独断解説の嵐

2013年 12月 02日 ( 1 )




Anti Anti

Anti Anti

この曲はアルバム未収録。櫻井くんのソロ曲です。
04年の『いざッ、Now』の夏のコンサートで発表され、
08年のARASHI AROUND ASIA+inDOMEのDVDにも入っています。
発表当初は「Unti Unti」というタイトルでしたが、スペルミスがあとで発覚。08年に、表記が変わっています。

「アンチ」。いわゆる「反対者」のこと。
批判的な意見をもっている人ということです。
ジャニーズに対し、嵐に対し、そして櫻井君のラップに対し、批判的な人。
そんなアンチ達に挑戦的なメッセージをたたきつける曲です。
アンチに対して、アンチな態度をとっているわけ。

おそらく、今の彼なら書かないであろう、ストレートな反論。
近年の曲では、相手を「Anti(批判者)」とせず「外野(自分のテリトリー外の関係ない人)」とだけ表現することからも、彼の中でこの種の怒りが自己完結されているのがわかります。
もうコンサートでも聞かせてもらえない「幻の曲」かもしれません。

今では櫻井君が嵐の曲の中でラップを詠うことに、文句を言う人はいませんね。
いわゆる正統派のHIPHOPのRAPではないけれど、ちゃんと彼独自のRAPとして世間に認められています。

実際、結果も残している現在。
そこには、この頃のような「悔しさ」や「怒り」は、
もう、みじんもないはずですね。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。

歌詞はこちら

More つづきはこちら
[PR]



by 503carryon | 2013-12-02 21:40 | その他 | Comments(12)

嵐の歌詞を勝手に読み込みます。なお現在はリクエストをお受けしていません。 感想コメントはどなたでも歓迎です。 ※記事の無断転載はお断りします。
by 503carryon
プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

できるだけ
at 2015-11-29 23:49
三日月
at 2015-11-15 09:30
Bolero!
at 2015-11-14 19:50
イン・ザ・ルーム
at 2015-11-13 00:40
at 2015-11-11 23:23

検索

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧