曜日に松潤担当が悶絶しています。(たぶん)
女優陣も輝くように美しく、なかなか素敵なドラマに仕上がっていますね。

この曲も、タイトルどおり「苦く甘い」片想いの恋心を描いています。
では、歌の世界をのぞいてみましょう。

歌詞は後日リンクします。

More つづきはこちら
[PR]



# by 503carryon | 2014-02-13 19:06 | シングル | Comments(7)

どこにでもある唄。

どこにでもある唄。
作詞・作曲:二宮和也 編曲:ha-j・二宮和也

2011年のアルバム「Beautiful World」に収録されている二宮くんのソロ曲。
シンガーソングライター、二宮和也大先生の作品でもあります。

ピアノとアコースティックギターで静かに始まるバラード。
後半に向かい、歌い上げてゆく曲調です。
彼の持ち前の、のびのある高音の歌声を堪能できる、聴かせる系の楽曲です。

趣味で曲作りをする人ですから、ソロのときはいつも楽しそうですね。
ソロでは、グループの楽曲とは、違ったテイストの曲を放り込んできます。
ピアノを弾いたり、バンドを従え、ギターをかき鳴らしたり。
ライブパフォーマンスでも、ただの「音楽好きの男子」という顔つきで出てくるのが、
興味深いです。
この曲も、ツアーコンサートでは、ギターを演奏しながら歌ってくれました。

心が疲れて、自分の気持ちすらわからなくなっている人を、
主人公が慰め、勇気づける歌です。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



# by 503carryon | 2014-02-10 20:24 | Beautiful World | Comments(14)

Dear Snow

Dear Snow
作詞:IORI・ISHU 作曲:Kohsuke Ohshima 編曲:宮野幸子・吉岡たく
※映画「大奥」主題歌

2010年秋にリリースされた、33作目のシングル。
二宮君の主演映画『大奥』の主題歌でもあります。凛とした印象の、バラードですね。

こういう歌は、TVやライブでやっても、踊らずに歌うので、物足りない感じ(失礼)ですが、、、
音楽だけ聴くと、非常に凝った作りのオーケストラで、ボーカルの掛け合いも複雑な曲です。

通常、ジャニーズのセオリーでは、「○○君の××の主題歌」というと、○○君がソロを多くとったり、一番目立つ一節を歌い上げたりします。
この曲も、そのセオリーどおり、一番切ない部分で、二宮君のささやくようなソロが光ります。息を吐いて余韻を残すような独特の歌い方は、彼の十八番。聴かせどころです。

関東は記録的な大雪。交通機関も遅れて困っている人も多いでしょうね。
今日の雪は「はかない」とは言いがたいですが、
この曲の雪は、物悲しく静かな雪です。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



# by 503carryon | 2014-02-08 14:00 | シングル | Comments(6)

きっと大丈夫

きっと大丈夫
作詞/SPIN  RAP詞/櫻井翔  作曲/shinnosuke  ※「C1000×嵐」CMソング

2006年のシングル。
コンサートやTV番組でも長く歌われてきた曲ですし、ヒットもしましたので、ファンでない人も耳にしたことがあるかもしれませんね。

華やかなホーンセッションに彩られた、元気で勢いのあるアレンジの音。
「はじけるような笑顔」とはこういうことを言うのだろうな。
そんな風にニコニコ、ぴょんぴょん踊りながら歌う嵐をみると、なんだか「きっと、大丈夫」って思えてきます。

他のグループにはない”わちゃわちゃ感”。
ふざけながらも、どこかに品を残す好青年感。嵐ならではのテイストが曲の雰囲気にもよくマッチしています。
どこかスマートになりきれず、ワイワイしながら人生を進むようなストーリーが、聴く人を元気にしてくれます。

調子の出ないとき、上手くいかない時にこそ聴きたい、カンフル剤のような楽曲です。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



# by 503carryon | 2014-02-02 20:15 | シングル | Comments(8)

受験生応援スペシャル

受験生応援スペシャル

がんばれ!

準備は整った。あとは本番!という貴方への歌


未来は自分で変えられるよ!と背中を押してくれる歌
サクラ咲ケ

がんばる君を嵐が応援してくれる歌
ファイトソング

あきらめるな!自分を信じて!という歌
Believe

くじけそうな時に嵐がハッパをかけてくれる歌
Yes? No?

受験なんて無理!もう適当でいいや!という甘ったれ気分を怒ってもらう歌
Endless Game

もうどうにもなんない!せめて勢いつけたい!という人への歌
ランナウェイ・トレイン

やるぞ!あとはがんばるだけ!!元気を出したい時の歌
Everybody前進

志望校はだめかも、、、でも落ち込んでる暇はないの。という人への歌
素晴らしき世界

いやー!緊張する!!受験会場にも嵐についてきてほしい人への歌
Waiting for you
迷宮ラブソング
[PR]



# by 503carryon | 2014-02-01 20:12 | その他 | Comments(12)

スパイラル

スパイラル
作詞/小川貴史  Rap詞/櫻井翔  作曲/三留一純  編曲/ha-j

嵐通算30枚目のシングル。2010年のヒットシングル「Monster」のカップリング曲です。

結構、複雑な打ち込みの楽曲で、凝っているんですが、メロディラインが昔の歌謡曲みたい。
そのミスマッチが面白くて、独特の世界観がある音です。
A面がメガヒットの「Monster」なので、どうも目立たないのですが、メリハリの聞いた華のある曲調です。

遊び人で、恋愛も器用にこなしてきた主人公が、突如、本気の恋に落ちたら、、、、
そんな彼の苦悩を描くストーリーです。

では、歌詞の世界をのぞいてみましょう。

歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



# by 503carryon | 2014-02-01 00:03 | シングル | Comments(8)

I Want Somebody

I Want Somebody
作詞:Axel G 作曲:Shusui、Stefan Aberg、Fredrik Hult、Ola Larsson

2006年のアルバム「ARASHIC」収録曲。

この年は、二宮君が映画で渡米していたり、個々にドラマや舞台に出ていたり。と個人活動が多かったからでしょうか? アルバムでも、ユニゾンコーラスというより、各メンバーがメインボーカルを取る楽曲がたくさん入っているアルバムとしてリリースされました。
本作は、松本君のメイン曲です。

前年の2005年にドラマ「花より男子」の道明寺役で、人気がブレイクし始め、多くのファンを獲得した、松本君。
当時は明確に、グループのフロントマンでしたから、楽曲のほうも二枚目路線。
切実な恋を欲する気持ち。熱い恋の始まりを歌います。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。

歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



# by 503carryon | 2014-01-30 00:04 | ARASHIC | Comments(6)

sugar and salt

sugar and salt

作詞:100+・Rap詞:櫻井翔  作曲:韻シスト

2013年のアルバム「LOVE」に収録されている、櫻井君のソロ曲です。
櫻井君の楽曲にいくつか参画している、ヒップホップバンドの韻シストによる編曲、作曲。
ゆったりとしたリズムがとても大人っぽい雰囲気のミディアムロック。

失ってしまった愛に未練たっぷりに想いを残す、ウジウジ、グルグルソングです。
悩みに悩み、でもどうしようもない。そんな主人公が登場します。

少し出遅れましたが、翔くんのお誕生日を祝い、ソロ曲の記事にしてみたけれど、
お祝いにふさわしい選曲ではないかもしれませんね。
でも、30代になった今だから、女々しさも絵になるのかもしれません。
大人だから歌える深味ある失恋ソングです。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



# by 503carryon | 2014-01-26 15:35 | LOVE | Comments(14)

どんな言葉で

どんな言葉で
作詞・作曲・編曲:荒木真樹彦

2003年にリリースされたアルバム「How's It Going?」収録曲。
名盤と誉れ高い作品で、どこかふっきれたような、カラっとはじけるような、元気のいい印象のアルバムです。「Lucky Man」「PIKA☆NCHI」など、いまだにコンサートの常連曲として歌われる曲も入っていますし、曲調の多彩さも秀逸。曲にあわせて、色々な歌い方の嵐が見られるアルバムです。

ポップな8ビートロックのこの曲では、どこか男くさい感じの嵐くんが楽しめます。
終盤には大野くんの激しいフェイクがあったりして、、、
各メンバーの表情豊かな声色も、少しユーモラスな雰囲気の曲です。

落ち込み、悲しむ女の子を、気晴らしに海へ連れ出す男の子。
ちょっと不器用なやさしさが、ほほえましい。
女の子を大切にしたいけれど、やり方がわからない。
そんな姿がほのぼのします。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。

歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



# by 503carryon | 2014-01-19 20:56 | HOW'S IT GOING? | Comments(2)

嵐の歌詞を勝手に読み込みます。なお現在はリクエストをお受けしていません。 感想コメントはどなたでも歓迎です。 ※記事の無断転載はお断りします。
by 503carryon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

できるだけ
at 2015-11-29 23:49
三日月
at 2015-11-15 09:30
Bolero!
at 2015-11-14 19:50
イン・ザ・ルーム
at 2015-11-13 00:40
at 2015-11-11 23:23

検索

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧