独断解説の嵐

<   2014年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧




I Want Somebody

I Want Somebody
作詞:Axel G 作曲:Shusui、Stefan Aberg、Fredrik Hult、Ola Larsson

2006年のアルバム「ARASHIC」収録曲。

この年は、二宮君が映画で渡米していたり、個々にドラマや舞台に出ていたり。と個人活動が多かったからでしょうか? アルバムでも、ユニゾンコーラスというより、各メンバーがメインボーカルを取る楽曲がたくさん入っているアルバムとしてリリースされました。
本作は、松本君のメイン曲です。

前年の2005年にドラマ「花より男子」の道明寺役で、人気がブレイクし始め、多くのファンを獲得した、松本君。
当時は明確に、グループのフロントマンでしたから、楽曲のほうも二枚目路線。
切実な恋を欲する気持ち。熱い恋の始まりを歌います。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。

歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-01-30 00:04 | ARASHIC | Comments(6)

sugar and salt

sugar and salt

作詞:100+・Rap詞:櫻井翔  作曲:韻シスト

2013年のアルバム「LOVE」に収録されている、櫻井君のソロ曲です。
櫻井君の楽曲にいくつか参画している、ヒップホップバンドの韻シストによる編曲、作曲。
ゆったりとしたリズムがとても大人っぽい雰囲気のミディアムロック。

失ってしまった愛に未練たっぷりに想いを残す、ウジウジ、グルグルソングです。
悩みに悩み、でもどうしようもない。そんな主人公が登場します。

少し出遅れましたが、翔くんのお誕生日を祝い、ソロ曲の記事にしてみたけれど、
お祝いにふさわしい選曲ではないかもしれませんね。
でも、30代になった今だから、女々しさも絵になるのかもしれません。
大人だから歌える深味ある失恋ソングです。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-01-26 15:35 | LOVE | Comments(14)

どんな言葉で

どんな言葉で
作詞・作曲・編曲:荒木真樹彦

2003年にリリースされたアルバム「How's It Going?」収録曲。
名盤と誉れ高い作品で、どこかふっきれたような、カラっとはじけるような、元気のいい印象のアルバムです。「Lucky Man」「PIKA☆NCHI」など、いまだにコンサートの常連曲として歌われる曲も入っていますし、曲調の多彩さも秀逸。曲にあわせて、色々な歌い方の嵐が見られるアルバムです。

ポップな8ビートロックのこの曲では、どこか男くさい感じの嵐くんが楽しめます。
終盤には大野くんの激しいフェイクがあったりして、、、
各メンバーの表情豊かな声色も、少しユーモラスな雰囲気の曲です。

落ち込み、悲しむ女の子を、気晴らしに海へ連れ出す男の子。
ちょっと不器用なやさしさが、ほほえましい。
女の子を大切にしたいけれど、やり方がわからない。
そんな姿がほのぼのします。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。

歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-01-19 20:56 | HOW'S IT GOING? | Comments(2)

Lucky Man

Lucky Man
作詞/尾崎雪絵  Rap詞/櫻井翔  作曲/飯田建彦 

2003年のアルバム「How's it going?」の収録曲。
80年代のディスコサウンド風のにぎやかな一曲です。アルバム曲なのに、PVになっている珍しい曲でもあります。

曲の途中で「男の子!」って言ってるように聞こえる箇所がありますが、実は全然ちがう一言なんです。
コンサートなんかで元気な姿をみると「オトコノコ!」って言いたくなる気もわかりますけれど。

実は非常にシニカルな曲。
当時の嵐がおかれている苦悩。理不尽な世間の噂に辟易しつつも、逞しく進もうとする「幸運男子」の皮肉が込められた歌詞なんですよ。PVの内容にもそんな意味は込められています。

では、歌詞の世界をのぞいてみましょう。

歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-01-18 22:51 | HOW'S IT GOING? | Comments(11)

サヨナラのあとで

サヨナラのあとで
作詞:R.P.P.
作曲:MiNE・Atsushi Shimada・Fredrik Samsson
編曲:吉岡たく

2013年、嵐12枚目のアルバム「LOVE」の収録曲。
色々な愛のカタチを描く。というのがこのアルバムのテーマ。

その中で「終わってしまった愛」を担当?しているのが、この曲です。
恋人とサヨナラしたあとの男性の心情を切々と歌います。

2人ずつで組み合わせを変えてユニゾンを歌い、追いかけあうようにコーラスを重ねるアレンジ。流れるような歌詞で、とめどなくあふれる主人公の傷心を表現しているかのようです。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-01-16 21:32 | LOVE | Comments(14)

ファイトソング

ファイトソング
作詞:嵐 作曲:二宮和也  ※日本テレビ系『Gの嵐!』公式応援歌

2007年のシングル「Love so sweet」の初回限定盤に収録されたカップリング曲。
2006年から、彼らの冠バラエティ番組『Gの嵐!』の主題歌としてTVでは流されていました。
作詞は嵐のクレジットになっていますが、実質的にはキーワードをメンバーから募り、二宮君がまとめたらしい。メロディは、彼がストックしていた「楽園」(ラジオのみで公開)という楽曲を、再アレンジしてつくったようです。

内容は至極シンプル。
色々乗り越えてきた彼らだからこそ、聴く人に響く言葉。
ストレートな応援歌。
がんばるすべての人に、共感できる内容です。

コンサートの定番曲になっているのはいいのですが、この曲は「ライブ中にふざける曲」になってしまっているので、ちゃんと歌詞が歌われることは少なくなってきました。
ちゃんんと聴きたい人は、CDのソースを聴いたほうがいいです。ww

では、歌の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-01-14 21:53 | シングル | Comments(12)

Crazy Moon~キミ ハ ムテキ~

Crazy Moon~キミ ハ ムテキ~
作詞:Soluna 作曲:HYPER SLIPPER
編曲:HYPER SLIPPER
※コーセー「エスプリーク・プレシャス」CMソング

2009年の両A面シングル「明日の記憶/Crazy Moon〜キミ・ハ・ムテキ〜」の中の1曲です。このシングルは2つの初回限定版が発売されていますが、初回限定版2の方にはこの曲のPV収録されています。
このPVのメイキングが、5×10のDVDクリップ集にも入っていますね。
幕張メッセでの収録。リラックスムードでふざけながらも、本番ではきっちり決めるプロの顔がのぞける興味深い映像です。

くるくる変わるフォーメーションが印象的なこの曲。かなり激しく踊ります。
歌詞では、魅力的な女の子に翻弄される男の子の心情が描かれています。

当時のKOSEのCMでは、「ヨレない、テカらない、くずれない。」の「無敵のファンデ」をアピールしていましたが、歌詞の中ではどんな無敵が出てくるのでしょう?
では、歌の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-01-13 21:54 | シングル | Comments(10)

full of love

full of love
作詞:Shun・R.P.P.
作曲:Dr.hardcastle・Iggy Strange-Dahl

2013年のシングル「Calling/Breathless」通常版の収録曲です。
嵐、通算40作目のシングルです。
「movin' on」とか「morning light」を作曲しているDr.hardcastleさんの作品。

ゆったりとしたメロディラインと、ギターの伴奏がやさしいミディアムバラード。
明け方の空をみながら、遠くにいる恋人を想う主人公が、静かに描かれます。
曲の後半に登場する、大野君ののびやかなロングボイスが、曲にアクセントを加えているのも聴きどころです。

特になにか新しいドラマがあるわけでなく、切々と想いを語るだけなのですが、とても暖かく、じわじわ優しい気持ちになる曲ですね。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。

歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-01-11 21:55 | シングル | Comments(10)

Believe

Believe
作詞・作曲/100+  Rap詞/櫻井翔 ※映画「ヤッターマン」主題歌

2009年春にリリースされたシングル「Believe/曇りのち、快晴」は、嵐の25作目の両A面シングル。櫻井くん主演の映画「ヤッターマン」の主題歌です。
映画の冒頭、華々しく登場するヤッターマンとともに流れる曲で、スピーディで小気味よいストリングスの前奏が印象的です。
三池監督の映画は、アニメの実写化でしたが、櫻井君演じるガンちゃんも、深田恭子ちゃん率いるドロンジョ軍団も非常に再現性がよく、好評の実写化作品でしたね。

自分の夢や理想を信じて、ずんずん進んでいく人の決意を歌った歌です。
TVなどで見せるダンスパフォーマンス。腕を大きく振って、何かを切り裂いてゆくような振り付けで始まります。困難を振り切って道をつくるようなストーリーです。

では、歌詞の世界をのぞいてみましょう。

歌詞はこちら


More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-01-08 23:05 | シングル | Comments(9)

SUNRISE日本

SUNRISE日本
作詞/F&T    作曲/馬飼野康二
※フジテレビ系「プロ野球ニュース2000」テーマソング

2000年リリース。
嵐のセカンドシングル。両A面の「SUNRISE日本/HORIZON」の収録曲。

まだ幼さの残る顔の5人が、ドライブインのレストランのような所で、眠っているシーンから始まるPV。夢から目覚めた5人は、なぜか、外のガソリンスタンドで踊りまくるという、カラオケビデオのような訳のわからなさ。突っ込みどころ満載のPVです。

当時の嵐の売りであった「アクロバットの上手さ」を見せつけるように、クルクル、ぴょんひょんよく踊ります。そこらのコンビニにいそうな男子グループのような服装や表情。そんな身近な、垢抜けない雰囲気のキャラクターで、すごく訓練されたパフォーマンスをきっちり見せる。そのアンバランスさが、面白く感じるグループでもありました。
曲は意外と骨太のメッセージだったんですね。

なにかお正月っぽい曲はないかなあ、、、と思ったら、この曲がありました。
新年に「日の出」の歌を紹介します。笑

では、歌の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-01-04 21:34 | シングル | Comments(10)

嵐の歌詞を勝手に読み込みます。検索欄に曲名をいれると過去の記事がでてきます。なお現在はリクエストをお受けしていません。感想コメントはどなたでも大歓迎です。お気軽にコメントしてください。※記事の無断転載はお断りします。
by 503carryon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

また今日と同じ明日が来る
at 2017-06-17 00:01
Rolling days
at 2017-06-10 22:19
I'll be there
at 2017-06-07 07:25
Amore
at 2017-06-04 09:00
TWO TO TANGO
at 2017-06-03 07:36

検索

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧