独断解説の嵐

truth

truth
作詞/HYDRANT  作曲/HYDRANT ※TBS系ドラマ「魔王」主題歌

2008年に発表された、23作目のシングル。
両A面シングルで「truth/風の向こうへ」でリリースされました。多くの賞やタイトルを獲ったヒット曲で、大野君主演のドラマ「魔王」の主題歌です。

ドラマのシナリオに合わせて作られた歌詞で、
ストーリー中のキーワードが散りばめられています。
(ドラマの核心のネタバレはしないように書いていますが、多少ドラマの内容にも触れますので、嫌な方はmore以下は開かないでください)

とある事件をきっかけに、復讐の人生を歩むことになった主人公の心象風景で綴られる話。荒涼とした心の中にある、小さな希望。苦悩の中、自身の復讐心と良心の間で揺れ動く姿が、歌詞で語られます。

主語や、目的格(動詞などの対象となる相手)が不明瞭なので、いろいろな意味に解釈できる箇所が多く、難解な歌詞です。なので、以降はあくまで「こういう見方もあるよね」という1例として考えてください。
本来は、何通りにも解釈できると思います。

では、歌詞の世界をのぞいてみましょう。
歌詞はこちら



==============================
ゆらりと揺れる光がひとつ。この痛みが癒されることなく、消えてゆく。
(僕は、永遠に君の人生を奪う。 君は、永遠に僕の人生を奪う。)
ひらりと落ちる涙がひとつ。その人の思いは届くことなく消えてゆく。
(僕は、永遠に君の人生を奪う。 君は、永遠に僕の人生を奪う。)


いきなりですが、人の命を奪っているようなシーン。復讐の計画のもとに、何人もの人の命を奪ってゆくストーリーを想像しながら見て行きましょう。

あっけなく目の前で消えてゆく命の光をみても、自分の胸の痛みは癒されずにいる状態。
冷酷でありながら、淋しげな主人公の登場です。
自分の人生から奪われてしまった幸福な日々。同じように、憎い相手から人生のすべてを奪うと、宣言しています。

止める事ができない時間の中に、潜んでいる
(こぼれてしまいそうな涙のあと、、、凍えそうな涙の色)
愛はきっと降り注ぐ雨のように、流れては消えてゆく。

戻る事のできない、過去の記憶の中をめぐる
(こぼれてしまった涙のあと、凍えそうな涙の色)

すべてを奪われた、この世界の果てに、、、


自分でも止めたいし、悲しくて涙がでそうな事(復讐)なのに、止められない。そんな時間の中では、人から愛され、愛する気持も、雨粒のように流れて行くばかり。主人公の本音の独白です。したくてしている復讐ではないようです。そして、「自分のすべてを奪われた、この世界の先にあるものは、、、、 」と、次の歌詞に続きます。

そこには、悲しみしかない。
たとえ、どんな結末になっても、心というのは謎めいていて、どうしたらいいのかわからない。まるで、闇のように暗く迫る真実だけがそこにある。
たとえ、どんな世界を思い描いても、僕には未来が見えない。
あなたは、まるで汚れを知らない百合のようだ。
僕の願いは、そのまま透明なままでいて、、、それだけだ。


前の節にを受けて、「すべて奪われた自分の世界には、悲しみしかない」と、心の荒涼を描いています。しかも、その悲しみの世界は、ただ闇に包まれて、自分でもどうしたらいいかわからない。幸せな未来も自分には描けない。と続きます。
主人公には、ただひとつ汚さずに大切にしたい人がありますが、それはけして、自分とともにあるものではなく、自分とは関係ないところで、そのままでいて欲しい。という悲しい願いが語られています。
ドラマで、百合の花とともに登場する女性がいますが、その人を「百合」に例えているのですね。

白く染まるゆりの花に独り誓う。何も変わる事はないんだと。
(僕は、永遠に君の人生を奪う。 君は、永遠に僕の人生を奪う。)

大切な人を目の前にして、良心に傾きそうになる自分を、いさめているシーン。
百合の花をみて、「いやいや、自分の世界は何も変わらない。悲しみだけの世界だ」と復讐の誓いを思い返す姿です。
”I take your life forever. you take my life”は、曲中に何度も繰り返し出てきます。何度も自分に言い聞かせている様子を、同じフレーズの繰り返しで演出しているのだと思います。

届かない声に残るあなたの愛は、そっと吹き抜ける風のようだ。
(こぼれ落ちた涙のあと。 隠し切れない2つの僕の顔)
終わりのない夜に、独り眠る。傷ついたままの夢、心に残る痛み
(こぼれ落ちた涙のあと。 隠し切れない2つの僕の顔)

冷徹な復讐鬼でありながら、愛を求めてしまう自分。人を愛して優しく接しながらも、心にいつもある復讐。2つの心の顔のなかで、苦しむ姿です。
愛の世界に引きとめようとする彼女の声は、自分には届かない。傷つけられた夢の世界は変わらず、心痛が消えることもありません。
 
そこには、悲しみがあるだけ。
たとえ、わずかな希望が生まれても、悲しい想いが繰り返される。
まるで嘘のように消された真実が、僕を復讐に走らせる。
たとえ、最後の蝶が羽を開いたとしても、運命はもう変えられない。
百合の花は、儚げにそこにあるけれど、僕の心の痛みは癒されない。
これが夢なら、彼女を愛したまま、そのままでいたい。


主人公の心の中の描写です。「光」や「羽」は愛に満ちた世界に導く、希望の象徴のようですが、そんなものがあったとしても、自分はここ(悲しい心の世界)からは、逃れられない。という意味。
心の中にある愛する人との未来は、儚く消えてゆきそうな、かすかな愛でしかないのです。

==============================

ドラマの主人公は、復讐鬼とやさしい彼の2つの顔のまま暮らしています。
表にはその片鱗をみせずに、一見平然と暮らしています。 けれど、心の中には、こんな迷いや苦悩があった。という歌詞。
ドラマのサイドストーリーとして、彼の苦しい胸の内を主題歌で説明しているわけですね。

物悲しい、弦楽器のストリングスで始まる曲。
非常に音階の高低も激しく、運命に揺れ動き、苦しみぬく姿を曲と激しいダンスで表現する名曲です。
笑顔を封印した嵐君の冷たい表情も印象的ですね。

どうすることもできない深い悲しみ。
描くことのできない、明るい未来や愛。
この曲の主人公は、嵐至上最も憐れな人物だと思います。

※この記事は、過去の記事を修正し再掲載しています。
[PR]



by 503carryon | 2013-11-30 22:58 | シングル | Comments(10)
Commented by なりこ at 2013-12-01 17:13 x
はじめまして!大野担の高3です(´・∀・`)
実はリニューアルされる前から拝見させていただいてました☆
どの解説も分かりやすくて、503carryonさんの想像力に
毎回感激してました(*^.^*)
何度かコメントしようと思ったことがあるのですが、なかなかできず・・・
そんな中、わたしの一番のお気に入り曲「truth」の解説がっ!
成瀬さんの心の葛藤がとっても伝わってきて、もうチキン肌立ちまくりで(もちろんいい意味で)ついに初コメントしてしまいました><
今、受験まっさかりなので、なかなかコメントできませんが、
これからも楽しみにしてます(。・ω・。)!

長くなってしまってすみません。
Commented by ふる at 2013-12-01 17:46 x
「魔王」は私が初めて大野くんの存在を知ったドラマです。
W主演の生田くん目当てで見始めたのに、いつのまにか大野さん扮する成瀬さんに釘付けになってました。
ドラマを見て、この曲の歌声を聴いて「なんだこの人は!?」と思った衝撃は今でも忘れていません。

アラフェスでも2年連続3位(1、2位は新曲なので実質1位ですよね←)の人気曲ですが、扱うテーマが重すぎるからかなかなかTVの披露がないんですよねー^_^; 贔屓目抜いても素晴らしい曲だからこそ惜しい…!
truth取り上げてくださってありがとうございました!
Commented by 503carryon at 2013-12-01 20:11
なりこさん:コメントで感想を頂くことは、うれしいことですから、どなたでも大歓迎です。お気軽にどうぞ。受験正ということは、これから大変な時期になると思いますが、嵐の応援ソングを味方に頑張ってください!
Commented by 503carryon at 2013-12-01 20:17
ふるさん:ちょっと暗い歌なので、TV映えしないのか、ドラマの印象が強く使える局が限られるのか、、、このごろはコンサートで聞く曲になってきまいしたね。笑顔もいいけど、こういう曲でみせる冷たく悲しい表情も素敵です。
Commented by moon at 2013-12-01 23:57 x
こんばんは、またまたお邪魔しています!
truth…大好きな曲なので見た瞬間、思わずテンションが上がってしまいました(笑)

この曲は個人的に、完成度が凄く高いなぁ・・・・と思っていて、聞くたびに魔王を思い出します。

余談ですが、同じ嵐ファンの母もtruthが好きで…思い入れが強い曲です(笑)
もしあの時、ああなっていたら、今頃どうなっているんだろうか、など色々と考えてしまいます(笑)

纏まりの無いコメントですいません(^▽^;解説ありがとうございます!
Commented by omu at 2013-12-02 05:25 x
truth良いですよね~。ソロが良いです!! 大野くんが苦しそうに歌ってるのを見ると、何でこんなエロいんだろ…?と不思議に思います。笑
哀しい主人公ですね。ますます斗真くんが嫌なやつに見えてきてしまう。汗

でもドラマにのめり込んでしまうくらい、大野くんと斗真くんの演技力が高かったんだなって思いました。
Commented by 503carryon at 2013-12-03 00:02
moonさん:ああ、完成度。なんとなくわかります。曲や踊りがよくできている。というのもあるけれど、なんだか「お金かけて作ってる感」があるしね。ゴージャス感というか、、、
Commented by 503carryon at 2013-12-03 00:06
omuさん:確かに。エロい時は苦しそうなときかも。眉間のしわに秘密があるのかなあ、、、とても悲しい物語でしたね。登場人物が誰も幸せでないドラマでした。
Commented by りんごc at 2014-03-31 22:33 x
独断解説の嵐で検索して毎日見てます!
もうすぐ中2の嵐love(翔くん担)のりんごcです!
PARADOXとTABOOを見ました!
大好きです!
Commented by 503carryon at 2014-04-06 09:35
りんごさん:いつも来てくださってありがとうございます。最近忙しくて、なかなか更新できてなくて、ごめんなさいね。
PARADOXとTABOOとは!なかなか「大人」のチョイスですね。w

嵐の歌詞を勝手に読み込みます。なお現在はリクエストをお受けしていません。 感想コメントはどなたでも歓迎です。 ※記事の無断転載はお断りします。
by 503carryon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

できるだけ
at 2015-11-29 23:49
三日月
at 2015-11-15 09:30
Bolero!
at 2015-11-14 19:50
イン・ザ・ルーム
at 2015-11-13 00:40
at 2015-11-11 23:23

検索

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧