独断解説の嵐

カテゴリ:THE DIGITALIAN( 7 )




Disco Star

Disco Star
作詞:youth case
作曲:YASUSHI WATANABE

2014年秋のアルバム「THE DIGITALIAN」に収録。相葉くんのソロ曲です。
「スーパーアイドル相葉ちゃん」の名のとおり、いつもニコニコしてて、愛すべき馬鹿さ加減。美しくてかっこいいのに、なんか庶民的なのが彼の魅力でもあります。
そして、どんなにすっとんきょうでも、なんか品よくまとまるのは彼自身の真面目で誠実で暖かな人柄によるもののように思います。
けして他人を馬鹿にしたり、茶化したりせず、やさしくゆったりとフォローする。
相手をいつも受け入れていく人としての大きさのようなものを身に着けて、年々素敵な大人になっている気がします。

そんな彼がアイドルオーラ全開で歌い上げるこの曲。
「下町のアイドル」をイメージしたというコンセプトにぴったりな、レトロフューチャーなディスコサウンド。聴いて目を閉じればミラーボールや、安っぽいスパンコールが思い浮かぶような、「キンキラキン」という感じの曲です。

たぶん、松潤がこの曲を歌えば、ゴージャスになりすぎたでしょう。
大野君が歌ったらもっとファンキーになったかもしれません。

相葉君だからこそ成立する「軽快で楽しくて明るい」雰囲気。
彼の持ち味と、曲が見事にマッチしていると思います。

アルバムツアーでは、袖にフリンジつけた70年代アイドルのような風体で、謎の輿から登場する「DISCO STAR様」になって、はっちゃけて踊ってました。
ライブのバックステージ映像とまとめたDVD「スッピンデジタリアン」では、このDISCO STAR様の視線やお手振りを頂くべく、二宮・大野コンビがステージ脇の待機ボックスで楽しそうに何度も奮闘する姿が納められています。
結構忙しくて、ハードな振り付けなのに、メンバーのいたずらにリアクションしているあたり、優しい相葉くんらしいですね。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。

歌詞はこちら


More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2017-08-24 15:30 | THE DIGITALIAN | Comments(6)

Tell me why

Tell me why
作曲:Andreas Johansson・STEVEN LEE
作詞︰SQUAREF・mfmsiQ・John World
Rap詞:櫻井翔

2014年のアルバム「THE DIGITARIAN」収録曲。
正統派のコーラスバラード。一昔前の欧米のアイドルコーラスグループ(例えば、バックストリートボーイズとか)の曲みたいなので、どこかで聴いたことあるような懐かしさがあります。
新規性はないけど、とても美しいアレンジの曲ですね。
少し悲し気に歌い、絞り上げるようなサビのとても悲しい曲。
キラキラめのこのアルバムの中で、いい「箸休め」になっているのではないでしょうか?

大野君の長めのソロパートから始まるのも、昔の嵐の曲みたいですね。
なかなかハンサムな出だしです。
いつも、このくらい滑舌よく話せばいいのにw

では、歌の世界をのぞいてみましょう。

歌詞はこちら

More つづき
[PR]



by 503carryon | 2015-01-20 23:22 | THE DIGITALIAN | Comments(13)

Imaging Crazy

Imaging Crazy
作詞:curly・furaha、作曲:Dyce Taylor・Jin Choi、編曲:Jin Choi

2014年のアルバム「THE DIGITLIAN」収録の、大野くんのソロ曲です。
すべてのコーラスを大野君が受け持っています。
彼の歌唱力、キーのふり幅を存分に堪能できる曲ですね。
リズムも非常に複雑で、メロディも複雑。
実力に自信があるからこそできる「魅せつける」という感じの楽曲です。

もっとも、本人はこれ見よがしが好きな人ではないでしょうから、アルバムの企画を担い、楽曲を探してくる後方スタッフの作戦だとはおもいますが、ファンのツボを押さえた心憎いプレゼントのような曲です。

大野君のソロ曲では恒例の、二枚目路線。
熱に浮かされたような、苦しい恋心をホットに歌い上げます。

では歌の世界をのぞいてみましょう。

歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-11-26 23:22 | THE DIGITALIAN | Comments(2)

Wonderful

Wonderful
作詞:ASIL・Masa Fujise・John World・SQUAREF
作曲:James Winchester・Peter Boyes・Christopher Wortley
編曲:Slice of Life

2014年のアルバム「THE DIGITALIAN」収録曲。
コーラスを緻密に重ねてた凝ったアレンジの曲。ここ数年のコーラスワークのお勉強の集大成という感じですね。それぞれの声の特徴を活かしながら様々な組み合わせで、ボーカルを担当していきます。
アシッド系のハウス、洗練されたクールなアレンジなのも素敵。

アレンジはクールなんだけど、歌詞はこれでもか!というくらいホット。
クラブで見かけた女の子を、口説きに口説くストーリーです。

歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-11-02 18:40 | THE DIGITALIAN | Comments(4)

Asterisk

Asterisk
作詞・作曲・編曲:100+、Rap詞:櫻井翔

2014年のアルバム「THE DIGITALIAN」収録曲。
正統派のテクノポップ。どこかの今風のバンドがやってそうなボイスエフェクトばりばりのスピーディな楽曲ですね。嵐っぽくない気もしますが、ま、今しか出せない曲調ですし、だれかのカヴァー曲みたいで新鮮だと思いました。
デジタルエフェクト処理された声なので、いつもより5人の声が聞き取りにくいですが、それぞれいつもと違う質感の声になっているのが聴きどころ。
相葉くんの声のガチャガチャさが薄らいで、いい感じの無機質になっていますし、大野君の抑揚が抑えられた声も今まで聴いたことなかった感じ。松潤の声の甘さも抑えめだし、、、と、新しい雰囲気を楽しむことができます。それぞれの声の「役割」がいつもと違うので、コーラスの重ね方も少し変わってて面白いですね。

「Intergalactic」のような世界観。
近未来の恋人達を彷彿させる、不思議なロマンチック世界です。
アルバムの中では、いちばんデジタル色が強い気がします。


歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-10-31 00:53 | THE DIGITALIAN | Comments(6)

Zero-G

Zero-G
作詞:梶ヶ谷翔太・eltvo、作曲:Takuya Harada、編曲:石塚知生

2014年のアルバム「THE DIGITALIAN」のアルバムリード曲。
大野君による振り付けの腰振りダンスで悩殺された人も多い曲です。

無機質になりすぎず、ユーモアと人間味を残した楽しい曲。
メンバーのボイスエフェクトも、デジタルチックなのに、なにか面白くて可愛い感じ。
ダンスの振り付けも、アンドロイドのようなデジタルな動きと、有機的で生物学的な動きとをミックスした面白い動きですね。歌詞のストーリーとはあんまりリンクしてないのだけど、「ヒューマンとデジタルの融合」というアルバムコンセプトを上手に表現していると思います。

アルバム全体のコンセプトを、聴く人に明示するオープニングナンバーです。

歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-10-25 23:49 | THE DIGITALIAN | Comments(6)

TRAP

TRAP
作詞:AKIRA、作曲:AKIRA・UTA、編曲:吉岡たく

2014年10月のアルバム「THE DIGITALIAN」収録曲。
「打ち込み系&ボーカルエフェクトのエレクトロソングなんて、流行もひと段落したのに、なんで今??」そんな風に思って聴き始めたアルバムでしたが、ラストまで聴いていくと結構深いメッセージ性があったりして、なるほどねえ、、、と思いました。面白いアルバムだなあって思います。

小宇宙のような電子音バリバリの曲からはじまり、日常生活の中のデジタル音で締めくくるアルバム。
人工知能に浸食されているように見えて、実は綺麗に生活と融合して、それが人間に馴染んでいる。そんな私たちの毎日と、そのそばにある不思議な異次元。 そんな印象の作品です。

楽曲的にも、非常に果敢に、実験的な仕掛けがたくさん。
15周年目の人気に甘んじていないグループの姿勢すばらしいな。相変わらず真面目な人たちだな。って感じました。

そんな作品の中半に登場する「黒い嵐」。
虎視眈々と相手を陥れようとする、ずる賢くて、攻撃的な嵐です。

「大人の嵐」というとお色気ソング(P・A・R・A・D・O・Xみたいな)ばかりがクローズアップされますが、この曲のような世界観も、今の年代の嵐ならではな気がします。

色々な価値観が変わってゆく、変化の激しい現代。
このくらいの悪知恵とタフさがないと、競争社会ではやっていけないかもしれません。
甘くない嵐。なかなかかっこいいですよ。

では歌の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-10-24 00:14 | THE DIGITALIAN | Comments(12)

嵐の歌詞を勝手に読み込みます。検索欄に曲名をいれると過去の記事がでてきます。なお現在はリクエストをお受けしていません。感想コメントはどなたでも大歓迎です。お気軽にコメントしてください。※記事の無断転載はお断りします。
by 503carryon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

A・RA・SHI
at 2017-09-15 21:05
キャラメル・ソング
at 2017-09-07 07:13
風見鶏
at 2017-09-02 00:56
DRIVE
at 2017-08-30 23:12
Oh Yeah!
at 2017-08-24 18:00
Disco Star
at 2017-08-24 15:30
ONLY LOVE
at 2017-08-23 18:00
遠くまで
at 2017-08-20 16:52
青春ブギ
at 2017-08-15 22:31
affection
at 2017-08-14 12:32

検索

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧