独断解説の嵐

Lai-Lai-Lai

Lai-Lai-Lai
作詞:SPIN、作曲:磯崎健史、編曲:ha-j・吉岡たく

2005年のアルバム「ONE」収録曲。

先週9月26日の「ミュージックステーション 3時間スペシャル」内の、嵐デビュー15周年記念企画「視聴者が選んだ嵐のMステパフォーマンスBEST10」で、オタの票を大量に獲得し2位に選ばれた曲です。
古い曲ですから、近年ファンになった方の中には「何それ」と思う曲かもしれませんね。

2005年の嵐といえば、
03年頃の人気低迷時代を経て、徐々に人気が上向きになってきた頃。
深夜枠ですが冠番組の「まごまご嵐」もスタートし、個々の仕事も増えてきた時期です。
伝説の企画(?)まごまごボート部があったのもこの年。メンバーの結束がぐっと深まった時期かもしれません。

当時は、今の人気に比べれば大分時間的余裕も、体力もあったのでしょう。練習量なのか、若さなのかわかりませんが、とにかくガシガシ休みなくたくさん踊るパフォーマンスが多かった時期でもあります。
この曲もしかり。ミュージックステーションでもパフォーマンスが披露されたのですが、ぴったり揃ったダンスをがっつりみせてくれました。今でも某動画サイトなんかに、曲名をいれると出てくる人気のダンスです。

リーダーのファイクや、ボーカルリードが多いのもこの時期の特徴。他のメンバーの歌唱力が、今ほど安定していませんので、なんとなく大野君がひっぱる楽曲が多かったようです。
本作でも、最後にソウルフルなフェイクが披露されます。

グループ結成15年周年の今、ファン達がこの古い曲を引っ張り出してきたのに、メンバー当人達も意外な表情でしたね。
不安定で自信のなさそうな時期を乗り越えて、勢いや結束力を身に着けて羽ばたきだした年。当時の嵐と、リンクする歌詞も聴きどころです。
当時のギラギラしたパワーとひた向きさは、ファンの人にも懐かしくて大切な映像だったのかもしれません。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら



===================

Lai-Lai-Lai Wow-Wow-Wow
Lai-Lai-Lai Wow-Wow Yeah
Lai-Lai-Lai Wow-Wow-Wow Yeah

無理はしない主義さ。完全に出来るまでやるんだ。俺たちは。
そう簡単には諦めないよ。

何歳になっても、その根本はたいして変わらない。
もしも、生まれ変わったとしても、僕らはこのライトの下にいるはずさ。

幻ばかりを追いかける世界。そんな風では、すぐ人気も終わってしまう。
大切なのは、揺るぎない覚悟。
この瞬間に、ありのままの心を見せられるかどうかなんだ。

さあ、一晩中踊ろう。
たくさんの涙には、理由がある。
回る、回る この星の世界の中で。
小さな夢を乗せて、悲しい気持ちを胸にしまって。
だって、ここが俺たちの信じる場所だから。そうさ、、、

Lai-Lai-Lai Wow-Wow-Wow
Lai-Lai-Lai Wow-Wow Yeah
Lai-Lai-Lai Wow-Wow-Wow Yeah

幻ばかりを追いかける世界。そんな風では、すぐ人気も終わってしまう。
行きつく先なんて、どこでもいい。
この瞬間に、ありのままの心を見せられるかどうかなんだ。

さあ、一晩中踊ろう。 
一人だけじゃない。このままじゃ終わらない。
回る、回る 毎日の中で。
ささやかな夢を歌う。寂しさは胸にしまい込んで。
だって、ここが俺たちの信じる場所だから。 そうさ。

さあ、一晩中踊ろう。
たくさんの涙には、理由がある。
回る、回る この星の世界の中で。
小さな夢を乗せて、悲しい気持ちを胸にしまって。
だって、ここに俺たちの信じた何かがあるはすだから、、、

さあ、一晩中踊ろう。 
一人だけじゃない。このままじゃ終わらない。
回る、回る 毎日の中で。
ささやかな夢を歌う。寂しさは胸にしまい込んで。
だって、ここが俺たちの信じる場所だから。 そうさ。

Lai-Lai-Lai Wow-Wow-Wow
Lai-Lai-Lai Wow-Wow Yeah
Lai-Lai-Lai Wow-Wow-Wow Yeah


======================

浮き沈みが多く、たくさんのライバルが星の数ほどいる世界。
その世界で、夢を叶えるためには、
とにかく地道に、ひたむきに踊り続けること。
諦めない。このままじゃ終わらない。
寂しさや、悲しみは胸の中にしまいこんで、ひたむきに踊るだけ。
だって、それが自分達の信じた道なのだから。

自分に言い聞かせるように、繰り返し歌われる曲です。
ショービジネスで輝くアイドルの、心の底を歌ったような歌詞が印象的です。

この3年後。彼らの信じた道に、大きなスポットがあたり、グループの人気は「国民的」といわれるまでになります。諦めないでくれてよかった。
歌詞を嵐の歴史を重ねたくなる、そんな1曲ですね。
[PR]



by 503carryon | 2014-09-28 23:35 | One | Comments(6)
Commented by at 2014-09-30 19:15 x
この間のmステのランキングに古い曲が多く入っていて嬉しくて、一人飛び上がっていました。(かく言う私は「眠らないカラダ」に投票しましたが入らず・・・残念。^^;)
今の嵐さんに懐かしのアルバム曲たちを歌って頂きたいものです。
Commented by 503carryon at 2014-10-01 00:09
彩さん:「眠らないカラダ」いいですね。渋い。「Break Dwon重さに耐えかぬ喘ぐ俺を~」の所が好きです。 「The Bubble」もいいなあ。TVに出てくるわけないけど。今の嵐に歌ってほしいですね。古い曲。
Commented by はなこ at 2014-10-02 23:17 x
先週のMステのランキング、娘と観ながら、さすが、嵐ファン、コアな所を押さえてるねと話してました\(^o^)/
きれっきれの踊りとやったるぞって、エネルギー全開でしたね(*^_^*)
Commented by 503carryon at 2014-10-04 23:21
はなこさん:あのランキングは、なかなかのオタパワーでしたね。コアすぎて逆に面白かったです。
Commented by morning at 2014-11-15 15:47 x
2005年といえば花男もありますし、少しずつ知名度が上がってきたときですよね。
ずっと前から知っていたのですが、歌詞の意味を考えたことがなくて。印象変わりました!
今の人気ぶりを見てるとさすが嵐さんですね!

恥ずかしながら、Mステで「恋はブレッキー」を初めて知りました…。コアな曲が結構あって、嵐さんたちの驚いてる顔を見るのも楽しかったですね
Commented by 503carryon at 2014-11-16 21:56
morningさん:2005年、04年あたりは結構名曲多いんですよ。ブラックテイストのものも多くてかっこいいです。ブレッキーも曲としては渋いです。おすすめ。

嵐の歌詞を勝手に読み込みます。検索欄に曲名をいれると過去の記事がでてきます。なお現在はリクエストをお受けしていません。感想コメントはどなたでも大歓迎です。お気軽にコメントしてください。※記事の無断転載はお断りします。
by 503carryon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

【受付終了】リクエスト祭り ..
at 2017-08-15 22:34
青春ブギ
at 2017-08-15 22:31
affection
at 2017-08-14 12:32
静かな夜に
at 2017-08-13 08:47
Rock this
at 2017-08-11 20:47
僕が僕のすべて
at 2017-08-11 18:48
Mr.Lonely
at 2017-08-10 17:00
時計じかけのアンブレラ
at 2017-08-09 21:56
モノクロ
at 2017-08-08 17:20
It's good to b..
at 2017-08-07 22:44

検索

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧