独断解説の嵐


作詞:s-Tnk、作曲・編曲:三留一純

2015年のアルバム「Japonism」収録。大野君のソロ曲です。
なんか、ゲーム音楽っぽいな。と思ったら、作曲家の方がゲーム音楽の人でした。
古典の授業かな?ってくらい、古文のワード満載ですが、そういうたおやかな言葉とは裏腹に、ビートの強いアレンジで、曲調としては祭り舞踊という感じ。
和風ならなんでもあり。という感じのてんこ盛りソングです。

大野君の「歌う時にしか聴けない滑舌の良さ」で、非常にキレイな発音。
ああ、日本語って綺麗なんだな。って再認識する一曲です。

切なくもの悲しい恋を歌った曲。
細かいバックボーンは語られませんが、どうすることもできない哀しい想いの主人公が、一人水辺に佇み、夜空を眺めて、愛おしい人に想いを馳せる歌です。
「考えてもどうにもならない」という諦めの気持ちと、「恋人に会いたいと願う」という激しい想い。
一人の人に内包する、動と静の気持ちを、コントラストのはっきりしたアレンジで表現しています。

では歌の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら


以下緑字は、意訳です。



======================
ふと見上げた夜空に、霞むように月が浮かんでいる。
可憐に咲いた花が見えるなあ。
時代が移り変わっても、
遠く、時を超えても運ばれてゆく。僕の想いはあなたの元へ。

離れてゆく 千切れ雲。
雲を追いかけてゆくように離れてゆくさざ波。
触れることがなくても、僕の気持ちは君に魅了されてゆく。
儚い、イメージの中で。

風がからかうように吹き抜けて、
水面に映りこむ空。
僕の心をかき乱してゆく。
時が移りゆくことを願う。
イメージの君に手を伸ばしても、ただ気持ちが溢れてゆくだけだ。

もう僕の元に来ない人を、待つような想いで、
ただ時が過ぎてゆく。どうする術もない夜。
心の中から消えない風景。
汚れのない君の微笑みに想いを馳せる。

「物悲しいこんな夜に、不本意にもに生き続けてしまったのなら、、、」
知ることのなかった二人の未来。
燃えるように、鮮やかに、心の中に輝いて浮かぶばかりだ。

明け方の、僕の胸の中。
心をノックする音に戸惑っているよ。
夢の中、君が近くにいるように感じるのに。
実際には、君はこんなにも遠くにいるというのに。

今、僕の心を映し出す、心から離れない記憶は、
叶わない約束だとしても
深く心の中で響き渡る。
全身全霊で、ただ、気持ちだけが夢の中に羽ばたいてゆく。

そうなんだ。
舞い落ちる花びらは、夢のイメージの彼方へと
僕を呼び覚ましてゆく。
夢の中で君に出会い、深い音楽の中、
心がざわついた、そんな心の隙間にも想いが溢れるんだ。

「物悲しいこんな夜に、不本意にもに生き続けてしまったのなら、、、」
追いかけても君の姿は見えない。
イメージを掻き分けても、雲の間に輝いて消えてゆく。

「物悲しいこんな夜に、不本意にもに生き続けてしまったのなら、、、
きっと、この先も恋しく思い出すのだろう。この夜明けの霞んだ月を。」

======================
引用されている
「心にも あらでうき世に ながらへば 恋しかるべき 夜半の月かな」 は
百人一首に取り上げられている三条院という1000年前故人の和歌です。
(この曲では「世」は「夜」にアレンジされていますが)

三条院さんという人は天皇だったのですが、他の権力者にその立場を奪われ
リストラされて、目も病気になって、寂しく暮らしてゆくことになった人。
「残念ながらダラダラと生き残ってしまったなあ、この寂しくみている月を、いつかまた思い出すんだろうな。」という気持を和歌で詠んでいます。

この曲の主人公も、同じ。
詳しい事情は語られないものの、歌詞から読み取れるのは
・何らかの事情で、恋人との関係を、ずっと前から引き裂かれている
・そしてその恋人とはもう会えないし、二人の未来が来る事もない
・自分は残念ながら、生き延びてしまった。
考えてもどうしようもないけど寂しいなあ、、ということが、延々と歌われています。

もしかしたら、心中の生き残りかもしれないし、
だれかに恋人との仲を引き裂かれて、もう生きてても意味ないなあ、と
思っている人かもしれません。

ただただ、一人、夜明けの水辺で淋しそうにしている歌なのです。
[PR]



by 503carryon | 2015-11-11 23:23 | Japonism | Comments(6)
Commented by はなこ at 2015-11-12 23:48 x
大野さんのソロ、のびのある透き通る声が、和歌を詠むようで、この季節の夜空を見上げながら聴くと心に沁みて、泣きそうになりました。
芸術家でもある大野さん、恋くらいしたっていいんですよ〜、アイドルだってとなぐさめたくなりますね、おばちゃんは(*^^*)
Commented by 503carryon at 2015-11-14 18:32
はなこさん:そうなんですよね。勝手に聴く側が、先般のエピソードと重ねてしますので、ちと聞きにくい。。。先入観なしで聴きたかった曲です。
Commented by ゆぅぅぅ at 2015-11-22 16:10 x
大野くんのソロ、すごくかっこいいですよね!私は結構古文とか好きな方なので、ついに嵐も和歌歌っちゃうのー??みたいに、テンションが上がってしまいました。笑
意味がすごく気になっていたので、知れてよかったです。どんな曲でも意味を知りたくなってしまうので、ここのページにたどり着けてよかったです✨
Commented by 503carryon at 2015-11-29 23:21
ゆぅぅぅさん:お返事おそくなってすみません。大野君の発音が美しい曲ですね。とても丁寧に歌っているなっておもいました。コンサートには言ってないけど、DVDで着物?のパフォーマンスみるの楽しみです。
Commented by すいにそら at 2015-12-08 19:19 x
はじめましてかな?;;;歌う嵐のギャプ(特にリーダーと相葉ちゃん)にやられてどっぷりはまってた、おばちゃんです、独断解説の嵐さんにも、かなりお世話になってます^m^
改めましてありがとうございますm(__)m
「暁」はじめて聞いた時は
うきよ=芸能界 って勝手に脳内変換されちゃって
(歌とは別の意味で)かなり切なかったのですが解説を読ませてもらって曲の世界に浸れそうです^^
Commented by 503carryon at 2015-12-08 22:46
すいにそらさん:はじめまして。私も結構なおばちゃんなので、同世代かもしれません。
リーダーはギャップの人で、相葉君は意外性の人だなあ。って感じます。相葉君はあれでいて、色々器用だったりするし。また遊びにきてください。

嵐の歌詞を勝手に読み込みます。なお現在はリクエストをお受けしていません。 感想コメントはどなたでも歓迎です。 ※記事の無断転載はお断りします。
by 503carryon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

できるだけ
at 2015-11-29 23:49
三日月
at 2015-11-15 09:30
Bolero!
at 2015-11-14 19:50
イン・ザ・ルーム
at 2015-11-13 00:40
at 2015-11-11 23:23

検索

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧