独断解説の嵐

いま愛を語ろう

いま愛を語ろう
作詞:六ツ見純代  作曲:飯田建彦  編曲:鈴木雅也

2002年の嵐2作目のアルバム「HERE WE GO!」に収録されています。

ミディアムテンポのバラード。
語りかけるような、抑えたトーンの翔君のラップではじまります。
嵐の楽曲の特徴の1つに、翔君のラップと、大野君の艶のあるメロディのコントラスト。というのがあります。この曲もその1つ。
この二人の声を軸にして、ユニゾンのコーラスが全体を盛り上げます。

非常に落ち着いて、完成度が高いので05年、06年くらいの曲かとおもって聴いていましたが、02年の楽曲なんですね。少年がふとのぞかせる大人の雰囲気。そんな不安定なバランスが魅力的です。

倦怠期のカップル。その彼氏が、やっぱり彼女が大切だと気づいて、二人の関係を修復しようと決意する曲です。

では、歌の世界をのぞいてみましょう。(以下意訳)
歌詞はこちら



----------------------------------------------------------
他の誰かと、相手を比べたり。
相手の目を見ないで、会話したり。
解った様な顔をして、恋愛している途中で、みんなはまるケースだね。
恋のときめきさえも、流行のドラマをお手本にして、
お互いの気持ちを寄り添わせることもしないで、
深い関係になったりしないで。


比喩が混じっているRAPです。
"心拍数近づけずに"は、「ドキドキ度を、二人同じじゃない」と言う意味ですから、恋愛に対してのテンションがそろっていない状態。そして"ため息に溺れないで"は上品に言っていますが、要は「Hな行為に、夢中にならないで。」ってこと。
つまり、「お互い大好き同士でもないのに、身体の関係を持つのはやめようよ」って言っています。
どうやら主人公とその彼女は、いまこのRAPのような状態のよう。倦怠期で、惰性で付き合っているような状態です。

何も言わなくても、もっと気持ちを重ねあえる
そんな、恋人同士になれればいいなあ


いまこそ、愛を語ろう。君を迎えに行こう。
そして、二人で食事をしよう。
照れくさい気持ちは、隠せないけど。
不器用な僕なりに、まだ、君のことを愛しているんだよ


"迎えに行こう"ってことは、今は離れているってこと。きっとケンカして「しばらく距離を置こう」なんて言われている状態でしょうか?

相手にがっかりされたくないからって、お互いに何か無理してた。
髪型や着る服ばかり考えて、相手の気持ちを見てなかった。
君にとっては欠点でも、僕から見たら愛しく思えること。
例えば、気が強いくせに、涙もろいところだっていいと思う


外見を整えることばっかり気にして、雑誌でみた服を探したりすることで一生懸命。相手の心をちゃんと見つめていなかった。と反省しています。
相手のよいところ。もっと思い出さないといけないなあ。って言っています。

もしも、面倒くさそうにリアクションしてたら、
僕のことを怒ってもいいよ。


言葉足らずで傷つけあう日々を
みんな乗り越えて、心をひとつにする。
せつなくて胸が痛い夜も、むかつく朝も
どんな時も一緒にいよう。
僕はまだ君を愛しているんだ


最近では、ちょっとした言葉が足りず、ケンカしてしまう毎日。
だけど、世の中の愛し合う恋人たちが皆、通る道。この危機を乗り越えれば、もっと深く相手を愛せるはず。だから、もっと一緒にいよう。
そう決意している彼氏の姿が描かれます。

心のままに、きっと素直に相手と向かい合えば、
もっと深く分かり合えるはず

交差点が青信号になって、渡る瞬間に初めて手を握った。
あの日の、二人を今でも思い出せる。
めまぐるしくバタバタしている日々に、迷い込んでも
自分の本心を見失わないで。
僕はまだ君を愛している。


色々あったけど、それでも、まだ付き合い始めの気持ちを思い出せる。
相手が大好きだ。と言う本音さえ見失わなければ大丈夫。やり直せる。
そう語っています。

いま愛を語ろう。君を迎えに行こう。
そして、何処かへふたりで、旅行に行こう。
今日見た青空と、明日見る星に、
君への想いを誓おう。
僕はまだ君を愛しているから

---------------------------------------------------------
彼氏の自問自答で綴られる歌詞。
いままでの言動を反省し、本当に大切なものに気づいた。
そんな彼の答えは、
「彼女を迎えにいって、二人の愛について話し合おう。」
大好きな彼女だから、ずっと一緒にいられるように、もっと深く知り合おう。と真剣に考えている様子です。

どんな仲良しカップルでも夫婦でも、別れよう。とか、もう愛がなくなった。とか思ってしまう時期が来るものです。そこで、別れるか、長続きするか?は、どちらかが、彼のように、踏みとどまる気持ちをもつかどうかです。

今、ちょっと大好きな人とケンカしてる。というあなた。
怒っている原因について考えるよりも、
好きになった所をちゃんと思い出して、
自分に欠けてきた思いやりを思い出すほうが先ですよ。

あなたも、この彼をフィーチャリングしてみてはいかが?
いまこそ、愛を語りましょう。

※以前掲載していたものを修正してUPしています。
[PR]



by 503carryon | 2013-03-02 00:38 | HERE WE GO! | Comments(11)
Commented at 2013-03-02 01:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 503carryon at 2013-03-02 01:12
mieさん:いつもコメントありがとうございます。相手に対して手抜きしてしまうと言葉たらずになるのでしょうね。ちゃんと大切なことを話せるカップルは倦怠期にならいのかもしれません。
Commented at 2013-03-02 22:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 503carryon at 2013-03-02 23:29
一葉さん:お久しぶりです。また来て頂いてうれしいです。
今後もよろしくお願いします。
Commented by ok at 2013-03-03 02:43 x
これ、嵐が二十歳前後の頃に発表されてるんですね!
この時期の曲は、少し背伸びした感じのが多い気がします。
素敵な大人へと成長した今の嵐が歌っているのも聴いてみたいですが、なかなかコンサートではやってくれないんですよね;
ダメもとで、今年のアラフェスにリクエストしてみますw
Commented by 503carryon at 2013-03-03 11:32
okさん:コメントありがとうございます。Timeは結構凝った曲が多い名盤ですよね。この曲、コンサートでは、最近ではBeautifulworldのツアーDVDで見られますよ。Jrとの長い長い行進が印象的でした。大人の嵐の歌が聞けますん。
Commented by はなこ at 2013-03-03 13:57 x
この曲を聞き直してみて、ギターの音がおもしろいなぁと♪そして、やっぱり、殿方からね、努力していただかないとね☆ と思うこの頃です(^-^)v
Commented by 503carryon at 2013-03-03 15:13
はなこさん:そうですね。ギターがリラックスした感じの音色で、いい感じの曲ですね。歩み寄りの大切さは、年を重ねるほどに感じます。(切実)
Commented by ok at 2013-03-04 02:10 x
Everybody前進ですねw
あれも何度も観ました!
TIMEコンサートのオープニングも華やかで印象深いですが、Jr.たちがわんさか出てくるのもジャニーズのお家芸という感じで、やはり良いものですね。

HERE WE GOを含め、DVD化されていないコンサート映像を、いつかまとめて出してくれないかなぁと儚い夢を抱きながら、その日のためにお小遣いを貯めておこうと思います(・∀・)
Commented at 2016-01-26 01:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 503carryon at 2016-01-27 22:51
miniさん:はじめまして。更新してなくてすみません。この曲は久々にみても素敵なストーリーですね。
今の季節にほっこりしてていいかも。

嵐の歌詞を勝手に読み込みます。なお現在はリクエストをお受けしていません。 感想コメントはどなたでも歓迎です。 ※記事の無断転載はお断りします。
by 503carryon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

できるだけ
at 2015-11-29 23:49
三日月
at 2015-11-15 09:30
Bolero!
at 2015-11-14 19:50
イン・ザ・ルーム
at 2015-11-13 00:40
at 2015-11-11 23:23

検索

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧