独断解説の嵐

2017年 06月 10日 ( 1 )




Rolling days

Rolling days

作詞・作曲:Octobar
Rap詞:櫻井翔、編曲:pieni tonttu

2015年10月発売、嵐14枚目のアルバム「Japonism」収録の櫻井くんのソロ曲です。

不実で世間から歓迎されないような恋愛の渦中にいる男女を描いた曲。
雑誌の取材で「なるべく自分で選ばないような感じをと思って選んだ曲」と本人が語っていたそう。
でも、「T.A.B.O.O」でも不倫めいた恋を歌ってたので、そんなに意外かしら?って思いました個人的には。

品行方正で爽やかスマイルの、家柄もよい知的な好青年。
そんなパブリックイメージは、嵐というグループの朗らかイメージにも大きく作用していると思います。

でも、もともと気が強く、時に短気でヤンチャな一面もあるのが櫻井くん。
理性で抑制されているその裏には、今だって色々な顔があるはずです。

歌詞はむろんフィクションですが、こんな色っぽい曲も歌いこなす深味ある大人になりました。ワルい翔君を、ご堪能ください。

では歌の世界をのぞいてみましょう。



★More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2017-06-10 22:19 | Japonism | Comments(2)

嵐の歌詞を勝手に読み込みます。検索欄に曲名をいれると過去の記事がでてきます。なお現在はリクエストをお受けしていません。感想コメントはどなたでも大歓迎です。お気軽にコメントしてください。※記事の無断転載はお断りします。
by 503carryon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

また今日と同じ明日が来る
at 2017-06-17 00:01
Rolling days
at 2017-06-10 22:19
I'll be there
at 2017-06-07 07:25
Amore
at 2017-06-04 09:00
TWO TO TANGO
at 2017-06-03 07:36

検索

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧