独断解説の嵐

旅立ちの朝

旅立ちの朝
作詞:SPIN 作曲:Shusui、Fredrik Hult、Jonas Engstrand 編曲:ha-j

2006年のアルバム「ARASHIC」収録曲。
アルバム後半に登場する、スローバラード。本当にバラードらしいバラードで、
静かに、それでいて力強く心に訴えかけるようなメロディ。
コンサートでも、後半あたりのクールダウンタイムに歌われます。

さっきまで、ワチャワチャ騒いでいたメンバーが、すっと仮面をかぶるように
遠い目をして静かに歌いだします。

春の引越しシーズン、旅立ちのシーズンのこの時期に、思い出したい一曲です。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。

歌詞はこちら





==========================
そろそろ、行くね・・・
そう言って、大きな旅行かばんに、みんなの気持ちを詰め込むような気分で、
最後にみんなのほうへ、振り向いた。

仲間に見送られる主人公の出発シーンから始まります。
お別れの挨拶を済ませ、最後に「そろそろ行くね」と見送る人に声をかけます。

幸せはいつも、掴み取るものだよ。
君がそう言う。みんなの顔が、涙でゆれる。


「みんな」とあえて区別された「君」がでてきますので、恋人のような大切な人でしょう。
その彼女が、夢を追い幸せになろうとする主人公を応援してくれています。
みんなの顔が揺れたのは、主人公の目が涙で潤んだから。
いよいよ別れの瞬間です。

空想の世界だった夢。夢がようやく目の前に立ち上がる。
君のあの声を僕は忘れない。
進む先の夢が見えなくなっても、この決意が消えないように。
僕の未来が輝けるものになるように。
だから、みんな。一緒にいて。


比喩が多いので、意訳します。
空を飛ぶ夢は、空想の中を漂うような曖昧な想いの比喩だと思いました。それが、今明確な目標になって心の中に立ち上がっています。この夢をつかめ!そう言っている声を忘れないようにしよう。
自分に言い聞かせているシーンです。
この曲の随所にでてくる「Stay with me」は、直訳すると「私と一緒にいてくれ」ですが、ここでは一緒に旅立とうといっているわけではなく、見送るみんなの気持ちや、自分の決意に対して言っている言葉です。
僕の決意や、みんなの応援や思い出が進んでゆく勇気になるから、僕の心の中で見守っていてくれ。という意味だと思います。

ベンチに一人座って、時刻表を見る。
まだまだ目指す街の気配は遠い。

皆と別れ、目的地に向かう主人公の姿。一人で他の街を目指します。

いつか、またみんなとめぐり逢う時に、
僕は、みんなに胸を張って、言えるかなあ。「今が一番幸せだよ」って。

失敗だらけの毎日になっても、そんな日々を愛していけるように、
力いっぱい夢を追いかけるよ。輝いた自分になれるように。
だから、みんな。側にいて。

幸せはいつも、自分で掴み取るもの。
胸を張って言えるようになるかな。自分のいる場所が一番幸せだって。

空想の世界だった夢。夢がようやく目の前に立ち上がる。
君のあの声を僕は忘れない。
進む先の夢が見えなくなっても、この決意が消えないように。
僕の未来が輝けるものになるように。
だから、みんな。一緒にいて。

「さあ、、、そろそろ行くね。」
僕は、未来へ歩き出す。

今、決意を胸に、主人公は未来へのスタートを切りました。
==========================
友達や恋人の応援を受け
夢を目指して一人で旅立つ人の姿を描いています。

小さな不安や、これから先の未来への期待。
一人ぼっちで佇み、自身の気持ちがぶれないように、
一生懸命気持ちを反芻している姿が丁寧に描かれています。

「春は出逢いと別れの季節」と言いますが、3月のこの季節は、
卒業式、転勤辞令、引越しなんかも多いですから、
まさに別れのトップシーズン。

そういう境遇の方は、
さみしい気持ち、不安な気持ちですよね。

でも、4月になれば、慌しく、新鮮で、冒険に満ちた毎日がやってきます。
くよくよ、うじうじしている暇なんてないくらい、慌ただしくでテンパる毎日です。

だから今は、落ち込まないで、
この主人公のように、毅然とスタート台に立ちましょう。

大切な人の送り出してくれた笑顔や涙も、
あなたを応援してくれる嵐くんの歌声も、
いつも、あなたと共にいますから。
[PR]



by 503carryon | 2014-03-16 22:18 | ARASHIC | Comments(4)
Commented by ましゅ at 2014-03-19 15:46 x
明日は卒業式です。
登校するのは今日が最後でした。
中学を卒業したら、小学校とは違いみんな本当にバラバラになってしまいます。
なんだかとても悲しくなりました(・・;)
小学校より期間は短いのに、小学校より悲しくなるのはなぜでしょう?笑
不思議です…笑

なんか、変なこと書いてしまってすいませんでした笑
Commented by Ryo at 2014-03-19 17:31 x
はじめまして。急にコメント失礼します。
たまたまこのサイト様を見つけたのですが、なんというか…言葉にうまく出来ないのですが、凄いです。
私はいつからか、楽曲を聴くとその楽曲の情景(イメージ)やものがたりがくっきりと脳裏に浮かぶようになっていました。
それが作者様の楽曲の解釈と、とても一致するのです。
そして、わたしのイメージにくっきりとした輪郭と感情を与えて下さいました。
所々の違いはあるのですが、本当に驚いていてもたってもいられず、コメントさせていただきました。
これからの更新、楽しみにしています。
また、お邪魔します^ ^
Commented by 503carryon at 2014-03-19 22:10
ましゅさん:ご卒業おめでとうございます!小学校より悲しくなるのは、高校のほうが皆バラバラになるからですね。少し大人になった分、寂しい気持ちや悲しい気持ちもより複雑な想いになるでしょうし。 でも高校もきっと楽しい思い出ばかりができます。素敵な春になるといいですね。
Commented by 503carryon at 2014-03-19 22:12
Ryoさん:はじめまして。見つけて頂きうれしいです。わかりますよ。歌詞やメロディを聴くと、映像のようなものが頭に浮かびますよね。歌詞の中にもちょっとした秘密が含まれてたりして、聴きこむとおもしろいです。
時々、更新するので、またよかったらのぞきに来てください。

嵐の歌詞を勝手に読み込みます。なお現在はリクエストをお受けしていません。 感想コメントはどなたでも歓迎です。 ※記事の無断転載はお断りします。
by 503carryon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

できるだけ
at 2015-11-29 23:49
三日月
at 2015-11-15 09:30
Bolero!
at 2015-11-14 19:50
イン・ザ・ルーム
at 2015-11-13 00:40
at 2015-11-11 23:23

検索

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧