独断解説の嵐

Face Down

Face Down
作詞:eltvo、Rap詞:櫻井翔、
作曲:Albi Albertsson・Royce.H・Vincent Stein・Kontantin Scherer
編曲:metropolitan digital clique・Vincent Stein・Kontantin Scherer
※フジテレビ系ドラマ『鍵のかかった部屋』主題歌

2012年5月9日リリース予定のシングル。大野くん主演のドラマの主題歌です。
タイトルの「Face Down」は”対決”という英単語。
公式のリリース資料によると「〈君は誰なのか?〉をテーマに〈自分の中のもうひとりの自分〉と対峙する苦悩や葛藤を歌ったナンバー。」とのこと。

今流行りのエレクトリカルPOP。
話題のMステでのパフォーマンスも、笑顔を封印して、タイトでエッジの利いたダンスを魅せてくれました。韓流系のアーティストと似ている。という声もありますが、まあ、ジャニーズの曲が「○○に似ている」というのは、今に始まったことではありません。
最先端の流行を、わかりやすくメジャーシーンで魅せるのが、アイドルの仕事でしょうから、それはそれでいいのだろうと思います。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。(以下意訳)
歌詞はこちら



=======================
どうして?目の前の事に目を閉ざして。
どうするの?暗い部屋に一人閉じこもって。
手を伸ばして、つかもうとしたのは、心の奥にしまったSOSだね

一日中、ずっと頭の中を巡る悩み。
調子の狂った歯車は、もうコントロール不能。
この頭に鳴り響く、時計の針を
だれか、止めてよ!止めてよ!

秒読み開始。訳もわからず、
捕まってしまう。惹き寄せられてしまう。
秘密さ。君は本当に不思議だ。
素顔を見せないまま、逃げてゆく


曲のコンセプトが「自分の中のもう一人の自分」ということですから、「君」は「自分のもうひとつの顔」ということ。自分の気持ちに語り掛け、自問自答している主人公の登場です。
焦りや不安のな気持ち。よこしまな考えだったり、冷酷な想い。自分の中にひそむアナザーサイドに飲み込まれそうな自分。心の葛藤が描かれています。

(Wow…) 次にどんな奇跡が起こるのか、予測不可能。
(Wow…) 心の鍵が開いたら、君はまた逃げてゆく。

迷わず、秘密の裏側を知りたくて、
心の扉を開けたのなら、どこかで見たような景色が見えた。
何度も混乱してしまう


1番で見失ったもう一人の自分を、追い求めるシーンです。
追いかけてその深層を探っても、そこにあるのは、見たことあるような景色ばかり。
自分の気持ちの理由を知りたくても、答えはみつからない。
混乱し翻弄される自分自身です。

真夜中に、ざわめく心。
近づけば近づくほど、見えないすまし顔の裏側。
ごまかしの、嘘の表情までも、
消してくれよ、消してくれよ

うそつき。嘘も、真実も、見えなくなるよ。
教えてくれよ。その秘密を。
君はいったい誰なのか? また、影も残さずに逃げてゆく 

(Wow…) 色を失った、孤独な夢に。
(Wow…) 心に鍵をかけたら、君はまた逃げてゆく。


ざわざわする心。心の闇の理由を探しても、
本当の心はみえず、適当なごまかしの言い訳で自問自答が繰り返されるだけ。苦悩の姿が続きます。

真っ黒な空をつかんだ所で、
それはまるで超新星のように遠くで光っているだけだ。
次のドアへ、心の乾きを癒すために、さらに進む。
闇を受け入れ進むと、再び朝が来る。
君と抱き合う、その先の鍵が、、、さあ、行こう。

秒読み開始。訳もわからず、
捕まってしまう。惹き寄せられてしまう。
秘密さ。君は本当に不思議だ。
素顔を見せないまま、逃げてゆく

うそつき。嘘も、真実も、見えなくなるよ。
教えてくれよ。その秘密を。
君はいったい誰なのか? 
また、影も残さずに逃げてゆく 

治らない傷跡に、雨が降り注げば、
目覚めてゆくその記憶 次のドアのその先へと記憶をたどる

(Wow…) 色を失った、孤独な夢に。
(Wow…) 心に鍵をかけたら、君はまた逃げてゆく。

===========================
意味深なんですけど、結局、結論はでないまま終わる曲です。

何か、深い傷を心に負った主人公が、
心に浮かんでは消える、自分でも意識していなかったもうひとつの自分に語りかける歌です。
違う本性がそこにはいて、そんな気持ちに理由を探しても心の中は、ますます混迷してゆく。考えれば、考えるほど謎は深まるばかり。
そんな苦悩の姿が描かれています。

ですから、これは、謎解きドラマ主人公「榎本径君」だけを歌ったという事ではないかも。

「だれもの心の中に潜む、自分の知らない顔」を歌っていますから、
たとえば、犯人になってしまう人の心理や、
犯罪の世界に巻き込まれたり、心の闇、人のダークな部分。
そんなものも含めた、人の心の不思議さや恐ろしさ歌ったもののように見えます。

対決(FaceDown)しても勝つことも、探し出すこともできない。
それが、人間の摩訶不思議だ。 という、
人の業のようなものを歌った歌なんですね。

ドラマの榎本くんは、非常に謎めいた人物。
単なる鍵オタクではありません。
最終回では、見る人が度肝を抜くような、彼の闇の本性が示唆されます。
そんなドラマにふさわしい主題歌でした。

※この記事は、過去のものを修正し、再掲載しています。
[PR]



by 503carryon | 2013-03-09 22:47 | Comments(12)
Commented by たかだ at 2013-03-09 23:24 x
やっぱりface down といったらダンスが
印象的でした!すごくカッコいいですよね。

ドラマの最終回では『えーー!?』と思わず
言ってしまいました(笑)
なんとなく榎本さんの謎めいた雰囲気に
合った曲だと思います。
Commented by 503carryon at 2013-03-09 23:46
たかださん:そうですよね。最終回のあのちょっと危険な感じや、悪い微笑みにクラッとしました。
Commented by そらみ at 2013-03-10 13:11 x
face downのダンスでは
ころころ表情が変わる嵐さんが見れるので好きです。

もうひとつの自分…。
なぜだか
Breathlessが思い浮かびました。
Commented by 503carryon at 2013-03-10 14:06
そらみさん:Breathlessは二重人格、FACEDOWNは、自分の気持ちの陰と陽。本人に意識があるかどうかの違いですが、人間の多面性を描いていることが同じですね。そう考えると、気持ちの変化のふり幅が広くなりすぎる病気が、二重人格のような多重人格症なのかもしれませんね。
Commented at 2013-03-10 19:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 503carryon at 2013-03-10 21:59
はなこさん。自分のことが、自分でわからないこと。いくつになってもありますよね。^^ ミステリアスな大人になれているかどうかは、別として、自分のことはもう少しわかりたいものです。
Commented by Sun at 2013-03-11 16:33 x

お久し振りです。(私のことは覚えていないかもしれませんが気になさらないでください^^)
いつのまに復活していたのでしょうか…?!諦めずにURLを残しておいてよかったです。笑
受験が終わり、遊ぶ時間が増えたのでまたちょくちょく覗きにきたいと思います。
いつも歌詞の世界を見せて下さってありがとうございます。

Commented by 503carryon at 2013-03-11 19:49
Sunさん。また来て頂き、ありがとうございます。仕事の山場が終わり、また時間がつくれるようになったので、少しずつはじめましてみました。
古い記事の焼き直しも混じりますが、よかったら、またみに来てください。
Commented by am at 2013-03-12 16:09 x
最終回はまさに「影も残さずにescape」なラストでしたw
Commented by 503carryon at 2013-03-13 00:25
amさん:たしかに。そのとおりでした。 鮮やかなescapeでしたね
Commented by mie at 2013-04-04 23:11 x
ブラックサイドな曲というイメージです
謎めいた曲ですし・・
この次に出されたYour Eyesが浄化作用があるような曲なのでさらにそう感じるのかもしれませんが・・

榎本さんは謎な人でしたからね
結局彼の本性はよくわからないままescapeされちゃいましたが・・・
Commented by 503carryon at 2013-04-07 12:34
mieさん:Your Eyesとの対比で考えたことなかったです。言われてみればそうかもしれません。榎本さんは、本当に謎めいていましたね。どこから来て、どこに行くのかも。また続編みたいなあ。

嵐の歌詞を勝手に読み込みます。検索欄に曲名をいれると過去の記事がでてきます。なお現在はリクエストをお受けしていません。感想コメントはどなたでも大歓迎です。お気軽にコメントしてください。※記事の無断転載はお断りします。
by 503carryon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

A・RA・SHI
at 2017-09-15 21:05
キャラメル・ソング
at 2017-09-07 07:13
風見鶏
at 2017-09-02 00:56
DRIVE
at 2017-08-30 23:12
Oh Yeah!
at 2017-08-24 18:00
Disco Star
at 2017-08-24 15:30
ONLY LOVE
at 2017-08-23 18:00
遠くまで
at 2017-08-20 16:52
青春ブギ
at 2017-08-15 22:31
affection
at 2017-08-14 12:32

検索

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧