独断解説の嵐

<   2014年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧




Happiness

Happiness
作詞:Wonderland 作曲:岡田実音 編曲:北川吟
※TBS系ドラマ「山田太郎ものがたり」主題歌

2007年リリース。嵐20作目のシングルです。
二宮君主演、櫻井君共演の「山田太郎ものがたり」の主題歌でもあります。

この年は、1年に3枚のシングルがでており、2月の「Love so sweet」、5月の「We can make it!」そして、9月の本作と、まさに、嵐快進撃の年。
ドラマのタイアップ曲が増えたので、一般的に認知が広がり、ファンでない人も曲を覚えるようになった頃かもしれません。

この曲は、夏の日差しの下で、わちゃわちゃ仲良しぶりを発揮するPVも有名。「あんたらは、子猫か何かですか?」ってくらい、くっついて、じゃれて、ふざけ倒しています。

タイトルに似合わず、結構、曲の内容は硬派なんですけど、明るい曲調とPVのおかげで、楽しく、嬉しさいっぱいの楽曲になりました。

では、曲の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-05-31 20:10 | シングル | Comments(4)

Shake it !

Shake it !
作詞・作曲:The仙台セピア 編曲:吉岡たく

2011年のアルバム「Beautiful World」収録の、松本潤くんのソロ曲です。

16ビート、ロックテイストのポップチューン。
古風ともいえるメロディラインですが、ちょっとしたアレンジが今風で、とてもキャッチーな仕上がり。歌詞のとおり、一緒に踊りだしたくなるような、ナンバーになっています。

ダンスフロアで悲しげにしている女の子を元気付け、誘い出そうとする男子の曲。

ジャケットをはだけて半裸で踊る松潤のパフォーマンスでも有名な曲。
腰をシェイクさせながら、誘うような目で踊られれば、誘いに乗ってしまう女の子も多いことでしょう。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-05-30 20:54 | Beautiful World | Comments(4)

COOL&SOUL

COOL&SOUL
作詞:SPIN Rap:櫻井翔
作曲:吉岡たく 編曲:吉岡たく

2006年リリースのアルバム「ARASHIC」収録曲。
06年当時の嵐の勢いを、そして、その後の大いなる活躍"嵐の第二章"の幕開けを、高らかに予言するエポックメイキング的なRAP曲。そしてその後、このアルバムツアーは、初のアジアツアーを大成功させ、凱旋コンサートを経てドームツアーに繋げました。

この歌をハッタリで終わらせず、実力で実証してみせたのは、お見事。
コンサートでも翔くんの「心して聞いてください。」との宣言の上で提示された嵐にとって大切な曲です。

色々な「いわく付」の曲でもあり、意味深なフレーズも多い曲。

曲の中腹に登場する櫻井くんの台詞。「話は4つ前のアルバムに遡る」は、セカンドアルバム「HERE WE GO」のこと。このアルバムの中に登場する「Theme of ARASHI (作詞:巖田雅之)」の中で、
  >>太陽光に被る雲 毎十秒近づくスロー
  >>世紀ミレニアム股にかけ 長い夜明けて 朝になれ
という歌詞が登場しており、本曲がその詞を引用しているので、そういう台詞になっています。
「あのころから、嵐がじわじわ拡大するのは、始まってたんだよ。」
ってニュアンスでしょうか。

こんな風に色々なしかけ満載の、メッセージソング。
しっかり、読み込まなくてはいけませんね。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-05-29 20:30 | ARASHIC | Comments(10)

Take me faraway

Take me faraway
作詞・作曲・編曲:R.P.P

2008年リリース。嵐、8枚目のアルバム『Dream "A" live』の初回限定版に収録された曲。大野くんのソロ曲です。

ソロになると、普段のおっとり、のほほーんとしたキャラクターを封印?し、キリリとした二枚目で登場する大野くん。この曲も、例外ではなく、憂いを秘めた王子様のような出で立ちでコンサートに登場。
伸びやかな歌声と、キレのあるダンスで、観客を魅了していましたね。

非常に比喩が多く、イメージ語から雰囲気を察するしかないので、訳が難しい曲です。人によって色々な解釈ができると思いますので、今日の解説はあくまで「一例」と思ってください。
正解じゃない気もします。

美しくて、切ないバラード。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-05-28 20:10 | Dream "A" live | Comments(6)

Welcome to our party

Welcome to our party
作詞:Soluna・Shun・Rap詞:櫻井翔
作曲:Stephan Elfgren・Conor Edwards・Junior Jokinen

2011年のアルバム「Popcorn」のオープニングナンバー。
華やかで、明るい。その名のとおり弾けるような楽しいアルバムです。

「Welcome to our party」(僕らのパーティへようこそ)。
その作品の幕開けを飾るこの曲は、そのタイトルどおり、嵐主催のパーティへの招待状のような曲です。
アルバムを聴く人や、コンサートに集ったファン達を、
嵐の創り出すハッピーな世界へいざないます。

一言で表すなら
「皆集まれ~!!さあ、いいかい?いくぞー!!」ってかんじ。
楽しくてわくわくする曲です。

とても早口のラップがあったり、リズムの変化が大きかったり、くるくる人が変わるパートや長音で声を伸ばす箇所があったり。
ニコニコ顔でさらっと歌うけど、かなり高度なテクニックを歌い手に要求する曲です。カラオケなんかで歌ってみると、きっとなかなか上手に歌えない曲なんじゃないかと思います。
それを、踊りながら、笑顔をつくりながら歌うわけで、、、、
かわいくても、ベテランのプロなんだなあ。と思わせる歌でもあります。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。

歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-05-27 20:59 | Popcorn | Comments(8)

CARNIVAL NIGHT part2

CARNIVAL NIGHT part2
作詞:久保田洋司 作曲:上野浩司 編曲:長岡成貢

2006年の名アルバム「ARASHIC」の収録曲。
粒ぞろいで、シングル曲にしてもいい位の華やかな曲が多いアルバム。この曲も、コンサートの盛り上がり曲として有名で、「Lucky Man」と並ぶ定番のお祭りソングです。

メンバーのインタビュー記録によると、もともとの原曲歌詞から、制作中の変更で大きく内容が変わったために「part2」と題されているそう。だから、「part1」は世に出ていません。

当時のアルバムツアーでのこの曲の振り付けは、大野くんが行いました。
ピンクのスーツで踊っているやつがそれです。
細かめの振り付けで、少し変わった動きですが、メンバーが楽しそうに踊っています。

でも、歌詞の内容は、実はとても、せつなく悲しいのです。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-05-26 21:33 | ARASHIC | Comments(4)

Hip Pop Boogie

Hip Pop Boogie
Lyrics/櫻井翔  Composition/COUNT FORCE

2008年のアルバム「Dream "A" live」の初回限定盤収録曲。
櫻井翔くんのソロ曲です。

RAP中心の楽曲で、2008年の嵐の姿や、ジャニーズラッパーとしての心意気を詠います。 
06年の「COOL&SOUL」からの引用や、歌詞の捻りが多く、遊び心に溢れたリリックになっています。

強気で、高飛車でありながら、しっかりファンに感謝してたり。
批判を物ともせずに、高みに登ろうとする姿。
なんとも彼らしい方法で、アピールしている詞です。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。

歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-05-25 19:10 | Dream "A" live | Comments(11)

★「アラフェス’13」スペシャル

ARASHI アラフェス’13 NATIONAL STADIUM 2013

国立霞ヶ丘競技場で開催されるファン投票をもとに構成されたリクエストコンサート「アラフェス」。
2年目の2013年版を収録したDVDが、2014年5月に発売されました。
多数決を取るとやはりメジャー曲の人気票が多くなりますので、さながらベストアルバムのようなセットリストになりますね。

いつもより、若干リラックスムード。おふざけ企画も多いコンサートなので、おなじみの曲も色々な趣向で見せてくれたりします。
我が家にも届いていますが、実はまだ開封してません。

今日は、
本サイトの過去の掲載記事から、セットリスト曲をご紹介します。

===================

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-05-24 19:55 | ★「アラフェス’13」スペシャル | Comments(2)

Your Eyes

Your Eyes
作詞:hs、作曲:Chris Janey・Max Grant
編曲:Tomoki Ishizuka
※日本テレビ系テレビドラマ「三毛猫ホームズの推理」

2012年6月のシングルです。
同じ年の秋にリリースされたアルバム「Popcorn」にも収録されています。

相葉くんのドラマの主題歌ではありますが、私はこの曲はドラマのために用意されたものではないと考えています。(私が勝手に思っているだけで、根拠はありません)

どちらかというと、この曲は、被災者や震災後の不安な毎日にいる世間に向けたメッセージソングなのではないかと思います。

2011年の秋に発表された「Beautiful World」。
寄り添うように「無理せず君のままでいよう。大丈夫だから。一緒にいるから。」というメッセージの曲が多いアルバムです。
そして、この1年後に登場するアルバム「Popcorn」では、「自分の足で進もう。簡単じゃないけど、踏み出そう」というメッセージが増えていきます。色々な曲調で、キラキラと楽しく明るい装いの作品ですが、言っていることはなかなか骨太。やさしく、強くみんなを次に向かうように促すアルバムです。

この2つのアルバムを繋ぐ位置に登場した本作は、「無理するな」でもなく「自分の足で進もう」でもなく、
「君が歩き出す日を信じているよ」というメッセージ。
被災後のファンにはとても深く届くような歌詞になっています。

1年半もの時間をかけて、ゆっくり背中を押す。
天災の後、エンターテイメントの世界から出来ることの
1つの正解がここにあるように感じます。

5月病のあなたにも、効きそうな曲です。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。

歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-05-18 20:30 | シングル | Comments(4)

Fly

Fly
作詞:HYDRANT
作曲:Yasushi Watanabe

2014年のシングル「GUTS!」初回限定盤のカップリングです。
ベース音の強い打ち込み系のクラブサウンド。エレクトロハウスとでも言うのかな?
(この辺の厳密なジャンルの分類はよくわかりません)
疾走感がある強いビートなのだけど、何故か熱を感じさせない無機質な感じの音。
文句なしにかっこいい曲です。

このクールな楽曲。
実は、なかなかどうして、熱に浮かされたような、情熱的なラブソングです。
夜空を見つめながら、恋の核心に踏み込む決意をする男子を歌います。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。

歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-05-09 23:58 | シングル | Comments(10)

嵐の歌詞を勝手に読み込みます。検索欄に曲名をいれると過去の記事がでてきます。なお現在はリクエストをお受けしていません。感想コメントはどなたでも大歓迎です。お気軽にコメントしてください。※記事の無断転載はお断りします。
by 503carryon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

【受付終了】リクエスト祭り ..
at 2017-08-15 22:34
青春ブギ
at 2017-08-15 22:31
affection
at 2017-08-14 12:32
静かな夜に
at 2017-08-13 08:47
Rock this
at 2017-08-11 20:47
僕が僕のすべて
at 2017-08-11 18:48
Mr.Lonely
at 2017-08-10 17:00
時計じかけのアンブレラ
at 2017-08-09 21:56
モノクロ
at 2017-08-08 17:20
It's good to b..
at 2017-08-07 22:44

検索

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧