独断解説の嵐

2013年 12月 24日 ( 1 )




じゃなくて

じゃなくて
作詞:伊織・Soluna 作曲・編曲:大島こうすけ

2011年のアルバム「Beautiful World」に収録されている相葉くんのソロ曲です。

ピアノのフォーンセッションの鮮やかなチャールストンジャズ風。
小粋なミュージカルのようなメロディに、ちょっと可哀想な主人公が描かれます。

少し鼻にかかった甘い雰囲気の相葉くんの声が、優しさゆえに、今一歩踏み込めずに、悶々としている主人公の様子をよく表現していますね。

このアルバムで一番驚いたのは相葉君の歌唱力が、スキルアップしている点。
まだ歌が上手いとは言いがたいですが、声の伸び、音程の安定感が上達したなあ。
と感動しました。
売れてもなお、努力してるんだろうな。
そんな姿が見えるようで、とても感心しました。

お芝居仕立ての歌詞ですから、彼女の台詞部分はピンクで表示します。
彼氏の心の声は(  )付で表示しました。

では、歌の世界をのそいてみましょう。
歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2013-12-24 07:00 | Beautiful World | Comments(6)

嵐の歌詞を勝手に読み込みます。なお現在はリクエストをお受けしていません。 感想コメントはどなたでも歓迎です。 ※記事の無断転載はお断りします。
by 503carryon
プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

できるだけ
at 2015-11-29 23:49
三日月
at 2015-11-15 09:30
Bolero!
at 2015-11-14 19:50
イン・ザ・ルーム
at 2015-11-13 00:40
at 2015-11-11 23:23

検索

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧