独断解説の嵐

To my homies

To my homies
作詞 : BASI、Rap詞 : 櫻井翔、作曲・編曲 : 韻シスト
under the supervision of Sho S.

2016年のアルバム「Are You Happy?」収録曲。
「幸せですか?」という語りかけがタイトルになっている15枚目のアルバムは
「嵐が思う今の嵐」が描かれているアルバム。
妙な力みがなく、サラッとした余裕を感じる作品です。
このアルバムにはメンバーによる監修曲がいくつか入っていますが、
本曲は櫻井君の監修だそうです。

かつての「闘志剥きだしのマイルストーンRAP曲」とは異なり、充実した毎日の中で、昔の自分達を微笑ましく想い出す嵐君達が描かれています。「過去のすべてを肯定し、仲間を信じて懸命に歩く」そんな姿が今の嵐として表現されているように感じます。

スロウなRAPと、メロディアスなサビ。割と嵐としては珍しい雰囲気の曲ですね。
ちょっと、RIPSLYMEっぽい。それぞれのメンバーのラップが聴きどころです。

若い時分の「イチャイチャ・わちゃわちゃ嵐」も可愛いけど、
近年の30代半ばの大人なりの適度な距離感というのも素敵だとおもいます。
離れてても、話さなくても互いの気持はわかってる。
そんな「相棒達」の姿が見え隠れする歌詞です。

では、歌の世界をのぞいてみましょう!

===========



※電話の呼び出し音
(もしもし。元気?
 聴こえてる? どんなかんじ? ははは。
 まあ全部、上手くいってるかは、わかんないんだけどさ)
 
辛いことも、楽しいことも。全てを受け入れて、
真っ正面から進んでいこう。 愛を信じてる。
奇跡も、悲しいことも 心を開いて受け入れて行こう。
何度目だって行こう。愛を信じてる。

一歩外を出たら、この日差し。
眩い陽の光が、僕を導く。
行きかう人や、賑やかな広場。
今日がどんな日になるか、まだわからない。
肩の横を過ぎてゆく心地よい風。
空を見上げ、ふと自分に問いかける。
僕らならばまだ行ける。
僕らの歴史が語り掛ける。
あの若かった僕らの夢を、いま追いかけてるんだ。

こちらは、ゆったりした時間を過ごしてるよ。相棒。
そう、流れる雲のようにゆったりしてる。
早くみんなに逢って、またいつも通りに過ごしたい。
ここからは皆は遠いよ。
あ、もう行かなきゃ。
逢ったら何話そう? そうだな、、、
質素なものの豪華さについて。
そんな価値観もあの頃のまま。
今日はそんな風に思うよ。
ねえ!おーい!
一緒に歌おう!

辛いことも、楽しいことも。全てを受け入れて、
真っ正面から進んでいこう。 愛を信じてる。
奇跡も、悲しいことも 心を開いて受け入れて行こう。
何度目だって行こう。愛を信じてる。

全くもう!なんでだろう?
時間がたつと、あいつらの顔みたくなる。
かつて共に分かち合った苦労も
寄り道して遊んでるような感覚。道草した道。そうそう!
あのホテルの狭い部屋で、
いつかはデカい世界に羽ばたく日を夢見ては、
語りあかし続けてたあの日
そんな未熟な僕らの日々が、いま大切な記憶になってる。

車で通り抜ける。いつもの道を。
皆を感じながら、いま向かってるよ。
カーステレオを聴くと、いつもの昼間でも、
昔の記憶が溢れるように想い出される。
樹々の青葉が色付いた頃に、はしゃぐ声を出してたのはいつだったか。
時間ってのは、経てば経つほどに、
どんどん見事なくらい美しく輝きを増すよな。

部屋の外で、そよぐ風の音がしてる。
そろそろ出かける時間。
くだらない昔の日々。眩しいくらい輝いてた子供の俺たち。
友よ。
あの想い出の日々に戻ろう。
そして、身体に刻み込んだ音を今日も踊ろう。
ねえ!ほら!
一緒に歌おう!

いい時も、悪い時もすべてを受け入れて
また始めようよ。 ずっと信じてる。
いつかのあの歌も、今になって受け入れてる。
全身全霊で行こうよ。ずっと信じてる。

誰にも止められない このワクワクを
もっと、空へ突き抜けて、もっともっと進もう。
諦めきれない このドキドキを
もう止めることはないんだ。
ねえ! ほら!
一緒に歌おう!

辛いことも、楽しいことも。全てを受け入れて、
真っ正面から進んでいこう。 愛を信じてる。
奇跡も、悲しいことも 心を開いて受け入れて行こう。
何度目だって行こう。愛を信じてる。

いい時も、悪い時もすべてを受け入れて
また始めようよ。 ずっと信じてる。
いつかのあの歌も、今になって受け入れてる。
全身全霊で行こうよ。ずっと信じてる


===================================
「homie」は英語のスラングで、幼馴染とか相棒とか仲間とか、旧知の親友のような存在を指します。友達よりも縁が深いつながりでしょうか。
5人それぞれのラップパートがあり、個々の日常の中で、仲間を想う姿が描かれています。嵐のことに限定されているわけじゃないけど、嵐のエピソードが歌詞に混ぜられてたりして、、、
ついついメンバーの独り言のように聴いてしまいたくなる歌ですね。

休日、吉祥寺の街を散策する大野君。
映画の地方ロケで、出番待ちをしてる二宮君
ホテルで語り明かした昔を思い出す相葉君
車で昔の嵐の曲を懐かしく聴きながら現場に向かう松本君
5人の歌収録の日の朝、今日は古い曲を歌うんだな。なんて考えてる櫻井君。

なーんて。それぞれが、どんなシチュエーションでいるのかを
想像するのも楽しいかもしれません。

いつかは嫌だった「あの歌」も、今は身体に刻み込まれている。
「全身全霊で上を目指した」あの頃の憧れの場所に立った現在。
今でもずっと仲間の愛を信じてる。初心を忘れず進みたい。
そんなメッセージが彼ららしいと思います。

カヌーの練習したり、廃墟の腐った飲み物飲んだり、霊に取りつかれたり、
謎の実験ばかりしてたあの日々は、ファンの人にも大切な思い出です。
紅白の司会をしても、個展を開いても、映画の主演をつとめても。
あのバカバカしさはずっと残しておいてほしい気がします。

今週は、アユハピDVDの発売日ですね。楽しみ超!
[PR]



by 503carryon | 2017-05-29 22:08 | Are You Happy? | Comments(2)
Commented by はなこ at 2017-06-05 01:12 x
久しぶりにのぞいてみたら、解説が更新されてて、嬉しかったです(*^o^*)
Are You Happy?のDVD、ドキュメンタリーをみた後、ライブの映像を観ましたら、なんか、泣けてきました^ ^
ちゃんと、おじさんになってても、なお愛おしいです(*^ω^*)
Commented by 503carryon at 2017-06-05 16:49
> はなこさん
お久しぶりです。気まぐれすぎる更新なのに、また覗きに来ていただきとても嬉しいです。
DVDとてもよかったですね。くつろいだ表情に、貫禄を感じました。本当にみんな「ちゃんと」おじさんの言動になってきた感じがします。
相葉君も、大野君も、もう挨拶のとき泣いたりしないんだな。ベテランだもんな。って思っちゃいました。

嵐の歌詞を勝手に読み込みます。検索欄に曲名をいれると過去の記事がでてきます。なお現在はリクエストをお受けしていません。感想コメントはどなたでも大歓迎です。お気軽にコメントしてください。※記事の無断転載はお断りします。
by 503carryon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

A・RA・SHI
at 2017-09-15 21:05
キャラメル・ソング
at 2017-09-07 07:13
風見鶏
at 2017-09-02 00:56
DRIVE
at 2017-08-30 23:12
Oh Yeah!
at 2017-08-24 18:00
Disco Star
at 2017-08-24 15:30
ONLY LOVE
at 2017-08-23 18:00
遠くまで
at 2017-08-20 16:52
青春ブギ
at 2017-08-15 22:31
affection
at 2017-08-14 12:32

検索

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧