独断解説の嵐

カテゴリ:シングル( 63 )




Under the radar

Under the radar
作詞:市川喜康、作曲:Kevin Charge・Erik Lidbom
編曲:Kevin Charge

2017年6月発売のシングル「つなぐ」のカップリング曲。通常盤にのみ収録されています。
テクノ系の勢いのあるダンスナンバー。すごく凝ったかっこいいアレンジです。
短いソロパートを5人でスピーディに重ねてゆくので、歌い分けが好きな人には楽しい曲なんじゃないでしょうか?

「Under the radar」=秘密裏に。ばれないように。見つからないように。
という意味のタイトル。

どんな秘密が隠れてるんでしょう?







★More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2017-07-28 23:05 | シングル | Comments(0)

I SEEK

I SEEK
作詞:ASIL/ 作曲:AKJ&ASIL/ 編曲:石塚知生

2016年5月発売。嵐49枚目の両A面シングルです。
この曲は、大野君主演の水曜ドラマ「世界一難しい恋」の主題歌です。

一流ホテルの経営者・鮫島零治が、従業員として転職してきた利発な女の子に恋をして、人として成長するラブコメディ。
大野君扮する鮫島社長は、仕事は出来ても恋に不器用。波留演じる柴山美咲ちゃんのハートを射止めようと、あの手この手で奮闘する顛末がコミカルに描かれるドラマです。悪人が出てこないドラマで、子供っぽさ全開の大野君が見どころ。
お母さんのように世話を焼く秘書役の小池栄子ちゃんをはじめとする脇役陣との軽妙な掛け合いも楽しいドラマでした。

この曲は、そんな主人公のように、恋に不器用で、自分を変えようと思っている男性の胸の内を歌っています。
思い通りにならない恋を前に、ぐるぐると気持ちが逡巡する様子。
ちょっぴりせつない独り言ソングです。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。




★More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2017-07-22 10:18 | シングル | Comments(2)

つなぐ

つなぐ
作詞:paddy、作曲:Peter Nord,Kevin Borg
編曲:Peter Nord・佐々木博史

2017年6月28日発売、嵐の52作目のシングル。
大野君主演の東宝映画「忍びの国」の主題歌でもあります。
伊賀忍者と織田軍勢の戦いの中で、
人としての生き方・愛の貫き方を描く時代活劇。
「のぼうの城」「村上海賊の娘」で有名な和田竜氏の小説が原作です。

大野君扮する凄腕忍者の無門と敵味方との攻防。
そして、石原さとみちゃん扮する気丈な無門の恐妻との
純愛がテンポよく進む娯楽大作です。
曲のダンスも、そんな映画になぞらえて、忍者の身のこなしを
イメージした振付になっていました。

この歌も、主人公の胸の内を描いたストーリー。
真摯に一途に、愛おしい人を想うラブソングです。
映画を見終わって、もう一度歌詞を読み込むと
なかなか感慨深い歌詞です。

では歌の世界をのぞいてみましょう。

※以下:映画のネタバレありますので、閲覧注意



More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2017-07-20 12:31 | シングル | Comments(4)

I'll be there

I'll be there

作詞:Goro.T 作曲:Fredrik "Figge" Bostrom・佐原康太
編曲:佐原康太・metropolitan digital clique
※フジテレビ系ドラマ「貴族探偵」主題歌

2017年4月19日発売、嵐51作目のシングル。
相葉君が主演している月9ドラマ「貴族探偵」の主題歌です。
ビックバンドによるジャズが、クラシカルで華やかな雰囲気のナンバーです。

「貴族探偵」は短編の連載小説がドラマ化されたもので、相葉くん演じる謎の「貴族」が使用人を使って事件を解決してゆくミステリー。
個性豊かな登場人物との軽妙な掛け合いと、長い手足の相葉くんが、ヨーロッパ風のコスチュームを着こなす姿も見どころです。

今日現在はまだ最終回を迎えてませんが、単なる貴族紳士と思ってた相葉くんには、何か裏の顔がありそう… という含みを見せて物語は展開中です。

そんな、ミステリアスな大人の男性。
それがこの曲の主人公。 
謎の迷宮を迷うレディを、導く姿が描かれます。

では歌の世界をのぞいてみましょう。




More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2017-06-07 07:25 | シングル | Comments(0)

五里霧中

「五里霧中」
作詞/久保田洋司 Rap詞/櫻井翔 作曲/オオヤギヒロオ

シングル「PIKA★★NCHI DOUBLE」のB面としてリリースされた楽曲です。
この時代の嵐に多い、疾走感のある力強い曲ですね。

全体的に韻を踏んで、音のスピード感を楽しむ歌なので、
他の言葉にすると、良さがなくなってしまうのだけれど、、、、
どんなシーンを歌っているか?を考えるブログなので、気にせず読み込んでいきます。

歌詞の世界をのぞいて見ましょう。

歌詞はこちら

More
[PR]



by 503carryon | 2015-09-26 23:44 | シングル | Comments(26)

Sakura

Sakura
作詞・作曲:eltvo、編曲:佐々木博史
※TBS系ドラマ「ウロボロス〜この愛こそ、正義。」主題歌

2015年嵐45作目のシングル。
小栗旬君と同じ事務所の俳優、生田斗真君が主人公を務めるTVドラマ「ウロボロス〜この愛こそ、正義。」の主題歌です。
ウロボロスは古代ギリシャの象徴で、1匹ないしは、2匹の蛇が自分の尾を飲み込む図案です。「死と再生」とか「不老不死」「循環し永遠に続いてゆくもの」とかを表すシンボル。

PVでは枯れたようにみえる桜の巨木が、
不思議な力で再生し、花が咲き、散って、また枯れて、、、
を繰り返す輪廻のような世界観を表現していました。

少し悲しく神秘的な歌。
歌の世界をのぞいてみましょう。

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2015-03-15 19:54 | シングル | Comments(23)

Face Down

Face Down
作詞:eltvo、Rap詞:櫻井翔、
作曲:Albi Albertsson・Royce.H・Vincent Stein・Kontantin Scherer
編曲:metropolitan digital clique・Vincent Stein・Kontantin Scherer
※フジテレビ系ドラマ『鍵のかかった部屋』主題歌

2012年5月9日リリース予定のシングル。大野くん主演のドラマの主題歌です。
タイトルの「Face Down」は”対決”という英単語。
公式のリリース資料によると「〈君は誰なのか?〉をテーマに〈自分の中のもうひとりの自分〉と対峙する苦悩や葛藤を歌ったナンバー。」とのこと。

今流行りのエレクトリカルPOP。
当時、曲調が韓流系のアーティストと似ている。という声もありましたが、まあ、ジャニーズの曲が「○○に似ている」というのは、今に始まったことではありません。
最先端の流行を、わかりやすくメジャーシーンで魅せるのが、アイドルの仕事でしょうから、それはそれでいいのだろうと思います。

いいじゃん?かっこよければ。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。



More
[PR]



by 503carryon | 2015-02-15 19:55 | シングル | Comments(2)

together, forever

together, forever
作詞・作曲:100+、編曲:佐々木博史

2011年のシングル「迷宮ラブソング」通常盤のカップリング曲です。
シンセサイザーバリバリのイントロと、強めのドラムビート。まるで、90年代初頭のジャパニーズポップスのよう。(この頃はJPOPなんて言わなかったんですよ)
当時のドリカムや今井美樹さんあたりのアルバム曲ってこんな感じでした。大人のみなさんにはちょっと懐かしい感じです。

スピーディに重なり合うコーラスが印象的な曲です。
早口な上に、結構メロディラインの音階が飛びますので、歌うと難しい曲かもしれませんね。

ソロ部が目立つわけでもなく、すぐ終わってしまう長さ。コンサートでも歌いませんし、さらっと聴けて記憶に残らない。でも、たまに聴くとこんなのもあったなあ。って思うタイプの曲です。

では歌の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2015-01-25 20:57 | シングル | Comments(3)

手つなごぉ

手つなごぉ
作詞:樽木栄一郎 作曲・編曲:AKIRA

2005年のシングル「サクラ咲ケ」のカップリングです。
A面がヒットしましたので、B面のこの曲はあまり話題になりませんが、
なかなかお洒落なミディアムバラード。

今の5人のハーモニーがぴったりと重なり合うコーラスもいいけれど、
2005年当時の、大野君がはっきりとメインボーカルを務めるスタイルも、
また別の味わいがあっていいです。

単音が繰り返される出だしのフレーズは、なかなか情感も出しにくいはずですが、技巧を凝らしたリーダーの抑揚のある歌い方と、それに静かに寄り添うようなメンバーのコーラス。
綺麗にまとまっています。
近年の曲ばかり聴いてる所に、ふとこの頃の曲を聞き返すと、新鮮に聴こえます。

甘く優しいストーリーの素敵なラブソングです。

では歌の世界をのぞいてみましょう。

歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-08-09 00:23 | シングル | Comments(4)

ONE LOVE

ONE LOVE
作詞:youth case、作曲:加藤裕介 、編曲:石塚知生
※映画「花より男子F(ファイナル)」主題歌

そういえば、この曲を取り上げてなかったです。2008年のシングル。
松本潤くん主演のドラマ「花より男子」シリーズ。この映画版「花より男子F」の主題歌です。
結婚する新郎の、花嫁に対する想いを綴った曲で、ヒット当時は、結婚式の定番曲としても人気がありました。

TVのパフォーマンスでは、新郎衣装のようなスーツ姿の5人の王子様が、スタンドマイクで歌います。にっこり微笑み、ウインクしながらTVの前のファンを魅了しました。

嵐が「百年先までもの愛」を誓ってくれる歌。
歌の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-06-22 19:50 | シングル | Comments(2)

嵐の歌詞を勝手に読み込みます。検索欄に曲名をいれると過去の記事がでてきます。なお現在はリクエストをお受けしていません。感想コメントはどなたでも大歓迎です。お気軽にコメントしてください。※記事の無断転載はお断りします。
by 503carryon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

A・RA・SHI
at 2017-09-15 21:05
キャラメル・ソング
at 2017-09-07 07:13
風見鶏
at 2017-09-02 00:56
DRIVE
at 2017-08-30 23:12
Oh Yeah!
at 2017-08-24 18:00
Disco Star
at 2017-08-24 15:30
ONLY LOVE
at 2017-08-23 18:00
遠くまで
at 2017-08-20 16:52
青春ブギ
at 2017-08-15 22:31
affection
at 2017-08-14 12:32

検索

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧