独断解説の嵐

<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧




愛を歌おう

愛を歌おう
作詞:SQUAREF・mfmsiQ・John World・Rap詞:櫻井翔
作曲:Benny Jansson

2013年秋のアルバム「LOVE」収録曲。
壮大なオープニングナンバーのこの曲。
アルバムのテーマである「愛」の偉大さを高らかに歌いあげます。

冒頭のこの一曲の「愛」は、特に対象を限定していません。
恋人への愛。家族への愛。人類への愛。地球や自然への愛。平和への愛。神への愛。
どんなことにも当てはまるような、深く広い世界観を歌います。

荘厳なオーケストラに彩られたスケールの大きい楽曲で、アルバムのスタートを祝うファンファーレのような一曲です。甘くせつないだけが愛ではなく、強い勇気や優しい気持ちが、悲しみを乗り越えさせてくれる。
そんな愛の力を信じさせてくれるような作品です。

では歌の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら

More
[PR]



by 503carryon | 2013-10-28 00:46 | LOVE | Comments(10)

P・A・R・A・D・O・X

P・A・R・A・D・O・X
作詞:AKIRA・H&Co.・SQUAREF・s-Tnk、 Rap詞:櫻井翔
作曲:James Bird・Olly Goodman・Michael Duke・Emma Rohan
編曲:A.K.Janeway・吉岡たく・James Bird・Olly
    Goodman・Michael Duke・Emma Rohan

2013年秋リリース。嵐12枚目のアルバム「LOVE」収録曲。
アルバムから先行リリースされた楽曲です。
「セクシーな嵐」のうたい文句で登場した、ダンサブルな一曲です。

こういう、口ずさみにくく覚えにい、色っぽい歌詞の曲。
アルバムに忍ばせるのではなく、アルバムキャンペーンのフロントに持って来られるというのは、それだけ安定人気に自信があるということ。
話題のNY仕込みのセクシーダンスよりも、その強気の姿勢のほうに、感銘をうけました。

紅白に出たり、教科書に載る曲があったり。優等生的なお仕事が増えてきて、マンネリ感もありましたから、、、
このあたりで「攻め」を見せてくれるのは、少し嬉しい気がします。

しかし、、この歌詞、、なんともなあ、、、
大人になったんだなあ。。。

では、歌の世界をのぞいでみましょう。
歌詞はこちら

More
[PR]



by 503carryon | 2013-10-26 14:09 | LOVE | Comments(43)

嵐の歌詞を勝手に読み込みます。検索欄に曲名をいれると過去の記事がでてきます。なお現在はリクエストをお受けしていません。感想コメントはどなたでも大歓迎です。お気軽にコメントしてください。※記事の無断転載はお断りします。
by 503carryon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

また今日と同じ明日が来る
at 2017-06-17 00:01
Rolling days
at 2017-06-10 22:19
I'll be there
at 2017-06-07 07:25
Amore
at 2017-06-04 09:00
TWO TO TANGO
at 2017-06-03 07:36

検索

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧