独断解説の嵐

心の空

心の空
作詞・作曲・編曲:布袋寅泰、Rap詞:櫻井翔

2015年リリース、嵐14枚目のアルバム「Japonism」のリード曲。
「世界からみた日本。現代の日本人が考える日本。様々な角度からもう一度日本という国を再認識しよう。」というコンセプトのアルバム。

今、日本人という人々は、次への歩み方を世界に試されてます。
不安定な世界経済の中で、どういう立ち位置をとる国になるのか?政治・ビジネス、色々な場面で国の実力の真価を見つめられています。
このままアジアのマイナー国で終わるか、またさらに成長できる国なのか?
いわゆる「正念場」なわけ。

けれども、一方で、「日本人は、自国の文化や宗教、政治を自分で説明できない。よくわからない人々」とも言われています。
今後、海外の人に、日本の良さや課題を説明する場面が増えるのに、、、

そんな今こそ「日本とは何か?」自分の頭で考えよう。
それがこのベタベタに「和」を出してきたアルバムの意図なのでしょう。

難しい政治や文化の事は、まだわからなくても、
日本に来てくれた訪日外国人のみなさんに、日本のよい所。
日本人の誇れる部分を説明できる人になる。
そんなところから始めてもいいのかもしれませんね。 
そんな気持ちにさせてくれる一曲です。

日本舞踊や祭り舞踊の動き、自然の動植物のイメージ。
秩序と一片の崩しを楽しむ日本の粋。そんなニュアンスのダンスも必見ですね。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。




==================
目を閉じて、両手を広げて。その自由の翼に風を抱け。
僕らは日本の男だ。 日本の女だ。
舞い踊れ、炎のようにはげしく。

地球を故郷の星として、巡り会えた一生に一度の大切な出会い。
僕たちは、同じ夢をずっと追いかけ続けている。

目を閉じて、両手を広げて。その自由の翼に風を抱け。

人は誰もが挑戦者だ。迷って戸惑って戦って。
傷ついても信じている。きっとよい未来が来るって。

早春の桜、月夜の花火、燃えるような夕焼け、ふわりとした初雪。
どんな時も、僕らが離れていても、心には同じ空がある。

幸せのかけらを分け合って。愛しい切なさを互いの絆に変えて。
優しい心を誇りに思おう。気高くしなやかに生きよう。
幸せな世界を未来につなぐことが、僕らの使命だろう?

ここは、深く碧い海に囲まれた黄金の国。
他国の空とつながっている「ほら、こんにちは!」
響くこの唄を、心ひとつに歌おう。
持って生まれたこの尊い和の心を。
巡りゆく四季の中で。
さあさあ、みんな集合だ!僕らが5人のリーダーだ。
ずっと揺るぎない場所へと行こう。
嵐の神をも散らす、安住の地へ。わかるだろう?

僕らは日本の男だ。 日本の女だ。
舞い踊れ、炎のようにはげしく。

孤独や涙を分かち合い。痛みや悲しみを勇気に変えて。
優しい心を誇りに思おう。気高くしなやかに生きよう。
幸せな世界を未来につなぐことが、僕らの使命だろう?

目を閉じて、両手を広げて。その自由の翼に風を抱け。
舞い踊れ、嵐のように。

==================

日本風のことを「和風」といいますが、
この「和」が日本人の特徴とも言われます。

歌詞にもいくつか登場しますが、和という言葉には
「分かちあう」「分かり合う」「調和を重んじる」
「人を思いやる」「心を一つにする」「重なり溶け合う」
「融合する」「平穏を愛する」
という意味があります。

異なる意見や矛盾があっても、
相手を否定するのではなく、「そういう見方もあるよね」と思ったり、
困っている人や弱っている人がいたら、自分の分を譲ったり
シェアする順番を守ったり。

規律や秩序を守り、他者の主張も思いやって尊重する。
それが和の心。
日本人の強さ、優しさ、しなやかさの根幹です。

一神教(神様は一人という考え)を信仰するキリスト教、イスラム教の国の人は「正義は一つ」という答えを求めがちで、それが戦争の発端になったりします。自国の文化を頑なに守るのも彼らの特徴です。

一方、日本は、山にも海にも食べ物にも、生活の至る所に神様が宿っていると考えている多神教(神様はたくさんいていいという信仰)。
他人の正義も、自分と異なる価値観も「まあ、ひとそれぞれ。いい所は参考にしよう」と考え、おおらかに異文化を受け入れ、仲良くなります。
仏教徒なのに結婚式をチャペルでやって、披露宴はイタリアン。引き出物は和菓子。なんてのを不思議に思わないのは、日本人くらいでしょう。

こうした、大らかに人や文化つなげてゆける和の心。
日本のアイデンティティが、未来の世界をつなげる役割を担えるかもしれません。

日本人であることを誇らしく感じる。
そんなきっかけをくれる一曲です。

[PR]



by 503carryon | 2015-11-01 22:51 | Japonism | Comments(6)
Commented by はる at 2015-11-03 09:36 x
japonism待ってました♪
いい曲が多いですよね(*^-^*)
ギスギスしがちな毎日ですが、優しく思いやり合うにが大切ですよね
思いやりがあれば変な事件とかも起こらないんじゃないかな、なんて。
Commented by 503carryon at 2015-11-03 16:33
はるさん:そうですよね。変な事件が多くなってる気がします。相手の気持ちを想像する力が、みんな落ちているのかもしれません。
Commented by はなこ at 2015-11-13 00:20 x
今回のアルバムを代表する曲として、Mステで、歌われましたね(o^^o)今、世界に日本ブームが起こっていますが、和の心粋、満喫できるアルバムを持って、世界進出も近いのかしらなぁんて(*^^*)
Commented by 503carryon at 2015-11-14 18:34
はなこさん:世界進出なのか、オリパラ需要なのかわかりませんが、ちょっとビジネスの匂いがしますね。
そして、いまの世の中だからこそ出せるアルバムのように思います。
Commented at 2015-11-15 20:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 503carryon at 2015-11-15 21:41
みーさん:はじめまして。「コメントすべきか悩み続け」なんて言われて、どんなに厳しい意見を言われるのかと緊張しました。w もっとお気軽にコメント欄にも遊びに来てださい。 心の空、最初はベタで好きになれませんでしたが、よくよく歌詞をみるとなかなか深いですね。

嵐の歌詞を勝手に読み込みます。検索欄に曲名をいれると過去の記事がでてきます。なお現在はリクエストをお受けしていません。感想コメントはどなたでも大歓迎です。お気軽にコメントしてください。※記事の無断転載はお断りします。
by 503carryon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

miyabi-night
at 2017-07-27 08:00
Don't You Get It
at 2017-07-24 08:40
I SEEK
at 2017-07-22 10:18
つなぐ
at 2017-07-20 12:31
また今日と同じ明日が来る
at 2017-06-17 00:01
Rolling days
at 2017-06-10 22:19
I'll be there
at 2017-06-07 07:25
Amore
at 2017-06-04 09:00
TWO TO TANGO
at 2017-06-03 07:36
Miles away
at 2017-06-02 07:45

検索

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧