独断解説の嵐

TRAP

TRAP
作詞:AKIRA、作曲:AKIRA・UTA、編曲:吉岡たく

2014年10月のアルバム「THE DIGITALIAN」収録曲。
「打ち込み系&ボーカルエフェクトのエレクトロソングなんて、流行もひと段落したのに、なんで今??」そんな風に思って聴き始めたアルバムでしたが、ラストまで聴いていくと結構深いメッセージ性があったりして、なるほどねえ、、、と思いました。面白いアルバムだなあって思います。

小宇宙のような電子音バリバリの曲からはじまり、日常生活の中のデジタル音で締めくくるアルバム。
人工知能に浸食されているように見えて、実は綺麗に生活と融合して、それが人間に馴染んでいる。そんな私たちの毎日と、そのそばにある不思議な異次元。 そんな印象の作品です。

楽曲的にも、非常に果敢に、実験的な仕掛けがたくさん。
15周年目の人気に甘んじていないグループの姿勢すばらしいな。相変わらず真面目な人たちだな。って感じました。

そんな作品の中半に登場する「黒い嵐」。
虎視眈々と相手を陥れようとする、ずる賢くて、攻撃的な嵐です。

「大人の嵐」というとお色気ソング(P・A・R・A・D・O・Xみたいな)ばかりがクローズアップされますが、この曲のような世界観も、今の年代の嵐ならではな気がします。

色々な価値観が変わってゆく、変化の激しい現代。
このくらいの悪知恵とタフさがないと、競争社会ではやっていけないかもしれません。
甘くない嵐。なかなかかっこいいですよ。

では歌の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら





====================
君を罠にはめるんだ。

ほらごらん。
有能ぶっている君のその態度も、余裕の表情もここまでです。
覚悟を決めるのが精一杯で、スキルだけは認められていても、
君の出る幕はないよ。
気づく間もなく罠に落ちる。 
気を抜いてたら、すぐにただのガラクタになるよ。
さあさあ!世界のど真ん中を、突っ切って行きな。これはゲームさ。

遅かれ早かれ、勝負は僕がもらったぜ
目には見えなくても、それが真実なんだ。

あんたを罠にはめてやる!どんな速さで逃げようが無駄さ。
あんたを罠にはめてやる!分かるだろう?
君は罠の中にいるんだよ。
あんたを罠にはめてやる!さあ、ショータイムの始まりだ。
君が信じようが、信じまいが、もうそこは僕の罠の中なんだよ。

泣きたいの? すでに手遅れさ。
恐れているなら、自分の後ろをよく見たほうがいい。
僕は君を罠にはめるんだ!

ねえ、ほら。
形式なんて何だっていいんだ。
自分のスタイルを持ってないなら、君はもうここまでです。
指先一つで事態が変わるようなこの時代に、
万全に備えるシステムなんてものは存在しない。
罠をみてみなよ!

黒か白かなんて、今やわからない。
その罠にかかっているのは、僕と君どっちなんだ!?

あんたを罠にはめてやる!どんな力を見せようが。
あんたを罠にはめてやる!分かるかな?
君は罠の中にいるんだよ。
あんたを罠にはめてやる!さあ、ショータイムは終盤さ
君が信じようが、信じまいが、もう誰も助けにこないよ。
君は僕の罠の中なんだから。

君は泣きを見るよ。こうなったのも全て自分次第さ。
恐くないというのなら、自分の後ろをよく見たほうがいい。
僕は君を罠にはめるんだ!

君を罠にはめるんだ。

遅かれ早かれ、世界は知るのさ
黒か白か。 最後に笑うんだ。
目に見えないもの。それが真実さ。

あんたを罠にはめてやる!どんな速さで逃げようが無駄さ。
あんたを罠にはめてやる!分かるだろう?
君は罠の中にいるんだよ。
あんたを罠にはめてやる!さあ、ショータイムの始まりだ。
君が信じようが、信じまいが、もうそこは僕の罠の中なんだよ。

泣きたいの? すでに手遅れさ。
恐れているなら、自分の後ろをよく見たほうがいい。
僕は君を罠にはめるんだ!

僕は君を罠にはめるんだ!

====================

ひーーー!!もうわかりましたよぅ!
と降参したくなるくらい「お前を罠にははめる」と迫ってくる曲。
なにもかもを奪われそうな強引さがあります。

熾烈な戦いの場で、ライバルに宣戦布告しているようにも見えるし、
何もしらないウブなお嬢さんを、遊び慣れた悪い男が陥れようとしているようにも読むことができます。

どんなサイドストーリーを設定するかはあなた次第。

「ニコニコ顔の仲良し善良グループ」だけが嵐じゃないぜ。
そんな風に、嵐君にニヤリとされたような、そんな楽曲でした。
[PR]



by 503carryon | 2014-10-24 00:14 | THE DIGITALIAN | Comments(12)
Commented by みりゅ at 2014-10-24 20:36 x
デジタリアンの解説、待ってました!笑

わ…すでにあっちの罠にはまってるのにさらにはめてくるんですね…
恐るべき嵐さん。笑
ほんとに、『嵐』の別の顔を見た気がしました。
Commented by 503carryon at 2014-10-25 22:34
みりゅさん:実際色々な顔があると思うので、TVや雑誌で「仲良し」を強要されているのを見ると、気の毒に思うこともあります。
ベテランでなんでもできる人達ですから、もっと自由でいいのにね。
Commented by sho at 2014-10-26 15:15 x
ものすごくお久しぶりなコメントになりましたが、頻繁にこちらのサイトのぞかせて頂いてました!
英語だとさらっと聞き流してしまう歌詞も、日本語にするとなかなかの衝撃ですね笑
ここまでドSに追い詰められたら、すぐにでも降参したくなってしまいそうです。。。
Commented by mie at 2014-10-27 22:12 x
おお・・・なかなかの黒さですね
はじめ聞いたときは今までになくスリリングで変わっててとっつきにくい曲だな・・・と思ってたので解説してくださったのに感謝しています

罠にかけてやる
なかなか威圧感のある言葉ですね
どうも彼らからは逃げられる気がしません

そうそう、振付を大野ちゃんがするそうですね
どんな振付になるのでしょう、楽しみです

Commented by 503carryon at 2014-10-27 23:28
shoさん:ありがとうございます。そうなんです。降参したくなりますよね。結構ねちねち攻めてくるんですよ。この歌。^^
Commented by 503carryon at 2014-10-27 23:29
mie さん:こういうストーリーのある曲は、想像力の豊かな大野君がどう料理するのかなあ。ってワクワクしますね。
おもいっきりダークな嵐をみてみたい気もします。
Commented by のん at 2014-11-23 21:18 x
新しいアルバムがでてZERO-Gよりもwonderfulよりもこの曲を解説してくださってて勝手ながら本当に嬉しかったです。
タイトルからして期待してて、聴いてみると期待以上にどハマりだった曲だったので(笑)
なかなかシングルでは聴けない黒い嵐は本当に素敵ですよね。

3.4年前ぐらいにcarryonさんのブログを知ってから新曲が出るたびにここで解説を見るのを楽しみにしています(^^)
これからも応援しています!

Commented by 503carryon at 2014-11-24 23:28
のんさん:ありがとうございます。TRAPはアレンジも面白くてはまりやすいですよね。わかりますわかります。
賛否あるアルバムのようですが、今しか出せないアルバムのようにも思います。まだ落ち着くには早いですしね。^^
Commented by sho at 2015-02-09 10:11 x
こ、こわいー!!!!!
本当に参りましたって言ってしまいたくなりますね汗
この曲は、個人的には課題とか宿題をやってるときに聴くと泣きそうになります笑
Commented by 503carryon at 2015-02-12 23:16
shoさん:そんなに迫らないで~!!という気もちにもなるけど、もっといじわるして、、、という気持にもなる。w
翻弄される歌です。^^
Commented by ふぅ at 2015-08-14 21:33 x
いつも素敵な解説ありがとうございます。
嵐さんのこの手の強気な曲も、ここ数年でずいぶんニュアンスが変わりましたね。自信満々の歌詞にも貫禄が出てきた感じ。
以前(luccky manとか)の「何が何でも上りつめるぜ!」から、「ほら宣言通りでしょ。でも俺達まだまだ上に行くよ」っていう余裕が感じられるようになったというか。
これからの嵐さんが一層楽しみになったお気に入りの1曲です。
Commented by 503carryon at 2015-09-05 00:16
ふぅさん:お返事遅れてごめんなさい。強気な宣言したわりに、デジタリアン以降なんか、まったり感があって少し心配なこの頃です。次の仕掛けが見たいなあと思っていたらアルバムのニュース。さて、次はどんな罠をもってきてくれますでしょう?楽しみですね。

嵐の歌詞を勝手に読み込みます。検索欄に曲名をいれると過去の記事がでてきます。なお現在はリクエストをお受けしていません。感想コメントはどなたでも大歓迎です。お気軽にコメントしてください。※記事の無断転載はお断りします。
by 503carryon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

A・RA・SHI
at 2017-09-15 21:05
キャラメル・ソング
at 2017-09-07 07:13
風見鶏
at 2017-09-02 00:56
DRIVE
at 2017-08-30 23:12
Oh Yeah!
at 2017-08-24 18:00
Disco Star
at 2017-08-24 15:30
ONLY LOVE
at 2017-08-23 18:00
遠くまで
at 2017-08-20 16:52
青春ブギ
at 2017-08-15 22:31
affection
at 2017-08-14 12:32

検索

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧