独断解説の嵐

イン・ザ・ルーム

イン・ザ・ルーム
作曲:Jeremy Hammond
作詞︰小川貴史 Rap詞︰櫻井翔

2015年のアルバム「Japonism」収録曲です。
「部屋の中」というタイトルのこの曲。
男女の秘密の営みが描かれているセクシーな一曲。

このアルバムのコンセプトの1つに「原点回帰」があります。
原点に立ち戻ってみる。日本の原点・嵐の原点・ジャニーズの原点。
色々な根幹をもう一度見直してみようというコンセプトですね。
それを聞いた上で、この曲を聴いた時「おお。なるほど!」と思いました。

嵐は、2002年にプライベートレーベル「Jstorm」に移籍します。この当時、アイドルグループには珍しいJAZZやFUNKを取り入れた凝った曲づくり。音楽に詳しい人もびっくりの豪華なプレイヤーやアレンジャーを起用して話題になりました。その頃のアルバム「How's it going?」も、今でも十分聴きごたえのあるかっこいいアルバムです。
この曲は、そんな原点創造の時期を彷彿させるJAZZYな曲。
02当時は大人っぽい曲をまだ幼さの残る嵐が、背伸びして歌っている感じでしたが、5人とも2015年の今は十分成熟した大人。みんな、セクシーパワー全開で、吐息交じりに歌い倒します。

実力も貫禄も身に着けた彼らが、原点路線の楽曲に再び挑む。
参りました。と言わざる得ない、かっこいい仕上がりです。

では、歌の世界をのそいてみましょう。

歌詞はこちら

緑字は意訳







==============
ルージュ。あなたの唇に染まりたい。乱れた姿のままで。
なまめかしく、この身に纏っていたい。

あかぬけない駆け引きなんて、ここら辺で止めにしよう。
挑むようなあなたの上目遣いに、言葉に詰まってしまう。
「どんな夢がみたい?」 ほら、瞳をそらさないで。
「もっと近づきたい」唇が君を求めている。

二人の心臓の鼓動が重なって、本能をさらけ出す
甘美なめまいに、溶け落ちてゆく。

部屋の中。
誰にも秘密のままで、
渇いていた心を湿らせる。
ルージュ。あなたの唇に染まりたい。乱れた姿のままで。
夢中になってしまって、もう戻れない。

心に仕舞い込んだ普段のあなたが、見え隠れしていたって
それはそれで、愛おしくて。余計に美しく感じるよ。
「いっそ、このままでよう」可憐な花のような君を抱いていよう。
「ずっとそばにいたい」心に刺さる棘さえも、いとわない。

あなたの首筋の汗が、燃えてしまうまで、
一瞬の火花を散らし続けるように抱き合おう。

らせんの中。 渦巻く感情は、
やがて、二人抱き合うたびに、気持が振り切れてしまうくらいだ。
ルージュ。静かになぞる指先。
僕のすべてを奪ってくれ。そう、最後まで。

ぬるく撫でるような耳元に感じる温度。
意識の外で、あふれ出しているバスタブの音が聞こえる。
ああ、、そうそうコントロール不能だよ。
本能をさらけ出してしまう。

身体を拭っても消えない、ルージュの痕。
これ以上、ああ、今日はもう触れてくれないのかと、
君のいなくなった部屋で、冷たいドアノブを見ている。
部屋にながれるラブソングは止めないよ。
儚い、夢のような、二人の愛の跡だから。

二人の心臓の鼓動が重なって、本能をさらけ出す
甘美なめまいに、溶け落ちてゆく。

部屋の中。
誰にも秘密のままで、
渇いていた心を湿らせる。
ルージュ。あなたの唇に染まりたい。乱れた姿のままで。
夢中になってしまって、もう戻れない。

ルージュ。あなたの唇に染まりたい。
乱れた姿のままで。
ルージュ。静かになぞる指先。
もう僕は戻れない。


===============
ホテルの一室。
恋人が帰ったあと一人で、
昨夜の情事の想い出に浸っている主人公。

繰り返しでてくるルージュは、口紅ではなく
「紅い痕」と表現されていますので、
キスマークを表しているようです。

あなたのキスマークに染まってしまいたい。
そんな風にぼんやり思いながら、指で愛しい痕をなぞっています。

二人は、秘密の関係。
なまめかしい上目遣いで誘う女性と、
お風呂が溢れるのも気にせず溺れてしまうベッドタイム。

年上女性と、若い恋人。そんな雰囲気のする淫靡なストーリーです。
[PR]



by 503carryon | 2015-11-13 00:40 | Japonism | Comments(7)
Commented by なないろ(虹) at 2015-11-13 00:57 x
こんにちは。
最近、更新が続いて嬉しいです٩(ˊᗜˋ*)و

今回のアルバムで、この曲が一番好きです。
Rolling days からの流れがまたいいです。

彼らは時に官能的な内容の曲を
ぶちこんできますね。

秘密の関係であることは想像できましたが、
ルージュの意味も、そーか!と納得しました。

5人のセクシーな歌いぶりが
ストライクにはまります(*´-`*)
Commented by はなこ at 2015-11-14 16:04 x
原点回帰がテーマのこのアルバム、初期のアルバムの曲調の香りもして、聴きごたえのあるものになっていますね。
JAZZの曲調で、激しくないけど、セクシー(*^^*)本当にオトナで、ドキドキさせられてしまいます。
年下の彼氏くんたち、五人とも、ステキになって、身が持ちませんね(^_−)−☆
Commented by 503carryon at 2015-11-14 18:41
なないろ(虹) さん:そう、Rolling daysとちょっと場面は似ているんですよね。せっかく30代半ばにはいってきたので、こういう曲はどんどん歌っていってほしい(笑)
どんなパフォーマンスかと、コンサートDVDが楽しみです。
Commented by 503carryon at 2015-11-14 18:46
はなこさん:結構凝った音づくりのアルバムですね。スタジオプレイヤー達も豪華なようですし、嬉しいです。
5人ともバランスよく、いい魅力がついていて、今後がますます楽しみですね。
Commented by 花明り at 2016-01-18 09:13 x
はじめまして!私も、この曲と♪Rolling daysは、非常によく似ていると感じます。まるで、♪イン・ザ・ルームの続編が、♪Rolling daysではないか?という感覚。〈私の読解〉年上女性との関係が長く続き、次第に、お互い一時も離れられない関係になってしまった。しかし、世間では認められない背徳の恋。(=不倫かも?)二人の愛が深まる程、闇が深くなる。二人の関係は、光=影。愛の強さと比例している。最後は、心中でもするのか?という激しさを感じる。ドラマティックな激しい恋は、櫻井くんのイメージとかけ離れています。でも、事実、RAP詞を書いたのだから、似た経験をした事があるのかもしれない・・・とさえ想わせる程のリアル感。怖い位エロティックな魅力を引き出していて、ドラマティックです。以上。完全素人解釈です。ご感想頂けると嬉しいです。(*^_^*)
Commented at 2016-01-19 08:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 503carryon at 2016-01-20 23:46
花明りさん:お気遣いありがとうございます。2つの曲を連続したストーリーとして考えるのも面白いですね。
訪問者の方の解釈があってもいいと思うのですが、意に沿わない意見があったりすると、コメント欄でケンカする人がいるので、、、そういうときは拝読だけして公開しないようにしています。^^
独りでゆっくり読みますね。

嵐の歌詞を勝手に読み込みます。検索欄に曲名をいれると過去の記事がでてきます。なお現在はリクエストをお受けしていません。感想コメントはどなたでも大歓迎です。お気軽にコメントしてください。※記事の無断転載はお断りします。
by 503carryon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

A・RA・SHI
at 2017-09-15 21:05
キャラメル・ソング
at 2017-09-07 07:13
風見鶏
at 2017-09-02 00:56
DRIVE
at 2017-08-30 23:12
Oh Yeah!
at 2017-08-24 18:00
Disco Star
at 2017-08-24 15:30
ONLY LOVE
at 2017-08-23 18:00
遠くまで
at 2017-08-20 16:52
青春ブギ
at 2017-08-15 22:31
affection
at 2017-08-14 12:32

検索

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧