独断解説の嵐

Di-Li-Li

Di-Li-Li
作詞・作曲:北川暁 Rap詞:櫻井翔、 編曲:鈴木雅也
※ハウスウェルネスフーズ「C1000」CMソング

2007年のシングル「We can make it!」のカップリング曲。
ハウスウェルネスフーズ「C1000」のCMソングです。
ちょっとCMは意味がわからなくて、印象に残りにくいんだけど
(CMはこちら)
まだ若く、少し粋がっているような嵐くんがかわいいCMです。

大分こなれて自信たっぷりの翔くんのラップと、そこに切り込んでくるような大野君の艶っぽいリードボーカル。他のメンバーはコーラスにまわり全体の土台をつくる。この時期の作品は非常に役割分担がはっきりしてて、現在の嵐とはちがった味わいがあります。

この曲も然り。「心の声に~」からの大野君のボーカルは、「よ!待ってました!!師匠!」という感じ。彼の細かいボーカルテクニックが惜しげなく披露されています。

では歌の世界をのぞいてみましょう。

歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



# by 503carryon | 2014-04-29 22:54 | シングル | Comments(4)

Rain

Rain
作詞/IntoGroove 作曲/Peter Bjorklund・Joel Eriksson

2005年のアルバム「ONE」の収録曲です。
このアルバムから、メンバー個々のソロ曲が設定され始めたそうです。
この曲は、リーダー大野君の曲。

ふだんの、ほんわか、ふんわりしたキャラクターとは打って変わって、
キリリと張りつめた声で、悲しい恋を歌います。

曲の途中で、主人公の雄たけびのような、フェイクがあるのですが、静かな怒りを込めて泣くような一声は、ストーリーにぴったり。情感たっぷりに聴かせてくれます。

歌詞の主人公が乗り移ったかのような、豹変ぶり。
「ギャップ王子」と誉れ高い(?)彼ならではの、面白みがあります。

とても意味深なストーリー。
省略した表現の多い歌詞なので、すこし細かく解説します。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



# by 503carryon | 2014-04-25 01:26 | One | Comments(15)

wanna be...

wanna be...

2011年のシングル「迷宮ラブソング」通常盤のカップリング曲です。
複雑なギターアレンジがかっこいいディスコ調のロック。
スピーディで変化の多い不思議なリズムです。メロディはどこか90年代、80年代を彷彿させるような懐かしい雰囲気。

小悪魔女子に翻弄させる男子の、苦しい胸の内をつづった曲。
思わず「がんばって、、、、」と言いたくなるようなジタバタ感です。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



# by 503carryon | 2014-04-21 00:50 | シングル | Comments(6)

秘密

秘密
作詞・作曲:磯貝サイモン

重めの曲の紹介が続いていたので、今日は、春らしい軽やかな曲を紹介します。

2005年のアルバム「One」収録の二宮くんのソロ曲です。
突然の正統派ポップス。これでもか!というくらいの、アイドル感の楽曲。
コンサートでは、80年代アイドルばりの振り付けで登場し、ファンのど肝を抜きました。

アーティストを気取りたがるタレントも多い中、
ジャニーズタレントにしかできない王道の「THE アイドル」路線を
なんの照れもなく軽々とやってのける姿。なかなか潔いものがありました。
「確信犯」とは彼のためにある言葉かもしれません。

距離感のあった恋人同士が、また仲直りしてゆくようなストーリー。
小憎たらしい(?)笑顔で、二宮君歌う一曲です。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。

歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



# by 503carryon | 2014-04-06 19:50 | One | Comments(11)

Dive into the future

Dive into the future
作詞:UNITe、作曲:Mattias Hakansson・Carl Utbult・Anton Malmberg、
編曲:岩田雅之

2008年のアルバム「Dream "A" live」収録曲。
花男の人気を皮切りに、どんどん活躍の場を広げ、名実ともにトップアイドルに踊りでたこの年。このアルバムもその自信がみなぎるような、大人っぽく力強いアルバムになっています。

新年度を目前に、入社や転勤、入学やクラス替えを控え、
ブルーな気分や緊張の中にいる方はいませんか?

桜が咲く歌だったり、明るく元気なガンバレソングもいいけれど、
緊張中の人には、こんな骨太ソングをお届けしたいです。
楽曲のアレンジが凝っててかっこいいですよ。

では、歌の世界をのそいてみましょう。
歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



# by 503carryon | 2014-03-30 23:35 | Dream "A" live | Comments(5)

Carry on

Carry on
作詞:村野直球 作曲・編曲:岩田雅之

2007年のアルバム「Time」収録曲。

「Carry on (困難に立ち向かっても続けてゆく)」という意味の題名がついたこの曲。
上手くいかない事があって、落ち込んだり、立ち止まってしまったりしている人を、励まし、勇気づける楽曲です。

静かに、語りかけるように始まり、感動的なユニゾンのサビに向かうメロディ。
アコースティックギターの音に彩られた美しいバラードです。

ライブでもあまり歌いませんし、TVでも歌わない地味な位置づけの曲ですが、
好きな曲としてあげる人が、結構多い。
「この曲に救われた」そんな風に語る人の多い曲でもあります。

新年度を前に不安な人。そんなあなたに聴いてほしい名曲です。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



# by 503carryon | 2014-03-21 23:28 | Time | Comments(8)

旅立ちの朝

旅立ちの朝
作詞:SPIN 作曲:Shusui、Fredrik Hult、Jonas Engstrand 編曲:ha-j

2006年のアルバム「ARASHIC」収録曲。
アルバム後半に登場する、スローバラード。本当にバラードらしいバラードで、
静かに、それでいて力強く心に訴えかけるようなメロディ。
コンサートでも、後半あたりのクールダウンタイムに歌われます。

さっきまで、ワチャワチャ騒いでいたメンバーが、すっと仮面をかぶるように
遠い目をして静かに歌いだします。

春の引越しシーズン、旅立ちのシーズンのこの時期に、思い出したい一曲です。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。

歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



# by 503carryon | 2014-03-16 22:18 | ARASHIC | Comments(4)

LIFE

LIFE
作詞/みうらともかず RAP詞/櫻井 翔 作曲/オーノカズナリ 
※エイブルCMソング

2010年櫻井くんの出演するエイブルのCMで流れていましたが、
もともとは2007年のアルバム「Time」の収録曲です。

アコースティックギターの音色が綺麗な、ゆったりとしたミディアムバラード。
つぶやくように、のんびりと始まる歌が、
日常のヒトコマを切り取ったシーンとマッチしています。

嵐と等身大の男子が、日常ふと感じたこと。今の自分や、自分の未来のことを語ります。
一人暮らしの男性の独り言を垣間見ているような、優しく力強い雰囲気の歌です。

歌詞はこちら

More
[PR]



# by 503carryon | 2014-03-08 19:54 | Time | Comments(11)

NA!NA!NA!!

NA!NA!NA!!
作詞/SPIN  Rap詞/櫻井翔  作曲/飯田建彦

2006年、嵐16枚目のシングル「きっと大丈夫」通常盤の収録曲。

「サヨナラ」という歌詞があるので、コンサートのアンコールなんかでもよく登場しますね。明るく、勢いのある曲です。

メロディラインが、あっけらかんとしていますので、楽しい歌のように聞こえますが、
実は、「別れと出発の歌」。
夢への道のスタートに立ち、大切な人と別々の道を歩き出す。そんな姿を歌ったうたです。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。

歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



# by 503carryon | 2014-02-28 00:02 | シングル | Comments(4)

We can make it!

We can make it!
作詞:UNITe Rap詞:櫻井翔 
作曲:Fredrik Thomander & Anders Wikstrom 
編曲:鈴木雅也
※日本テレビ系水曜ドラマ「バンビ〜ノ!」主題歌

2007年のシングル。松本潤君主演のドラマ「バンビ〜ノ!」の主題歌でもあります。スウェーデンの歌手Agnes Carlssonさんの曲のリメイクだそうです。知らなかった。
TVでのパフォーマンス露出も多く、ファンでなくても耳にする機会の多い楽曲です。

ネイビーテイストの白い制服で、ニコニコ歌うPVは楽しげで、観る人をハッピーにさせます。
これでもか!という「さわやか光線」、この曲でやられちゃった人も多いのでは?

この曲の聴き所は、後半の大野くんのフェイク。
実に気持ちよさそうに、伸びやかに、歌い上げます。
彼の歌唱力の確かさが、堪能できる1曲です。

さわやかだけど、実は歌詞は「ど根性系」
We can make it !(成せばなる!)のタイトルどおりのガッツある歌詞です。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら


More つづきはこちら
[PR]



# by 503carryon | 2014-02-16 21:58 | シングル | Comments(4)

嵐の歌詞を勝手に読み込みます。なお現在はリクエストをお受けしていません。 感想コメントはどなたでも歓迎です。 ※記事の無断転載はお断りします。
by 503carryon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新の記事

できるだけ
at 2015-11-29 23:49
三日月
at 2015-11-15 09:30
Bolero!
at 2015-11-14 19:50
イン・ザ・ルーム
at 2015-11-13 00:40
at 2015-11-11 23:23

検索

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧