独断解説の嵐

<   2014年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧




手つなごぉ

手つなごぉ
作詞:樽木栄一郎 作曲・編曲:AKIRA

2005年のシングル「サクラ咲ケ」のカップリングです。
A面がヒットしましたので、B面のこの曲はあまり話題になりませんが、
なかなかお洒落なミディアムバラード。

今の5人のハーモニーがぴったりと重なり合うコーラスもいいけれど、
2005年当時の、大野君がはっきりとメインボーカルを務めるスタイルも、
また別の味わいがあっていいです。

単音が繰り返される出だしのフレーズは、なかなか情感も出しにくいはずですが、技巧を凝らしたリーダーの抑揚のある歌い方と、それに静かに寄り添うようなメンバーのコーラス。
綺麗にまとまっています。
近年の曲ばかり聴いてる所に、ふとこの頃の曲を聞き返すと、新鮮に聴こえます。

甘く優しいストーリーの素敵なラブソングです。

では歌の世界をのぞいてみましょう。

歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-08-09 00:23 | シングル | Comments(4)

夏の歌スペシャル

夏の歌スペシャル

学生さんは夏休みですね。
サラリーマンも来週はお盆休みの方が多いでしょうか?

さあ、夏のトップシーズン。
暑くて、暑くて嫌になるけど、、、

冷房の部屋にはいってホッとしたり、
かき氷やビールで「ひゃー!たまんない!」と唸ったり、
扇風機の前で、スイカをほおばったり。

ゆでたてのトウモロコシの甘さにびっくりしつつ、
遠くの花火を見つけて、うれしくなったり。
川の水の冷たさにびびりつつ、観光地の串焼き魚を買ってみたり。

日本の夏、素敵なこともたくさんあります。
楽しみましょう。

というわけで、この季節におすすめのBGMです。
嵐の夏の歌、再掲特集。

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-08-06 18:11 | その他 | Comments(2)

太陽の世界

太陽の世界
作詞・作曲/HYDRANT  RAP詞/櫻井 翔 

2007年のアルバム「TIME」の収録曲。
様々な路線の曲を1枚に集めたアルバム。統一感のない感じが、逆に面白く、飽きず、長く聴けるアルバムだと思います。

その6曲目に登場するこの曲。「太陽の世界」なんてタイトルなので、夏の歌のように感じている人もいますが、どっちかというと「キラキラした気持ちを取り戻そう」っていう歌。
大勢の観衆の声と、コール&レスポンスの歌詞でスタートする、コンサートのために作られたような楽曲です。

ただただ、ひたすら上昇し、盛り上がろう!本来の君にもどってさ!と煽る曲。
スピード感あふれる曲調と、ストレートなメッセージで、聴く人のテンションを一瞬で、最高潮にあげてしまう1曲です。

では、歌詞の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら


More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-08-02 21:48 | Time | Comments(4)

嵐の歌詞を勝手に読み込みます。なお現在はリクエストをお受けしていません。 感想コメントはどなたでも歓迎です。 ※記事の無断転載はお断りします。
by 503carryon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

できるだけ
at 2015-11-29 23:49
三日月
at 2015-11-15 09:30
Bolero!
at 2015-11-14 19:50
イン・ザ・ルーム
at 2015-11-13 00:40
at 2015-11-11 23:23

検索

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧