独断解説の嵐

カテゴリ:Dream "A" live( 7 )




Take me faraway

Take me faraway
作詞・作曲・編曲:R.P.P

2008年リリース。嵐、8枚目のアルバム『Dream "A" live』の初回限定版に収録された曲。大野くんのソロ曲です。

ソロになると、普段のおっとり、のほほーんとしたキャラクターを封印?し、キリリとした二枚目で登場する大野くん。この曲も、例外ではなく、憂いを秘めた王子様のような出で立ちでコンサートに登場。
伸びやかな歌声と、キレのあるダンスで、観客を魅了していましたね。

非常に比喩が多く、イメージ語から雰囲気を察するしかないので、訳が難しい曲です。人によって色々な解釈ができると思いますので、今日の解説はあくまで「一例」と思ってください。
正解じゃない気もします。

美しくて、切ないバラード。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-05-28 20:10 | Dream "A" live | Comments(6)

Hip Pop Boogie

Hip Pop Boogie
Lyrics/櫻井翔  Composition/COUNT FORCE

2008年のアルバム「Dream "A" live」の初回限定盤収録曲。
櫻井翔くんのソロ曲です。

RAP中心の楽曲で、2008年の嵐の姿や、ジャニーズラッパーとしての心意気を詠います。 
06年の「COOL&SOUL」からの引用や、歌詞の捻りが多く、遊び心に溢れたリリックになっています。

強気で、高飛車でありながら、しっかりファンに感謝してたり。
批判を物ともせずに、高みに登ろうとする姿。
なんとも彼らしい方法で、アピールしている詞です。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。

歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-05-25 19:10 | Dream "A" live | Comments(11)

Dive into the future

Dive into the future
作詞:UNITe、作曲:Mattias Hakansson・Carl Utbult・Anton Malmberg、
編曲:岩田雅之

2008年のアルバム「Dream "A" live」収録曲。
花男の人気を皮切りに、どんどん活躍の場を広げ、名実ともにトップアイドルに踊りでたこの年。このアルバムもその自信がみなぎるような、大人っぽく力強いアルバムになっています。

新年度を目前に、入社や転勤、入学やクラス替えを控え、
ブルーな気分や緊張の中にいる方はいませんか?

桜が咲く歌だったり、明るく元気なガンバレソングもいいけれど、
緊張中の人には、こんな骨太ソングをお届けしたいです。
楽曲のアレンジが凝っててかっこいいですよ。

では、歌の世界をのそいてみましょう。
歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2014-03-30 23:35 | Dream "A" live | Comments(5)

シリウス

シリウス
作詞:UNITe、作曲:小林建樹、編曲:石塚知生

2008年のアルバム「Dream”A”live」収録曲。
人気がブレイクしたといわれる時期ですから、この頃にファンになった方も多いかもしれませんね。個性豊かで、華やかな楽曲の多いアルバムで、今でもコンサートで歌われる曲が数多く入っています。

そんなアルバムの中腹に登場する、大人っぽいバラード。
ぽつりとつぶやくような出だしで始まる歌声が印象的です。

タイトルのシリウスは、おおいぬ座の星です。3つ星で有名なオリオン座の東南に、ひときわ大きく強く輝く星があります。それがシリウスです。
夜空の星の中でもっとも明るい星で、「輝くもの」「焼き焦がすもの」という意味の単語が語源になっています。古来から、多くの旅人の道しるべになってきた重要な星です。

今のシーズン、日本からはよく見えるので、夜空を見上げてみてください。
オリオン座の左斜め下。すぐ見つかります。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら


More
[PR]



by 503carryon | 2013-12-23 21:30 | Dream "A" live | Comments(10)

Once Again

Once Again
作詞:Wonderland、Rap詞:櫻井翔
作曲:Alfred Tuohey・Thanh Bui、編曲:CHOKKAKU

2008年のアルバム「Dream "A" live」。
この通常盤にのみ収録されているボーナストラックです。
2006年頃からメジャーシーンでの人気も上がり始め、2008年はトップアイドルと呼ばれる程に大ブレイクした嵐。
そんな絶好調超のタイミングで届いたこのアルバムは、非常にバラエティに富んだ意欲的な曲が沢山はいっています。元気な応援ソングあり、せつない失恋あり、熱いダンスシーンあり。とっても雑多でまとまりのないアルバムですが、かえってそれが一人の人間の人生を描いているかのよう。
充実した人生を感じるアルバムです。

マイナー曲調で、どこか異国情緒あふれるアレンジ。
知らない国に迷い込んで、さまよっているような雰囲気が印象的です。
タイトルの「Once Again」は、「また、もう一度」っていう意味です。
何を再び始めるんだろう?

では、歌の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら

More
[PR]



by 503carryon | 2013-12-21 23:45 | Dream "A" live | Comments(10)

My Answer

My Answer
作詞・作曲・編曲:笹本安詞  Rap詞:櫻井翔

2008年のアルバム「Dream "A" live」収録曲。
この年のジャニーズアーティストのアルバムの中で、最も売れたそう。そんなセールス成績もあってか、この頃の作品は、自信に満ちた、華やかなものが多いですね。

この曲もとても華やかで、ハッピーな雰囲気の曲。
よくよく見ると、夏の歌なんですね。

気の早い猛暑で、全国的に体力勝負の夏になりそう。
さあ、はじけるような元気な嵐とともに、夏を謳歌しましょう!

では、歌の世界をのぞいてみましょう。

歌詞はこちら


More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2013-07-13 20:25 | Dream "A" live | Comments(9)

Gimmick Game

Gimmick Game
作詞・作曲/二宮和也  編曲/ISB、二宮和也

2008年のアルバム「Dream "A" live」の初回盤収録曲。

少し嵐不足の方が多いようなので、人気作で行きましょう。

このアルバムの初回盤にはメンバー5人のソロ曲が入っています。
この曲は、二宮くんのソロ曲。
作詞、作曲、打ち込みのアレンジなども本人が担当している渾身の一作。
彼のソロには珍しい小悪魔系の曲なので、ファンにも人気が高いです。

タイトルの”Gimmick ”とは「巧妙な仕掛け」という意味。
”Game"がついていますから、「対戦」というニュアンスがついています。
なので、私はこの題名を『だまし合い』と意訳します。

純愛ソングが多い嵐の曲のなかで、ひときわ異彩を放つ一曲。
一組の男女の嘘で固められたさみしい恋愛の歌です。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。(以下意訳)
歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2013-05-18 11:06 | Dream "A" live | Comments(14)

嵐の歌詞を勝手に読み込みます。なお現在はリクエストをお受けしていません。 感想コメントはどなたでも歓迎です。 ※記事の無断転載はお断りします。
by 503carryon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

できるだけ
at 2015-11-29 23:49
三日月
at 2015-11-15 09:30
Bolero!
at 2015-11-14 19:50
イン・ザ・ルーム
at 2015-11-13 00:40
at 2015-11-11 23:23

検索

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧