独断解説の嵐

カテゴリ:その他( 7 )




台風スペシャル

台風スペシャル?

台風18号PHANFONEが、日本列島に猛威を振るい始めました。
10年ぶりくらいの大きな台風とのことですが、
明日の朝の関東の通勤時間はどうなることやら。
中途半端に電車が動くのがいちばんつらいんですよね。
どうせ来るなら、派手にやっていただいて、電車全部運休くらいになってほしい。。。
と不謹慎なことを思ってしまいます。

暴風雨といわれると、ちょっと親近感がわいてしまうアラシックなあなた達。
そんな皆さんに贈ります。
なんちて。

皆さん、外出時には気を付けて。

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-10-05 22:50 | その他 | Comments(4)

夏の歌スペシャル

夏の歌スペシャル

学生さんは夏休みですね。
サラリーマンも来週はお盆休みの方が多いでしょうか?

さあ、夏のトップシーズン。
暑くて、暑くて嫌になるけど、、、

冷房の部屋にはいってホッとしたり、
かき氷やビールで「ひゃー!たまんない!」と唸ったり、
扇風機の前で、スイカをほおばったり。

ゆでたてのトウモロコシの甘さにびっくりしつつ、
遠くの花火を見つけて、うれしくなったり。
川の水の冷たさにびびりつつ、観光地の串焼き魚を買ってみたり。

日本の夏、素敵なこともたくさんあります。
楽しみましょう。

というわけで、この季節におすすめのBGMです。
嵐の夏の歌、再掲特集。

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-08-06 18:11 | その他 | Comments(2)

二宮和也生誕31周年記念スペシャル

二宮和也生誕31周年記念スペシャル

6月17日。
二宮和也くんのお誕生日なので
「ありあわせの寄せ集め弁当」ですが、ニノスペシャルと参りましょう。

世界一最前列で嵐をみて、長い時間応援し続けている「究極の嵐オタ」。
それが彼です。

そして、シングアソングライターでもある二宮君は、
嵐のアルバムの中でも多くの名曲を生んでいます。
彼の作品や、彼のソロなどを中心にご紹介します。

More
[PR]



by 503carryon | 2014-06-17 00:46 | その他 | Comments(6)

痕跡

痕跡
作詞・作曲/二宮和也

「痕跡」(かこ)は、二宮くん本人が作詞・作曲をしたソロ曲です。
2004年に行われたツアー「 嵐!いざッ、Now Tour!!」のDVDにのみ収録されています。

CDリリースされておらず、ラジオやライブで発表されただけなので、知名度は高くありません。亡くなった愛する人を想い続ける男性を描いた、静かで悲しい歌です。
物憂げな様子で歌う彼の姿に、心打たれた人も多いようです。

ピアノと、アコースティックギターを中心としたシンプルな伴奏。日本の民謡音階のようなメロディラインで、物悲しいバラードに仕上がっています。桑田さんの「月」とかと同じ手法ですね。
嵐の曲ではなかなかないので、新鮮です。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。

歌詞はこちら

More
[PR]



by 503carryon | 2014-06-17 00:31 | その他 | Comments(30)

受験生応援スペシャル

受験生応援スペシャル

がんばれ!

準備は整った。あとは本番!という貴方への歌


未来は自分で変えられるよ!と背中を押してくれる歌
サクラ咲ケ

がんばる君を嵐が応援してくれる歌
ファイトソング

あきらめるな!自分を信じて!という歌
Believe

くじけそうな時に嵐がハッパをかけてくれる歌
Yes? No?

受験なんて無理!もう適当でいいや!という甘ったれ気分を怒ってもらう歌
Endless Game

もうどうにもなんない!せめて勢いつけたい!という人への歌
ランナウェイ・トレイン

やるぞ!あとはがんばるだけ!!元気を出したい時の歌
Everybody前進

志望校はだめかも、、、でも落ち込んでる暇はないの。という人への歌
素晴らしき世界

いやー!緊張する!!受験会場にも嵐についてきてほしい人への歌
Waiting for you
迷宮ラブソング
[PR]



by 503carryon | 2014-02-01 20:12 | その他 | Comments(12)

Anti Anti

Anti Anti

この曲はアルバム未収録。櫻井くんのソロ曲です。
04年の『いざッ、Now』の夏のコンサートで発表され、
08年のARASHI AROUND ASIA+inDOMEのDVDにも入っています。
発表当初は「Unti Unti」というタイトルでしたが、スペルミスがあとで発覚。08年に、表記が変わっています。

「アンチ」。いわゆる「反対者」のこと。
批判的な意見をもっている人ということです。
ジャニーズに対し、嵐に対し、そして櫻井君のラップに対し、批判的な人。
そんなアンチ達に挑戦的なメッセージをたたきつける曲です。
アンチに対して、アンチな態度をとっているわけ。

おそらく、今の彼なら書かないであろう、ストレートな反論。
近年の曲では、相手を「Anti(批判者)」とせず「外野(自分のテリトリー外の関係ない人)」とだけ表現することからも、彼の中でこの種の怒りが自己完結されているのがわかります。
もうコンサートでも聞かせてもらえない「幻の曲」かもしれません。

今では櫻井君が嵐の曲の中でラップを詠うことに、文句を言う人はいませんね。
いわゆる正統派のHIPHOPのRAPではないけれど、ちゃんと彼独自のRAPとして世間に認められています。

実際、結果も残している現在。
そこには、この頃のような「悔しさ」や「怒り」は、
もう、みじんもないはずですね。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。

歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2013-12-02 21:40 | その他 | Comments(12)

Re(mark)able

Re(mark)able
作詞:R.P.P All Rap presented:櫻井翔 作曲・編曲:吉岡たく

2008年に、集英社・MEN'S NON-NO特別編集として発売された「ARASHI IS ALIVE」という写真集に付録としてついていたCDに収録されています。

冊子のほうは、「ARASHI Marks 2008 Dream-A-live」と題した5大ドームツアーに完全密着し、そのバックステージや、オンステージのメンバーの姿を記録したドキュメンタリー写真集です。

2007年のツアーで発表された「COOL&SOUL」。この曲で予告された”嵐の幕開け第二章”は、宣言どおりの結果を生む事になりました。
2008年には、大きなセールス記録を出し、ドラマに、バラエティに、CMにひっぱりだこ。「人気を不動のものとする。」とはこのことか、というトップアイドルになりました。

そんな、最中のライブとともに発表されたこの曲は、「COOL&SOUL」の続編のメッセージソング。定期的にリリースされるこれらのメッセージソングは、にこやかで、仲良しのパブリックイメージとは打って変わり、したたかで、ガツガツしてて、高飛車なメッセージをファンにたたきつけます。
次のステージへ挑むような時に披露されるこれらの曲は、まさにエポックソング。新章の幕開けを力強く宣言してくれます。

タイトルの"Re(mark)able"は、"Remarkable”(注目すべき、衝撃的な)の中に、"mark"(跡を残す)という単語を記してあります。
強く上から目線で、さらなる飛躍を宣言し、衝撃的な爪跡をファンの心に残す名曲です。

2013年、アラフェスではこの曲の2013年バージョンが発表されたとのこと。
どういうアレンジだったのか知りませんが、新バージョンで歌ってくれたことは、きっと彼らが新たな世界に挑戦しようとする姿勢を表明してくれたのかもしれません。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら

More
[PR]



by 503carryon | 2013-09-22 19:01 | その他 | Comments(18)

嵐の歌詞を勝手に読み込みます。検索欄に曲名をいれると過去の記事がでてきます。なお現在はリクエストをお受けしていません。感想コメントはどなたでも大歓迎です。お気軽にコメントしてください。※記事の無断転載はお断りします。
by 503carryon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

また今日と同じ明日が来る
at 2017-06-17 00:01
Rolling days
at 2017-06-10 22:19
I'll be there
at 2017-06-07 07:25
Amore
at 2017-06-04 09:00
TWO TO TANGO
at 2017-06-03 07:36

検索

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧