独断解説の嵐

きっと大丈夫

きっと大丈夫
作詞/SPIN  RAP詞/櫻井翔  作曲/shinnosuke  ※「C1000×嵐」CMソング

2006年のシングル。
コンサートやTV番組でも長く歌われてきた曲ですし、ヒットもしましたので、ファンでない人も耳にしたことがあるかもしれませんね。

華やかなホーンセッションに彩られた、元気で勢いのあるアレンジの音。
「はじけるような笑顔」とはこういうことを言うのだろうな。
そんな風にニコニコ、ぴょんぴょん踊りながら歌う嵐をみると、なんだか「きっと、大丈夫」って思えてきます。

他のグループにはない”わちゃわちゃ感”。
ふざけながらも、どこかに品を残す好青年感。嵐ならではのテイストが曲の雰囲気にもよくマッチしています。
どこかスマートになりきれず、ワイワイしながら人生を進むようなストーリーが、聴く人を元気にしてくれます。

調子の出ないとき、上手くいかない時にこそ聴きたい、カンフル剤のような楽曲です。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら




==============================
僕がドライブをしていたその夜のこと。 
気づけばまだ、確かに、ほら、空がたそがれている。
光がないわけじゃないなら、まだ、泣いてはだめだよ。
どうしたいの?話してみて。 そうそう、、、
愛ある週末はきっとくる。 うんうん、、
月曜日から、日曜日まで、毎日毎日
すごーくラッキーな僕の人生の話をしよう。

「光」は”希望”のようなもの。まだ望みがあるなら、泣いてる場合じゃないよ。ってことです。
”Weekend gonna make luv”は、「週末はきっと愛を得られるはず」というフレーズ。ただ、この曲は恋愛の歌ではないので、この場合の愛は「人のやさしさ」というようなものだと思います。
今がだめでも、少ししたら、いいことあるよ。 というくらいのニュアンスだと思いました。

ラッキーラッキー ベイビー! 仕事は終わりだ、波に乗っていこう!
なかなかベイビー!今日は楽しい!(朝までさわごう!)
いけいけ!ベイビー! 気持は80%
そういうのって、いいじゃない! わるくない! これは愛じゃない?

”ラキラキ”は、lucky lucky。 ”シャカシャカ”は、shake up×2。
shake upは「奮い立たせる」という熟語ですから、上記のように訳してみました。
気持が8分目というのは、あとに続く歌詞から考えると、「力をいれすぎず、がんばっているテンション」ということみたいです。

青春の記憶が心に蘇ったら、そこには、君が笑ってる。
若かった頃の、過去は、記憶の波間にキラキラと消えてゆく

いつも同じ仲間で、語り合ったこの場所に、今いるよ。
『バイバイ・・・』
この景色を心に焼き付けて、明日へ踏み出そう。


青春時代の思い出の場所に立ち、元気をもらい、
新たな決意をもって、未来に進む主人公の姿のようです。

ラッキーラッキーベイべー!
勉強も終わりだ、波に乗っていこう!
なかなかベイビー、今日も楽しい!(朝まで乗っていこう!)
どんどんいこう! 近所のお祭りも、いいじゃない!わるくない!愛じゃない!

唐突に出てくる「近所のお祭り」は、日常感の象徴。
海外旅行をしたり、豪華なディナーなんかいかなくても、たとえ近所のお祭りのような、こじんまりした日常的なイベントでも、楽しめるじゃないか→ 毎日の中に楽しい気持は転がっているよ。というニュアンスでしょうか?

社会は甘くない。なめていたら、すぐにボロがでる。
当たり前のことが出来ていない。
簡単な事でも、わかったふりで知ったかぶるのはもうやめよう。


この曲の彼の面白いところは、「勢いばっかりのノー天気君」ではないところ。過去の友達を感傷的に思い出したり、地道にしっかりやっていこう。と反省したり、結構まじめで、誠実な人主人公なんです。
人生、楽しい事ばっかりじゃないし、本当はそんなにラキラキでもない。でも、しっかり楽しんで進もう。というメッセージが、リアルに聴く人に響くのかもしれません。

あの日、君とみた夢を、無くさないできた。諦めないできたんだ。
(大丈夫!)何度失敗しても、また、最初からやり直せばいいさ。

ラッキーラッキーベイベー!
真面目が僕のいいところ。波に乗っていこう!
なかなかベイビー! 評判急上昇!(空まで!)
いこういこうベイビー! けじめが肝心。と言うけれど、
そういうのって、いいじゃない!悪くない!愛じゃない?

ラッキーラッキーベイベー!
事件は現場で起きてるんだ!波に乗っていこう!
なかなかベイビー! 今日は楽しい!(朝までいこう!)
ドキドキベイビー! 恋愛修行中
そういうのって、いいじゃない!悪くない!恋じゃない?


有名な「踊る大捜査線」の青島刑事のセリフの引用。この場合の”事件”はこの一節の最後だけに登場する「恋」のこと。仕事も充実して波に乗った毎日。ここで突然新しい恋に遭遇します。
さすがに、なれない事件ですから、シャカシャカとはいかず、ドキドキベイブなわけ。恋愛は、一生懸命修行中。でも、そういうのっていいよね。 楽しんでいる主人公の姿がほほえましい一節です。

(RAP詞)
『おい、今日はどうなの?』って、
先輩がやけにご丁寧に、コンパに誘いに来たよ。
まあ、誘ってるんじゃなくて、ほぼ『来いよな。』って命令だけど。
”ワタシ、身なりをお手入れしていかなきゃ”(だって、レディが来るんだもの)
ラッキーデーを経て、また新しい世界。『んん~最高!』
例えば、席替えしてみたりして。
ウキウキ ウキウキ ずっと ウキウキ!!

ユーモアたっぷりの一節です。 恋愛修行中にもかかわらず、先輩から誘われたコンパにも行っちゃいます。
ムリヤリ誘われたようなことを言っていますが、結構、本人もノリノリの描写。
「ワタシ身なり、、、、」のくだりは、女性セリフですが、カタカナ表記のところをみると、ふざけているニュアンスのようなので、主人公のセリフとして、「だって、lady」とセットで訳しました。

”It’s delight” は直訳すれば「それは、歓喜」 最高の喜びだ。とつぶやいているわけ。
”wicked” は俗語で「最高・すばらしい」という単語ですが、日本語でもつかわれる「ウキウキ」の語源。心が弾むような気分の主人公。 コンパですっかり調子に乗ってる場面です。

いつも同じ仲間で、語り合ったこの場所に、今いるよ。
『バイバイ・・・』
この景色を心に焼き付けて、明日へ踏み出そう。
きっと大丈夫。


前半にでてきたフレーズの繰り返し。 繰り替えすことで、いろいろな事があっても、浮かれる夜の後でも、いつも心は同じ場所に戻って、気持を引き締めている主人公の姿が伺えます。
「昔の仲間との語らい」は、彼にとってとても重要で、心のよりどころのような場所なのだと思います。

人生、回り道もたまには、悪くない! 
小さなことで、悩んでいられない!
力抜いて、休む時があったって、いいじゃない!もう一度歌おう!


この主人公の魅力的なところは、仕事も、恋愛も、遊びも、バランスよく緩急をもって人生楽しんでいるところ。力抜く日も、遠回りする日も、肯定して、人生を謳歌しましょう!というメッセージです。

(さあ、サビに戻りましょう!)
窓を開ければ、明日の空も晴れるはず。
今日も楽しんで暮らせば、必ずきっとそれが、君の糧になる。
いつも焦っていたあの頃の僕に、今会えるのなら、
想いを大きな声で伝えるよ
『夢は、でっかく、こう描くんだぜ』ってね


ラッキーラッキー ベイビー! 仕事は終わりだ、波に乗っていこう!
なかなかベイビー!今日は楽しい!(朝までさわごう!)
いけいけ!ベイビー! 気持は80%
そういうのって、いいじゃない! わるくない! これは愛じゃない?

ラッキーラッキーベイべー!
勉強も終わりだ、波に乗っていこう!
なかなかベイビー、今日も楽しい!(朝まで乗っていこう!)
どんどんいこう! 近所のお祭りも、いいじゃない!わるくない!愛じゃない!


1つ前のフレーズ「回り道も~」で、曲のリズムも、メロディも変化していましたので、”Let’s get back to the hook”で、元の曲にもどるよ!と掛け声をかけています。”the hook”は、曲のメインフレーズのこと。これは、単に曲調のことだけじゃなく、曲の主題のこともさしています。
「じゃあ、この曲で言いたかったことに戻るよ!」ってかんじ。
翔君のラップで、最後に歌詞の総まとめをしてくれているんですね。 

「窓を開ければ、明日の空も晴れる」は比喩で、「心をオープンにすれば、明日も楽しい日になるよ」という意味。そういう積み重ねが、自分の人生の肥やしになるよ。 という説明です。
そして、この主人公も昔から、そんな人生だったわけではなく、「過去のあの日の僕」は悩み焦ったらしい。今だから、いえるようになったよ。と結んでいます。

==============================
がんばって、精一杯楽しんで生きる。
今風に言えば、「リア充」ってやつですね。
低迷時代から、抜け出して人気が急上昇中の当時の嵐から、今悩んでいる人たちへのエールの歌かもしれません。
いつの時代にも、誰の人生にもあてはまる応援歌。

いろいろあるけど「きっと大丈夫。人生楽しもうぜ。」
茶目っ気たっぷりに歌うから、説教くさくないのもいいですね。

受験生。緊張してますか?
サラリーマン。そろろろ組織替えや辞令がでますか?
良いことばかりじゃなくても、心がわさわさしても。
長い人生です。愚鈍に進めば、その先にはいいこともあります。
きっと大丈夫。って嵐も言ってますから。

※この記事は過去の記事を修正し、再掲載しています。
[PR]



by 503carryon | 2014-02-02 20:15 | シングル | Comments(8)
Commented by もりし at 2014-02-04 23:20 x
ノリが良いので雰囲気で好きな曲でしたけど、意味がわかってもっと好きになりました。「近所のお祭り」とか「ワタシ身なり~Lady」の部分は自分ではよく分からずスルーしてたので、解説読んで納得!でした。
歌詞を読むって推理力が必要なんですね。しかも一部分だけじゃなくて、歌詞全体の言わんとするところを読み解くんですね。勉強になります。正直、「きっと大丈夫」の歌詞でこんなに「へぇ~」って思うとは思わなかったのですっごく面白かったです。
Commented by 503carryon at 2014-02-05 00:08
もりしさん:いい歌でしょう?明るいだけじゃないんですよね。推理があっているかどうかは、甚だ怪しいですけども、こういう読み方もあるかもね。というのを紹介しています。 そのきっかけて、色々な曲を思い出してもらえるとうれしいです。
Commented by 梨香 at 2014-02-05 12:33 x
初めまして。
いつも楽しく拝読しています、梨香(りか)と申します^^
「きっと大丈夫」は、歌詞もメロディーも好きなのでよく聴いています。歌詞の内容も理解していたつもりなんですけど細かいところはうやむやにしたままだったので、「なるほど!」って思いました!やっぱりいい曲ですね。
私はメロディーより歌詞に惚れるタイプなのですが、まだまだファン歴が浅くて知らない曲だらけで・・・。なのでいつも、記事を楽しみにしています^^
これからも、よろしくおねがいいしますm(_ _)m
Commented by 503carryon at 2014-02-05 23:44
梨香さん:はじめまして。RAPのあたりが結構かわいいでしょう?ディテールまで楽しい曲ですよね。嵐は結成当時「音楽で売り出す」というコンセプトだったので、昔の曲がけっこうかっこいいんですよ。今度聴いてみてください。^^
Commented by おーちゃん at 2014-02-08 02:28 x
世間は甘くない なめてたら すぐにボロが出る♪ のフレーズ。
歌詞にもメリハリがあったんですね。

この曲、メロディーも展開があって、良いと感じてました。
歌詞を重ねて、きちんと聴いてみると、さらに深みが増して、楽しいです(*^o^*)
Commented by 503carryon at 2014-02-08 13:24
おーちゃんさん:結構深い歌詞なんですよ。ふざけてても、生真面目で、わちゃわちゃしてても実プロとして計算してたりして。なんだか、とっても嵐らしい歌な気がします。
Commented by なりこ at 2014-02-09 13:37 x
ちょっと不安になったとき、いつも大チャンの「きっと大丈夫~♪」のフレーズに勇気貰ってます!あんな明るくて楽しい歌なのに、解説読んでたら泣きそうになりました。改めて聴きなおすと、ぐっと来る応援歌ですね!!
Commented by 503carryon at 2014-02-09 21:35
なりこさん:人生を重ねるほどに、この曲の言いたいことが身に染みるかもしれません。がんばっている人ほど、共感できる曲かもしれませんね。
ちゃんと目の前のことをしてたら、きっと大丈夫。そういう歌ですね。

嵐の歌詞を勝手に読み込みます。なお現在はリクエストをお受けしていません。 感想コメントはどなたでも歓迎です。 ※記事の無断転載はお断りします。
by 503carryon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

できるだけ
at 2015-11-29 23:49
三日月
at 2015-11-15 09:30
Bolero!
at 2015-11-14 19:50
イン・ザ・ルーム
at 2015-11-13 00:40
at 2015-11-11 23:23

検索

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧