独断解説の嵐

Carry on

Carry on
作詞:村野直球 作曲・編曲:岩田雅之

2007年のアルバム「Time」収録曲。

「Carry on (困難に立ち向かっても続けてゆく)」という意味の題名がついたこの曲。
上手くいかない事があって、落ち込んだり、立ち止まってしまったりしている人を、励まし、勇気づける楽曲です。

静かに、語りかけるように始まり、感動的なユニゾンのサビに向かうメロディ。
アコースティックギターの音に彩られた美しいバラードです。

ライブでもあまり歌いませんし、TVでも歌わない地味な位置づけの曲ですが、
好きな曲としてあげる人が、結構多い。
「この曲に救われた」そんな風に語る人の多い曲でもあります。

新年度を前に不安な人。そんなあなたに聴いてほしい名曲です。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら




=====================
どんな夜でも、必ず朝はやってくる。今日が生まれてゆく。
それは、誰もまだ知らない、新しい朝。
君の日常の日々は、希望を乗せてくの?
それとも不安な気持ちだけが、運ばれていくの?

冴えない日だとしても、必ず、朝はやってきます。
生まれたての新しい日は、過去の自分をリフレッシュしてくれるはず。
満員の通勤電車は、日常の象徴。あなたの毎日は、希望にあふれている?
それとも、あなたの不安だらけ?
この曲の主人公は、「曲を聴く人」。あなた自身です。
そんなあなたに、嵐が問いかけます。

眠れないでいた訳を、教えて。
誰かに話したら、きっと楽になるから。


つらい気持ち、不安な気持ちを、自分の中しまい込むあなた。
我慢しないで、言葉にしてごらん。そっとやさしく促します。

この人生は、どこに向かってゆくのだろう?
僕らは、迷いながら、それでも明日を見上げ続けている。
自分が信用できず、自分自身を疑う弱さだけを
持ち続けて、また明日へと歩いてゆく


どんな困難なことも、いつかは終わる。
いつかは、苦難が消え、楽しい時間がやってくる。
遠い遠い夢にむかって、足がかりをつくっていく。
もし、君の進む足先に、困った事や嫌なことがあっても、
そんなときは、立ち止まったらいい。焦る必要はないよ。

ここは比喩なので、意訳しました。「雨」は困難でネガティブなものの象徴。「虹」は幸せの象徴です。苦労はすっと続くわけじゃないから、焦らないで。と語り掛けています。

君が大切にしていた夢を教えて。
頑張っている君に、もっとガンバレなんて、簡単に言ったりしないから。

この人生は、どうなってゆくのだろう?
僕らは日々に流されていく。
それでも、夢に憧れ続ける。
自分を信じる。そんな心の強さだけが、
夢の未来へ続く扉を、こじ開けてゆく力になるのさ。

前の一節にあるように、焦る必要はないけど、
夢を信じて、自分自身を信じてあげることこそが大切。
歌詞は、ゆっくり諭すように、凹んでいる人を励まします。

”どうせ、叶わない夢だってあるよ”と、もう諦めてしまうの?
目に見えない想いを感じよう。
そう、希望や願いをちゃんと感じよう。
困難があっても、続けてゆけるように。
想いを強く抱きしめて。そうさ、、、、

君の未来を見失わないで。
果てない夢を、追いかけて行こう。
困難も、嫌な気持ちも、
次の日がやってくれば、どこかに消えるよ
僕らの明日を、希望がまた照らしてくれるよ。

叶わない夢はないと、また信じてみよう。
先が見えない道でも、自分の気持ちを感じてみよう
君だけの道を、歩き続けるために。
一歩ずつでいいから、続けてゆくために。
未来は、君をまっているよ。そうさ。
歩きつづけよう。


=====================

「諦めないで、ゆっくり、少しずつ歩き続けよう。
自分を信じて行けば、大丈夫だから。」

繰り返すこのメッセージで、聴く人の背中を押してくれる曲です。
終始、語りかけるような口調の歌詞で、
その人のペースに合わせるような、励まし方です。

大切な人生の岐路に立った時。
大きな責任や仕事を任されて、自分にできるかな?と不安になる時。
物事が上手くいかず、投げ出したくなる時。

そんな風に、歩いてゆくことに自信がなくなったら、
この曲は、きっとあなたのよい相談役になってくれます。
弱ったときに聴いてみて下さい。 涙がでますよ。

大丈夫。春だからって頑張らなくていいんです。
一歩ずつ、少しずつ行きましょうね。

※この記事は過去の記事を修正し、再掲載しています。

[PR]



by 503carryon | 2014-03-21 23:28 | Time | Comments(8)
Commented by ましゅ at 2014-03-22 00:41 x
叶わぬ夢はないとまた信じてみよう
見えないものを感じよう

ってとこ大好きです。
気持ちが負けそうになったとき
いつもいつも5人の歌声に助けられます…
ブログの持ち主の方の解釈も、これからは5人の歌声とともに助けてくれそうです。
ありがとうございました。
Commented by 503carryon at 2014-03-22 22:10
ましゅさん:気持ちが負けそうな時、この歌はいいですよね。私の解釈ではなくて、きっと作詞者の意図が、みんなを助けるのだと思います。^^
Commented by もりし at 2014-03-23 15:39 x
503carryonさんのcarryonはこの歌に因んでつけられたのかな?と前から思っていましたがいかがでしょうか?
最後の「春だからって頑張らなくいいんです。一歩ずつ、少しずつ行きましょうね。」に涙が出ました。
春って昔は(若い頃は)希望がたくさん詰め込まれたピカピカした季節だと感じていたけど、いつしか、成長していく子供たちから、だんだんと取り残されている自分を実感する季節になったのかもしれません。
将来何しようと言うよりも、残りの人生を思うような年頃に、壮大な夢がある訳じゃないのですけど「希望や願いをTo carry on」だけは忘れないでいきたいです。
嵐に、こんなに力強く語りかけられて頑張らないわけにはいかないですね。
Commented by 503carryon at 2014-03-23 18:21
もりしさん:以前、当時の自分には大きな役割を頂いた時、不安でネガティブな気持ちを抱えていた自分を慰めてくれたのは、この曲です。なので、なんとなく想いのある歌なので、サイトをつくるときにその名前にしました。
大人になり、仕事でも責任が大きくなるほどに、春は憂鬱のほうが多くなってきて、嫌いな季節になってしまいました。花粉症もあるしw
これではいけませんね。素敵な春にしなくては。
Commented at 2014-03-27 00:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 503carryon at 2014-03-29 23:34
moonさん:志望校にはいれず、残念でしたね。でもきっと結果にはなにか意味があるのかもしれません。進んでいけば見えてくるものもあると思います。素敵な春を。^^
Commented by おーちゃん at 2014-04-05 17:30 x
家族が好きなので、病院の送り迎えの時、かけてましたが…。
この曲、運転しながら聴くとキケンです…涙で前が見えなくなってしまいました。

ツライことの真っ只中にいると、近い未来すら思い描けないけど。明日は来ると信じなくちゃっ! と解釈を読み、改めて感じました。
Commented by 503carryon at 2014-04-06 09:44
おーちゃんさん:そうなんです。ふいに心をわしづかみにする力のある曲で、いきなり涙でたりするw 危険な歌です。
「つらいことは永遠ではない」ってこの前人から聞きました。つらいことは、いつか終わるか、終わらないつらいことは、いつか慣れて小さなハードルに感じられる自分になるからだそうです。最中にいると、本当かな?と思うけれど、過去を振り返ると、そういうこともあった気がします。

嵐の歌詞を勝手に読み込みます。なお現在はリクエストをお受けしていません。 感想コメントはどなたでも歓迎です。 ※記事の無断転載はお断りします。
by 503carryon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

できるだけ
at 2015-11-29 23:49
三日月
at 2015-11-15 09:30
Bolero!
at 2015-11-14 19:50
イン・ザ・ルーム
at 2015-11-13 00:40
at 2015-11-11 23:23

検索

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧