独断解説の嵐

COOL&SOUL

COOL&SOUL
作詞:SPIN Rap:櫻井翔
作曲:吉岡たく 編曲:吉岡たく

2006年リリースのアルバム「ARASHIC」収録曲。
06年当時の嵐の勢いを、そして、その後の大いなる活躍"嵐の第二章"の幕開けを、高らかに予言するエポックメイキング的なRAP曲。そしてその後、このアルバムツアーは、初のアジアツアーを大成功させ、凱旋コンサートを経てドームツアーに繋げました。

この歌をハッタリで終わらせず、実力で実証してみせたのは、お見事。
コンサートでも翔くんの「心して聞いてください。」との宣言の上で提示された嵐にとって大切な曲です。

色々な「いわく付」の曲でもあり、意味深なフレーズも多い曲。

曲の中腹に登場する櫻井くんの台詞。「話は4つ前のアルバムに遡る」は、セカンドアルバム「HERE WE GO」のこと。このアルバムの中に登場する「Theme of ARASHI (作詞:巖田雅之)」の中で、
  >>太陽光に被る雲 毎十秒近づくスロー
  >>世紀ミレニアム股にかけ 長い夜明けて 朝になれ
という歌詞が登場しており、本曲がその詞を引用しているので、そういう台詞になっています。
「あのころから、嵐がじわじわ拡大するのは、始まってたんだよ。」
ってニュアンスでしょうか。

こんな風に色々なしかけ満載の、メッセージソング。
しっかり、読み込まなくてはいけませんね。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら




========================
嵐はクールだ。未来を感じて突き抜ける。
嵐は情熱だ。 未来への幕が開く。
嵐はクールだ。音楽を感じ抱きしめる
嵐は魂だ。 NANANANA... それは僕らさ。

5人でパフォーマンスするのは、ヒップホップじゃなく、
真似なんかできない最先端のポップス。そうでしょ?
そして第2章の幕開け。
似せてみようとするなら、そいつはもはや、第2号。
そう、RAPのアイドルソングは、意外にも未開拓分野だった。
限りない可能性を秘めた、大物。今、再起動だ。(ヤッホー!)


よくRAPに登場するHIPPOPについては「Hip Pop Boogie」の記事をご参照ください。
「第2号」は、2番煎じと同じ意味で、「前にあった事を模倣する人」ってこと。
「似せてみようとするなら、その行為はモノマネですよ。」と言っています。

俺らに、まず、付いてきな。
運命の風向きは、こっちに向いてきた。
気づくと、顔に、ほら水滴はあたる。
強い風が、背中側から吹いてきた。

徐々に勢いを増す、嵐というグループを、徐々に迫りくる暴風雨に例えて描写しています。
「風が向く」というのは「運が向いてきた」時につかう表現。
いよいよ波に乗ってきたよ。って言っているのです。

降ってくるのは、水滴じゃなくなってゆくぞ。
最悪のケースをちゃんと考えておけよ。
手を組もうが、吹き飛ばされるほどの強風。
それは、見たことないものとの遭遇のようだ。
君とみる暴風雨さ。


前の一節のつづき。暴風雨はますます本格的。
君が見たことのない世界になることを、ちゃんと覚悟しておけよ。
と聴く人の期待を盛り上げます。

だから、俺にしがみつきなさい。
君を守り通すヤツらは曰く付きの俺達なんだ。
"嵐を探し、辺りを騒がしくさせる俺達。その凄まじい騒ぎは、まさに嵐だ。"
(ハハハ!いいぞ!いいぞ!)


これから観たことない暴風雨がやってくるから、俺らにしがみついてこい。
俺らこそが、その騒ぎの張本人だ。というニュアンスの一節です。
「曰く付き」は、「色々問題があると言われている」ということ。「遅咲き」「アイドル風情のラップ」なんて、色々言われていることを指しています。

山と風をあわせて嵐。
嵐が巻き起こると、みんな大慌て。
いま、ここに居合わせている君は、幸せ者だ。
だって、この歴史的な瞬間を、君は、後世に語れるだろう?

太古の昔から、僕らは地上の遥か上空にいたんだよ。
下界に向けて、言霊を吐き出すんだ。

アマテラスは古事記に登場する天照大神のこと。嵐の神様スサノオノミコトのお姉さんです。そんな神様が世界を操っていた頃から、すでに僕らは天界(神様の世界)にいたんだよ。という歌詞。
言霊は、霊的な不思議な力のある言葉のこと。
人間界に、言霊を吐く。といっていますから、もはや嵐は神の領域にいると言っているわけです。

もう雨が止まない。長く続いたこの夜が明けてきた。
君が、僕らを忘れがちになるなら、
毎度毎度、記憶に残るよう、記憶の種を撒いて行くよ。

そう。俺らがあくまで、正真正銘の先駆者。
そうさ、二番煎じなんて、かわいいもんだ。


タイトは、厳格な、厳密な。ということ。「パイオニア」は"開拓者"という意味の単語で、冒頭のほうの「未開拓地」を開拓する人ということ。
つまり、RAPをつかった、HIPPOPの先駆者です。と言っています。
櫻井君のアイドルラップは登場当初かなり賛否両論ありましたが、それでも、それを捨てずに、質を上げて続けてきたのが嵐というグループ。今では、それを真似するような人も出てきたけど、そんな人はもはやライバルではありません。「そんな人、相手にもならないよ。」と言っているわけ。

当時、某ジャニーズ後輩グループのメンバーが、この頃「RAPなら自分が一番」という風な発言したこともあり、この「二番煎じ」は彼を指したものだ。とする噂が多く出ました。
コンサートでも、「これが誰を指すかわかりますよね?」的な煽りが、嵐からもあったそうですから、特定のグループを指すのかもしれません。まあ、そうであっても、双方「若気の至り」ってやつ。
今の彼らなら、そういうことを作品の中でしないと思います。
ま、トップアイドルになった今となっては、どうでもいいこと。
グループのファン同士で罵り合ったりするのを、今の彼らが望まない事は、ファンの皆さんならよくわかるでしょう。ここは、そっとしておくのが、真のアラシックというものです。

あぁ、、話は4つ前のアルバムに遡るんだけどさあ、、、

日本語につづく英文の「Well, the story goes back to the 2nd album、、、」の部分も、意味は全く同じです。「ああ、話は4つ前のアルバム、セカンドアルバムに戻るんだけどね、、、」って言う意味です。

太陽光に被る雲。
嵐は、現在地じゃなく、遥か先の未来を見ている。
十秒毎にゆっくり近づく。見上げる雲の形。常にみんなの頭上にある。
2000年の世紀を股にかけ、簡単に乗り越えるには高い壁だった。
長い夜が明けて、朝になった。速い風を受けて喉が渇いた。

カラカラの喉を潤すのには、とにかく、あなた方が必要なの。
眠っている体も起き出す。
起きたらすぐに、俺達のことを欲しがるはず。
アイドルがセールス記録を奪い取る。
快速のスピードで、「マイクを持ってアイドル大国、日本」を奪い取る。
HIP POPの日々。そして日々は、HIPなポップスターのためにある。

「カラカラの喉」は比喩で、これからの大活躍に期待し、渇望している状態。
それには、ファンの皆が必要。そして、目覚めたファンもまた、嵐のことを渇望するはず。
相思相愛の嵐とファンを示唆しています。
そして、一緒にHIPPOPで日本を制覇するぞー!
と宣言してクライマックスを迎えます。

嵐はクールだ。HIPなポップ。止めるなよ。
嵐は情熱だ。 HIPなポップスターさ。
嵐はクールだ。未来を感じて突き抜ける。
嵐は魂だ。

嵐が戻ってきたぜ!


========================
ニコニコキラキラしているいつもの仲良し顔を封印し、コンサートでは、ふてぶてしく記者会見に臨むパフォーマンスが演じられました。アラフェス13で再現してくれたのも、このパフォーマンスですね。
その姿は、まさに「COOL&SOUL(冷静と情熱)」。
冷酷でギラギラとした野心を秘めた牙を見せてくれました。

なによりうれしいのは、この予言をキッチリ実現してくれたこと。このあとの人気の急成長の嵐の第2章。
そして、今日まで続く第3章の活躍は、皆さんもよくご存知のことでしょう。

人気に甘んじず、勘違いせず、冷静に。
努力を惜しまず、常に挑戦する情熱をもって。

彼らが今もかわらず、COOL&SOULでいてくれることを、うれしく思います。

※この記事は過去の記事を修正し再掲載しました。
[PR]



by 503carryon | 2014-05-29 20:30 | ARASHIC | Comments(10)
Commented by matumi at 2014-06-01 18:18 x
お久しぶりです!前までは違う名前でコメントさせていただいていました。
私はこの曲はかっこいい曲だけど、あまり好きな曲ではありませんでした。
でもアラフェス13で見て、パフォーマンスも曲も本当にかっこよくて大好きになりました。
私もこの曲みたいにクールに常に挑戦する情熱をもって、頑張りたいですね!

Commented by omu at 2014-06-01 23:14 x
若い!!歌詞が。

ちょー強気ですね。
生意気すぎてムカつくくらい。笑
今の謙虚な翔くんが嘘の様です。
Commented by 503carryon at 2014-06-01 23:22
matumiさん:最初に例の記者会見のパフォーマンスを見たとき、いつもの顔付とちがう雰囲気が、嫌いだと言った人が結構いたそうです。30代になり、ああいう演技もしっくりくるようになったかもしれませんね。アラフェス13、なかなか色っぽかったです。
Commented by 503carryon at 2014-06-01 23:25
omuさん:生意気の大風呂敷も、有言実行すれば立派な予告ホームラン。苦労人の精一杯の粋がりが、カタチになって本当によかった。^^
Commented by はなこ at 2014-06-02 21:56 x
ちょっと、時代に挑むかんじのパフォーマンスの再現、本当、やってくれますね、嵐くんたちは(*^_^*)
今後の活躍も、楽しみなグループだと、しみじみ、感じております\(^o^)/
Commented by 503carryon at 2014-06-12 00:31
はなこさん:これから、どんな大人グループになるのか、楽しみですね。
スマップ方向でもTOKIO方向でもない「そこに来たかー」っていうのが見れるといいのだけど。
Commented at 2014-09-29 00:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 503carryon at 2014-09-29 00:21
あきよしさん:通報ありがとうございます。一応、先方に記事の削除をお願いするコメントをいれましたが、反応あるかどうか、、、、
こういうのが多いと、ブログ続けるのが嫌になりますね、、、、とほほ。
Commented by りー at 2015-11-10 20:45 x
自分でも、歌詞を見ながら聞いたりして考えることがあったのですが、なかなか意味が分からないところがあって…
今回、スッキリしました。
嵐は嵐らしくという冷静な考えも含まれているけど、俺らが1番だという考えも含まれていて。
とても考えて書かれた詞だと思いました。
彼らしいです。
Commented by 503carryon at 2015-11-11 00:30
りーさん:このブログを見つけてくださってありがとうございます。更新頻度は高くないのですが、またよかったらのぞいてください。

嵐の歌詞を勝手に読み込みます。検索欄に曲名をいれると過去の記事がでてきます。なお現在はリクエストをお受けしていません。感想コメントはどなたでも大歓迎です。お気軽にコメントしてください。※記事の無断転載はお断りします。
by 503carryon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

A・RA・SHI
at 2017-09-15 21:05
キャラメル・ソング
at 2017-09-07 07:13
風見鶏
at 2017-09-02 00:56
DRIVE
at 2017-08-30 23:12
Oh Yeah!
at 2017-08-24 18:00
Disco Star
at 2017-08-24 15:30
ONLY LOVE
at 2017-08-23 18:00
遠くまで
at 2017-08-20 16:52
青春ブギ
at 2017-08-15 22:31
affection
at 2017-08-14 12:32

検索

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧