独断解説の嵐

Mr.Lonely

Mr.Lonely
作詞:Pink Wolf、Trevor Ingram
作曲:Trevor Ingram、Kanata Okajima、Stephen Rudden
編曲:Trevor Ingram、A.K.Janeway

2015年9月発売。嵐47枚目のシングル「愛を叫べ」の初回限定盤カップリングです。タイトル曲とカップリング曲のふり幅が大きいシングル。色々な表情の嵐が堪能できるお買い得シングルですね。
”結婚式余興ソング(?)”の「愛を叫べ」のカップリングが「Mr.Lonely」というのもなんか面白い。

すごく面白いアレンジで、曲の根底はソウルの完全な裏打ちのリズムなんだけど、エレクトロ音を入れたり今風のコーラスが入ってたりして様々な要素がミックスされた感じ。現代版フュージョンソウルってとこでしょうか。
ブラックミュージック大好きな人がニヤニヤしながら作った。という雰囲気がします。

サビ部分の「Gimme the night!」も、ジョージ・ベンソンの「Give Me The Night」のサビを彷彿させる音階で、歌詞のシチュエーションも同じ感じ。
タイトルも『ぼっち界のレジェンドソングボビー・ヴィントンの「Mr Lonely 」と同じ。(曲調は全然ちがうけど)
詳しい人が聴けば、たぶん音のアレンジにも色々なマニア的な仕掛けがありそうだなあ。

さて、歌って踊るジャニタレ。
正直ルックスも、歌唱力も結構バラつきがあるんですが、共通しているのリズム感の良さ。特に、Jrからデビューにこぎつける人というのは、素人には真似できないずば抜けたリズム感があったりします。
嵐も然り。
さらっと歌われているので気づきにくいけど、カラオケなんかで挑戦すると苦い思いをしそうな独特の難しいリズムラインです。

そして、この曲。終盤に非常に珍しい櫻井君と相葉君のファルセットコーラスが出てきます。
最近、相葉君ファルセット上手ですね。嵐マニアも、R&Bマニアもうなる隠れたが名曲かもしれません。








※緑字は意訳です。

=====================

君の夜を僕にくれよ。
この気持ちは嘘じゃない。
君を強く抱きしめたいんだ。
この先どうなるかわからない、謎めいている恋。
僕は独りぼっちさ。
このままの関係でいるなんて、嫌だ。
夜明けはきっとすぐ来てしまう。
さあ、今が出番だ。ひとりぼっちの僕。

横目で君のそのまつ毛を、もっと追いかけて見ていたい。
この恋は、なかなか掴めない。
煙に巻かれているよう。
今度こそは、手に入れたい。
君を狙い撃ちさ。
ここからさ。
僕を信じればいいよ。

交差しだしている?二人の気持ちが。
そう、この恋の答えは、すぐそこまで来てる。
そうだ、来い!来い!

君の夜を僕にくれよ。
君のその未来を僕に預けてくれよ。
願い願うほどに、謎めいてゆくこの恋。
ひとりぼっちさ。
今さら無理だ。なんて気持ちはダメだ。
もう、君を誘うのに理由なんていらない。
君を奪い去るんだ。ひとりぼっちの僕。

君がふと見せる表情。その遠い視線の先。
誰を見つめているの?
まだ君の中に、かくれている哀しみなら、
さっさと全部捨ててしまえばいい。

月明りが二人を照らしている。
そうこの恋の答えが欲しいよ。
さあ!さあ!

君の夜を僕にくれよ。
この気持ちは嘘じゃない。
君を強く抱きしめたいんだ。
この先どうなるかわからない、謎めいている恋。
僕は独りぼっちさ。
このままの関係でいるなんて、嫌だ。
夜明けはきっとすぐ来てしまう。
さあ、今が出番だ。ひとりぼっちの僕。

君が近づいて来る。
僕の胸の鼓動が高鳴る。
準備はいいか?
恋をする準備はいいか?
準備はいいか?
「僕についておいでよ」

君の夜を僕にくれよ。
君のその未来を僕に預けてくれよ。
願い願うほどに、謎めいてゆくこの恋。
ひとりぼっちさ。
今さら無理だ。なんて気持ちはダメだ。
もう、君を誘うのに理由なんていらない。
君を奪い去るんだ。ひとりぼっちの僕。

もう、君は独りじゃない。
僕と一緒に来て…
二人の恋がどこに向かうかは、まだわからないけど
どこまでも行こう。
ああ、もう君は独りじゃない。
僕と一緒に来て・・・
言葉を超えて、君とずっと愛し合いたい

僕の名前は「ひとりぼっち」さ。

===================

自分とは別の男性を想っている女の子。
パーティ会場で、意中の彼を遠くからみつめる彼女をみて
「そんな報われない恋は、もうやめてしまいなよ。ここに、僕がいるじゃないか」 と心の中で思っている主人公。

今までは、彼女の気持ち尊重し、無理に誘うことはしてこなかった。
だけど、最近ちょっと脈もありそう。
そろそろ勇気をだして、彼女を誘ってみよう。
そんな風に、自分を奮い立たせている「おひとり様君」の心の声ソング。

曲の最後、櫻葉のコーラスで始まるメロディ部分。
彼女がついてきてくれたシーンで曲は終わります。
二人の恋がどう運ぶかわからないけれど、ひとりぼっちだった彼女をエスコートするのは、ひとりぼっちだった彼。

せつない恋のエキスパート「Mr. Lonely」の彼なら、彼女のせつない気持ちを察しながら、上手に次の恋へ導いてくれすはずですね。



[PR]



by 503carryon | 2017-08-10 17:00 | シングル | Comments(0)

嵐の歌詞を勝手に読み込みます。検索欄に曲名をいれると過去の記事がでてきます。なお現在はリクエストをお受けしていません。感想コメントはどなたでも大歓迎です。お気軽にコメントしてください。※記事の無断転載はお断りします。
by 503carryon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

【受付終了】リクエスト祭り ..
at 2017-08-15 22:34
青春ブギ
at 2017-08-15 22:31
affection
at 2017-08-14 12:32
静かな夜に
at 2017-08-13 08:47
Rock this
at 2017-08-11 20:47
僕が僕のすべて
at 2017-08-11 18:48
Mr.Lonely
at 2017-08-10 17:00
時計じかけのアンブレラ
at 2017-08-09 21:56
モノクロ
at 2017-08-08 17:20
It's good to b..
at 2017-08-07 22:44

検索

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧