独断解説の嵐

Anti Anti

Anti Anti

この曲はアルバム未収録。櫻井くんのソロ曲です。
04年の『いざッ、Now』の夏のコンサートで発表され、
08年のARASHI AROUND ASIA+inDOMEのDVDにも入っています。
発表当初は「Unti Unti」というタイトルでしたが、スペルミスがあとで発覚。08年に、表記が変わっています。

「アンチ」。いわゆる「反対者」のこと。
批判的な意見をもっている人ということです。
ジャニーズに対し、嵐に対し、そして櫻井君のラップに対し、批判的な人。
そんなアンチ達に挑戦的なメッセージをたたきつける曲です。
アンチに対して、アンチな態度をとっているわけ。

おそらく、今の彼なら書かないであろう、ストレートな反論。
近年の曲では、相手を「Anti(批判者)」とせず「外野(自分のテリトリー外の関係ない人)」とだけ表現することからも、彼の中でこの種の怒りが自己完結されているのがわかります。
もうコンサートでも聞かせてもらえない「幻の曲」かもしれません。

今では櫻井君が嵐の曲の中でラップを詠うことに、文句を言う人はいませんね。
いわゆる正統派のHIPHOPのRAPではないけれど、ちゃんと彼独自のRAPとして世間に認められています。

実際、結果も残している現在。
そこには、この頃のような「悔しさ」や「怒り」は、
もう、みじんもないはずですね。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。

歌詞はこちら




=======================
(嵐?いや、興味ないすね。
ジャニーズでHip‐hopって言うのもねぇ)
ならアイドルがどれほどか見せてやるよ!

曲はアンチの人の批判のセリフで始まります。
ジャニーズのくせに、ラップの真似事なんてしやがって。
そんな風に、櫻井君を揶揄した人が当時いたみたいですね。
そんな彼らに、曲で挑戦する姿勢で、曲がはじまります。

また1つ階段を登る。鳥が羽ばたくように、その先へ。
川の流れに逆らって、人ごみを分けて進む。
この想いはもう、末期症状。
きちんと一輪の花を咲かせる。
真っ白いキャンバスに、、大きく花を描く


比喩の多いフレーズなので、意訳します。
1歩1歩上のステージに進んでゆく嵐。
時代に流されるのではなく、強い想いをもって進んでゆく姿。
もう、末期症状といえるくらい、我慢の限界のようです。もっと羽ばたく寸前でじりじりしている感じなんだろうか?
「花」は成果のようなもの。きちんと結果をだして、真っ白な未来にも、大きな夢を描いているよ。と期待に満ちた未来を暗示しています。

まだ回り続ける地球には、まだ変わり続ける街並みがある。
もう、止まらない俺ら(最速のスピードで、記録を奪い取る)
空高く飛んでゆく。
(アイドルが、どれほどのものか、見せてやるよ!)

俺は行くよ!お前はただ待ってろ。
俺はこの道を走らなくちゃいけないんだ。
まだ終わっちゃいない。
俺は走らなくちゃいけない。俺の進むべき道を。
その時まで、その先まで

ああ、、もう、いいよ。外野は黙ってなよ。
そのあたりの、飲み屋で、自分の流儀を語っていればいい。
まるで足りないよ。世の中の動きをキャッチする力がさ。
君らが良いと思ってるその意見は、まったく明後日の方向の意見だよ。
君らは、どのくらい女の子をゲットできたの??
俺には、これだけのファンがいるぜ。
たかが、アイドル。
君らが馬鹿にするそのアイドル風情が、今、王座を奪い取る。
最速で、奪い取る


アイドル稼業は、実は「時代を読んで、求められているからやってんだぜ」というメッセージ。
自分のこだわりだけで、時代感のないことをするのなら、勝手にやればいい。
だけと、結果がでてるのは、どっちなの?
そういうニュアンスで、アンチを煽っているセリフです。

俺は行くよ!お前はただ待ってろ。
俺はこの道を走らなくちゃいけないんだ。
まだ終わっちゃいない。
俺は走らなくちゃいけない。俺の進むべき道を。
わかる必要なんかないよ。
俺にとっては、当たり前なこと。
止まる必要なんかない。
俺は探したいだけさ。
その時まで、その先まで


=======================
この曲は、櫻井くんが、大学を卒業して、肩書きを「嵐」だけにした直後くらいにリリースされました。
そう思うと、どんな批判があっても
「I must run on the way.(俺はこの道を走らないといけない)」
と、自分にも言い聞かせる必要があったのかもしれません。

しかしリリース当時、嵐はけして成功者といえる成績ではありませんでした。
デビュー当時の勢いが止まり、バラエティでも体を張ることが増えてきて、コンサートではチケットがあまる状態。
弱冠22歳の若者は、自分の選んだ人生の中で、きっと日々不安な気持ちで、批判を受け止めていたのだろうと思います。

そして、そのまま、曲の最後。
Antiに当てたメッセージというより、まるで自分自身に言っているかのような
「覚悟」のような歌詞が続きます。

でも、いま彼は、当時目指していた「その時」に立っているし、
「その先」を目指して今もなお、進めていますね。

Mステで、過去映像を振り返っているコーナーがありました。
やはり人気が大きくなるにつれ、自信ある堂々とした表情に変わってゆくメンバーが印象的でした。人間の努力、そして成長する姿って、すごいなあ。って思いました。

うーーん!!これぞ、有言実行。
しっかりタイトルを奪った、大卒アイドル。ここにありです。

※この記事は、過去の記事を修正し、再掲載しました。
[PR]



by 503carryon | 2013-12-02 21:40 | その他 | Comments(12)
Commented by omu at 2013-12-03 05:13 x
タイトルは聞いたことあったんですけどこんな意味だったなんて知りませんでした!!

すごく強気な歌ですね。若い!!笑

今じゃ優しい歌をよく歌っている櫻井くんだけど、若いときはこんな上からっていうか強気な歌歌ってたんですね~。
Commented by 七瀬 at 2013-12-03 22:25 x
初コメントです(^-^)503carryonさんの解説が大好きで、最初そこまで好きではなく、ついとばしてしまっていた曲でも解説を読んだことで大好きな曲になります!
櫻井くんの野太い?力強い歌い方が印象的な歌ですね。最近は爽やかな声とエロい声しか聞けないので(笑)
アンチへのメッセージではなく、自分への覚悟を歌っていたのですね!ますます櫻井くんのファンになってしまいました!
Commented by 503carryon at 2013-12-03 22:55
omuさん:強気でいないといられなかった、という頃なのかもしれませんよね。成功してよかった。本当にそうおもいます。
Commented by 503carryon at 2013-12-03 22:57
七瀬さん:聴くと地味だけど、歌詞がドラマチックだったり、明るい曲なのに実は人生の深い部分を語ってたり。歌詞って不思議ですよね。
ゆっくり歌詞をみることで、聞こえ方も変わってきます。それで嫌いになる曲は少ないけど、好きになることは多いと思うので、そんなきっかけになればいいなあと思います。^^
Commented by もりし at 2013-12-04 16:52 x
実を言うと、私自身がかつて「アイドルなんて」って思ってた側の人間なので、この歌を聴くと少し心苦しい。嵐の事を知るにつけ、彼らがどれほど、自分たちの置かれている立場、変わっていく状況を客観的に捉え、ファンと共にこれからも進んでいく覚悟でいてくれるかが分かり「もう、本当にごめんなさい。アイドルがどれほどのものか見せてもらってます!」としか言えないです。若者の清々しい決意表明の歌ですね。
Commented by 503carryon at 2013-12-05 22:05
もりしさん:ああ、わかります。私も「ジャニーズのどこがいいんだろう?」って結構大人になってからも思ってました。それが、あれよあれよという間にこんなになってしまった。「もう、本当にごめんなさい。アイドルがどれほどのものか見せてもらってます!」です。まさに。
Commented by おーちゃん at 2013-12-08 00:59 x
たしかに、若い時に、誰かに何か言われると「周りはみんな敵!」って思ってしまいます。誰を信じて生きて行けば良いのか…とか。
でも、そんな気持ちを払いのけて、自分に言い聞かせるように「見せてやるっ!」ていう決意表明。すごくパワーのいることだったでしょうね。
歳を重ね、山を乗り越えると、次には更に大きな山が待ち構え。そんな百戦練磨の毎日があったから、敵対者を外野と考える余裕が生まれてきたのでしょうね。
解釈読ませていただく中で、そんな風に感じました。
Commented by 503carryon at 2013-12-08 15:43
おーちゃんさん:周りが敵にみえたり、信じるものがみえなくてイラつくのは、自分を信じることができず、不安だからなんでしょうね。それが若さかもしれない。キャリアが積まれれば、そんな不安もへるから、他人と自分を比べることも無意味になっていくのかもしれません。
この歌と今の嵐を見比べると、教えてもらうことが多い気がします。
Commented at 2015-01-21 01:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 503carryon at 2015-01-21 06:27
あいあいさん:情報ありがとうございます。アメブロでは書いていません。たぶん無断転載の人なんだと思います。
悲しいですね。
差支えなければ、先方のアドレス教えてください。
Commented at 2015-01-21 07:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 503carryon at 2015-01-21 23:51
あいあいさん:ありがとうございました。確かに、複数の記事がたくさん転載されていますね。悲しい。。。
一応、相手にメッセージ送りましたけど、どうなることか。
こういうのをみると、続けてゆくのが嫌になってしまうなあ、、、

嵐の歌詞を勝手に読み込みます。なお現在はリクエストをお受けしていません。 感想コメントはどなたでも歓迎です。 ※記事の無断転載はお断りします。
by 503carryon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

できるだけ
at 2015-11-29 23:49
三日月
at 2015-11-15 09:30
Bolero!
at 2015-11-14 19:50
イン・ザ・ルーム
at 2015-11-13 00:40
at 2015-11-11 23:23

検索

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧