独断解説の嵐

つなぐ

つなぐ
作詞:paddy、作曲:Peter Nord,Kevin Borg
編曲:Peter Nord・佐々木博史

2017年6月28日発売、嵐の52作目のシングル。
大野君主演の東宝映画「忍びの国」の主題歌でもあります。
伊賀忍者と織田軍勢の戦いの中で、
人としての生き方・愛の貫き方を描く時代活劇。
「のぼうの城」「村上海賊の娘」で有名な和田竜氏の小説が原作です。

大野君扮する凄腕忍者の無門と敵味方との攻防。
そして、石原さとみちゃん扮する気丈な無門の恐妻との
純愛がテンポよく進む娯楽大作です。
曲のダンスも、そんな映画になぞらえて、忍者の身のこなしを
イメージした振付になっていました。

この歌も、主人公の胸の内を描いたストーリー。
真摯に一途に、愛おしい人を想うラブソングです。
映画を見終わって、もう一度歌詞を読み込むと
なかなか感慨深い歌詞です。

では歌の世界をのぞいてみましょう。

※以下:映画のネタバレありますので、閲覧注意





※緑字は意訳です。

誰だってそうさ。毎日探している。
幸せになれる場所を見つけようと、彷徨い歩いてるんだ。
なぜ? 
あの時、何かが起きる気配を感じたんだろう。
あらゆる矛盾を超えて、
引き寄せた俺の運命。

強がっているフリをしても、
危うく揺れるあなたの心。
心配ならいらないよ。
守り抜くから。何があっても。

どんな暗い夜でも、
あなただけを奪い去るから。
ああ、あなたを絶対はなさない。
遠慮なんかしないぜ。あなたに魅せられたら
音もたてずに現れて、あなたを行かせはしない。

嘘だらけのこの世界でも、俺の愛だけ信じていてほしい。
どこにあるかはわからないけど、
二人の楽園を夢見てたんだ。
この愛、消えないでくれ。

絡まってもう解けないしがらみ。
現実は追うほどに辛い 
でも、知らないフリはできない。
そう、中途半端な偽りの人生は嫌だ。
痛みも飲み込んで進むしかない。

変化がなく閉塞的な俺の人生。
あなたが教えてくれた、
本当の優しさと強さを求めて
行きつくまで。

移り変わる世の中に、
輝いて、心を奪われる
ああ、あなたを絶対はなさない。

まっすぐなあなたの瞳に導かれて
声がでないほどだ。
あなたを行かせやしない。

巡り巡る時代の中で、かけがえない愛のために
たとえ、二人に別れが来たとしても
あの時誓った約束は、愛し続けることだ。

「あの日、あの場所で、あの時…
 あの日、あの場所で、あの時… 
 あの日、あの場所で、あの時…  
 この気持ちはどこまで続くの?教えてくれ。」
過ぎた過去は振り向かずに、俺は生きてゆくだけさ。

(俺は、あなたを逝かせたくないんだ)

どんな暗い夜でも、あなただけを
奪い去るから
ああ、あなたを離しはしない。
遠慮なんかしないぜ、あなたに魅せられたら
音もたてずに現れる
けしてあなたを行かせはしない。

嘘だらけのこの世界でも、二人の愛だけ信じていて
どこにあるかは、わからないけど
楽園を夢見てたんだ。

消えないで。この愛。

=============
無門の妻、お国さんは武家のお姫様。
その気丈さと美しさで、無門に見初められ、
金に苦労はさせないから。と口説き落として
広島県(安芸)から、三重県(伊賀)にさらわれてきた女性です。
なまけ者で向上心のない無門は、尻に敷かれつつも、
彼女を大切に見守り、ピンチの時は歌詞通り、常に彼女を守り抜きます。

極悪非道な忍びの世界で生きてきた主人公にとって、
はじめて「人を愛すること」や「生きる意味」を教えてくれた人でもあります。

物語の終盤、お国さんは無門の命を救うために、ある出来事で命を落としてしまいます。
それを機に、無門は伊賀から離れ、お国さんの想い出とともに、ひっそり生きて行こうとします。

この歌は、そんな主人公が、妻を連れ帰り
大切に愛を育み、想い続ける心情を描いています。

そして、彼女の死が二人を別れさせた後も
死の瞬間を反芻しながら、永遠に続く悲しみの中で、
それでも生きてゆこうとしている姿。
そんな姿で終わってゆく歌詞です。

彼女がいなくても二人の愛が消えないことを
祈っている歌詞。
大野君のソロが、絞り出すような雄たけびなのも
なるほど納得ですね。
映画のあとに聞き返すのもいいかもしれません。











[PR]



by 503carryon | 2017-07-20 12:31 | シングル | Comments(4)
Commented by はなこ at 2017-07-23 22:05 x
今日、遅ればせながら、大野さんファンの主人と忍びの国観てきました。迫力ある闘いのシーン、さすがでしたね^o^
途中、柱を切りながら、歌うシーンは、よく、聞かなかったので、もう一度観たいなぁと^o^
最後は、泣けましたが、つなぐの歌詞が、沁みてくるかんじでしたね。
回りは、結構、私よりも、年上の方が多く、作品ともども、大野さんのファンが幅広いのも実感してきました(*^^*)
Commented by 503carryon at 2017-07-23 22:44
はなこさん
何だかんだ言ってもアイドル時代劇なんだろうな。と期待半分でいったのですが、なかなか魅せてくれました。2時間あっという間の映画でした。
スピード感があり物語のテンポも速いので、もう一度見返したい部分が、あとからでてきますね。DVD早くでないかなあ。
Commented by 露蜜 at 2017-08-02 06:17 x
初めまして。いつも楽しく拝見しています。
Oh I don't wanna let you go の意訳が、個人的に凄くいいなと思いました。
エンディングとしてつなぐが流れた瞬間、こんなにも映画と合うのだと正直驚きました。つなぐをフルで流してくれたので、見終わった後の余韻が心地よく続きました。
今回の解説を読み、再度映画を観に行きたいと思いました。
Commented by 503carryon at 2017-08-02 07:13
>露蜜さん
はじめまして。コメント頂いてうれしいです。
エンドロールでこの曲が流れると「キター!」って感じでしたね。すこし切ない終わり方だけど、最後に気分が上がっていい余韻になった気がします。
数日あとからジワジワ各シーンが思い出される良作。何度も映画館に通う人がでるのも納得です。私はまた行くか、DVDを待つか悩み中です。

嵐の歌詞を勝手に読み込みます。検索欄に曲名をいれると過去の記事がでてきます。なお現在はリクエストをお受けしていません。感想コメントはどなたでも大歓迎です。お気軽にコメントしてください。※記事の無断転載はお断りします。
by 503carryon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

【受付終了】リクエスト祭り ..
at 2017-08-15 22:34
青春ブギ
at 2017-08-15 22:31
affection
at 2017-08-14 12:32
静かな夜に
at 2017-08-13 08:47
Rock this
at 2017-08-11 20:47
僕が僕のすべて
at 2017-08-11 18:48
Mr.Lonely
at 2017-08-10 17:00
時計じかけのアンブレラ
at 2017-08-09 21:56
モノクロ
at 2017-08-08 17:20
It's good to b..
at 2017-08-07 22:44

検索

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧